2018年 02月 18日
20180218 【書籍】我々はなぜ我々だけなのか
b0013099_22284895.jpg 表題だけからは何の本なのか判らない。副題の「「サピエンス以前」の目もくらむ人類史」が、この書籍のすべてを語っている。
 「国立科学博物館人類研究部の人類史研究グループ長、海部陽介さんにお話をうかがう機会を得て、現在の人類進化学の展開に心をうばわれた」著者(川端裕人)が、「人類学の現場で、研究者が何に着目してどんなふうに議論を展開していくのか、といったことから説き起こすようにつとめ」て書いたものである。

 「主要な化石の産地や現在進行中の発掘調査を見るとともに、標本を慎重に扱って詳細な研究をなしとげていくさまをかなり詳細に描いた。一般書でここまで詳しく書くのは、ある意味で冒険かもしれないが、必要な過程だと判断した」という著者の判断は正しかったし、それは成功しているといえる。実際、研究課程をこのように詳述した書籍は珍しいのではないかと思う。そしてその過程の中に私は、製造会社で製品開発に携わっていた時に経験したこととの共通性を見出した。
 本書は、人類史の最新の知見を扱っている。今でも日々刻刻新しい発見があるこの分野で、最新の情報を紹介しているが、その扱いは非常に慎重である。これにも共感した。

 「人類の歴史についての知識は、どんどん広がっているし、深まっている。それにともなって、人類学が見せてくれる「景色」もずいぶん変わってきている。これを見ないでおく手はない」
 「新たな発見が相次いており、人類学の常識自体が変わった」


 本書を読んで、そのことを痛感した。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-18 22:31 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2018年 02月 15日
20180217 【雷】また雪になるかな
b0013099_08453396.jpg 朝から遠くで雷鳴が轟いていました。それがだんだん近づいてきて、先ほどから頭上でピカッと光ると同時に轟音です。
 「また雪になるかな?」と思っている間もなく、パラパラパラッと降ってきました。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-15 12:55 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180214 【Win10】再起動していた
b0013099_23022597.jpg 町内会の理事会が終わって帰宅し、PCを見たら、再起動していた。Windows は、こちらが予期しないときに、勝手に再起動することがある。たいていは「バージョンアップ」である。
 バージョン情報を見てみた。「OSビルド」が変わっていた。

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 23:02 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180314 【町内会】稲荷宮の樹木
 裏庭で作業をしていたら、「東北電力さんが用事あるって」と妻に呼ばれました。
 「稲荷宮の樹木が、電線に接触しているので、伐採させてもらえませんか」というのです。2年ほど前に、かなり刈り込んだのですが、また伸びたようです。
 「いいと思いますけど、今晩理事会なので、相談します」と話しました。
 その理事会では、「願ってもないこと。ぜひお願いして」となりました。
 実際の作業は、雪融け後になります。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 22:29 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180214 【町内会】理事会
 夕方から月一回の町内会理事会でした。
 今回は、次期理事への就任をお願いするメンバーにも参加してもらいました。
 「小さな町内会で、少ない人員で、どう運営していくか」という話をしました。「適齢期」のものが、交代しながら世代交替をしていくしかないということです。快く、理解してもらえたようです。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 22:17 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180214 【孫】じいちゃん、カマクラ造って
b0013099_22171240.jpg 久しぶりに青空が拡がりました。積雪は1.5メートルほど。カンジキを履いて裏庭に出て見ました。陽があたったとはいえ雪はサラサラ、膝位まで埋ります。陽当たりに出ると、うっすらと汗が滲んできます。
 追いかけてきた孫が、「じいちゃん、カマクラ造って」と。道つけだけでもたいへんなのに、穴堀かい。
 先ずは四角く踏み固めてから、掘り下げていく。70cmほどでザラメ雪に変わりました。これだけ新雪が積もったのです。さらにひとシャベル掘り下げてから、横に掘り進みました。
 「じいちゃん、もっと大きくしてよ」の声。心では「キツいんだよ」と思いつつ、求めに応じて掘り進みました。孫は、ニコニコ顔です。
 孫娘が入れる余裕も造りました。二人は大喜びです。

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 21:53 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180214 【天気】晴れた
 降り続いていた雪がやんで、青空が広がりました。妙高山が素晴らしい。
b0013099_07152017.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 07:15 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 14日
20180213 【大雪】雪に遊ぶ
b0013099_07123334.jpg 11日からずっと雪が降り続いています。
 そんな中、孫がやってきました。背丈をはるかに超える雪に大喜び。雪遊びに興じています。除雪車がかき分けていった雪の壁を新雪が覆い、格好の遊び場に。妻は、車が来ないか心配でたまらないと。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-14 07:12 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 12日
20180212 【雪】一日中ずっと降っていた
 「しんぶん赤旗」配達の前から降っていた雪。今日は一日中降っていました。降雪量はそれほど多くはありませんが、それでも朝除雪された上に、10cmほど積りました。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-12 20:21 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 12日
20180212 【雛人形】少し早いけれど
 孫が来るというので、「少し早いけれど」といいながら、雛人形を飾りました。
 孫娘は、一瞬「ンッ」という顔をしましたが、すぐに嬉しそうな顔になりました。

b0013099_20205795.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-12 20:14 | 家族・家事 | Comments(0)
2018年 02月 12日
20180212 【寒気】-2℃
 早朝から除雪車が動いていた。「どの位降ったかな」と思いつつ、外に出てみた。10cm程度で、家の前の道路はまだ、除雪車が通っていなかった。
 「しんぶん赤旗」配達は、いつもは軽自動車だが、こういう時は、重量がある普通車の方が有利だ。
 配達をはじめてから、除雪車に遭うようになった。そして、激しく雪が舞いだした。

b0013099_07154006.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-12 06:55 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 10日
20180210 【学士山岳会】70周年記念
 来年2019年は、信州大学の創立70周年であると同時に、山岳会・学士山岳会の創立70周年でもある。当然大学当局は創立記念事業を企画している。学士山岳会としても、記念事業をやろうということが決まっていて、その実行委員会が松本の「あがたの森文化会館」で開かれた。
 提案された事業の一つは、現役山岳会員たちが使う「部室」を新築しようというもの。18坪ほどの大きさである。
 二つ目は、「記念講演会」で、6月の中頃に開催することが決まった。現役のガイドなどが、「登山と人生」などについて語る。
 3番目は、記念登山・トレッキングだ。登山隊は2隊計画されている。トレッキング隊は数隊計画されていて、体力と資力に合わせて選べるように配慮されている。
 来年は、忙しい年になりそうだ。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-10 17:31 | ●登山 | Comments(0)
2018年 02月 10日
20180210 【博物館】竹田げた屋
 上越タイムスに歴史博物館の概要が、上越市議会の文教経済委員会で報告されたという記事が載っていた。

 先日、博物館の担当者と当町の竹田げた屋さん宅を訪問した。雪下駄職人の亀治さんは亡くなられて7~8年になる。奥さんの在宅を確認しての訪問で、息子さんも同席された。
 訪問の目的は、新しい「歴史博物館」に亀治さんが使っていた道具類を展示するコーナー(仕事場を再現=鳥観図の右下部分)を設置するので、ご挨拶するというものだった。奥さんは「残された道具が活かされてうれしい」と、たいへん喜ばれた。

 実は竹田さんが亡くなられた後、道具類が散逸するのではないかという心配があった。それを博物館に引き取ってもらっていたのである。
 長岡の県立歴史博物館に、大掛かりなものが残されているが、地元高田でも残されるのは、うれしいことである。

20100708 雪下駄職人の道具

b0013099_09164996.jpg
b0013099_09171312.jpg

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-10 09:17 | ●町内会 | Comments(0)
2018年 02月 09日
20180209 【自然】月と星
 今朝は「しんぶん赤旗」の配達でした。南天に、細くなった月とあかるい星が瞬いていました。
 放射冷却で、昨日の日射しで溶けた雪が凍り付いて、その上にうっすらと雪が載っていました。

b0013099_11094325.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-09 11:02 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 08日
20180208 【天気】ご来光???
 昨日からの雪がやんで、東の空に、あかるい太陽が昇ってきた。

b0013099_08554887.jpg

[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-08 08:50 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 06日
20180206 【検証】地域活動支援事業-2
 提起されたもう一つの問題は、「予算になかった項目が決算にあるのはおかしいのではないか」「予算に計上してないものは、自己負担で処理すべきではないか」というものです。余った補助金を別の用途に使ったのではないかという疑問です。

 市の説明は、「事業の目的達成・効果等に影響がなければ、補助対象事業の総事業費の概ね30%を超える増減を行う場合以外は、変更手続きの必要はない」というものです。
 「???」「エーーーッ」
 100万円の補助金なら、増減が30万円以内なら、変更手続きは必要ないというのです。極端な話、「30%以内なら、浮いた補助金は変換の必要がない」ということなのです。(オーバーした場合は「増額申請」はできませんから、当然自己負担になります。)

 Q&Aには、次のようにも書かれています。
【Q4-6 年度途中での事業計画の変更は認められますか】
※1 ・・・30%以下であっても経費項目間の事業費の移し替え、追加等がある場合は申請が必要になることがあります。
※2 変更とは、経費項目(備品購入費、工事請負費、消耗品費等)間で事業費をやりとりすることです。
【Q4-7 提案したよりも事業費が安くなることが見込まれるため、余った額で当初提案していないことを実施することはできますか。】
A 補助金の交付は、提案された内容に対して認めたものであり、 お金が余ったからといって提案された内容と違うことを行うことはできません。
 お金が余ることが見込まれる場合は、変更手続などにより補助金額を減額することになります。


 公文書(Q&A)に明記されたことが、ちゃんと実行されていないのではないかという心配でもあります。
 「変更してはならないといっているのではない。変更するのならば、ちゃんと手続きをすればよいということだ。」「事務局はそのことをちゃんとする必要がある。」
b0013099_13102473.jpg



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-06 13:10 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 06日
20180206 【検証】地域活動支援事業
 5日、高田区地域協議会でした。「平成29年度地域活動支援事業実績報告の検証」で、議論が沸騰し、予定を1時間近く延長しました。

 「検証」では、事前に提案団体から提出された「事業結果概要書」が配布され、委員から意見を求めます。その「意見」を提案者にフィードバックするかどうかを決めるのが、最後の仕事です。
 昨日の「検証」では、「その他の意見」として二つの問題が出されました。

 一つは、「「事業結果概要書」に添付されている会計報告に、会計責任者の署名・捺印が必要ではないか」というものです。「昨今、報道によると、公金の不明朗な会計処理が発生していることから、よくよく見たら会計責任者の記名・押印がないことに気が付いた。明朗化のために必要ではないかと思い、提起しました」との説明もありました。
 上越市では、補助金などの公金の受領者が事業結果を提出する場合、会計責任者の記名・押印が必要ないようなのです。
 町内会や趣味の団体などの会計報告でも会計責任者の記名・押印がなされているではないかなどの意見も出され、議論の結果、高田区地域協議会として「他区に先駆けて、会計責任者の記名・押印を求めよう」ということになり、平成30年度の募集要項に、その旨明記することにしました。



[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-06 12:32 | ●地域協議会 | Comments(0)
2018年 02月 05日
20180205 【雪の花】高田公園の桜
 地域協議会の会議が終わって、オーレンプラザから出て来ると、高田公園の桜が、雪であたかも花が咲いたようになっていた。ライトでピンクになっていた。

b0013099_20540903.jpg


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-05 20:48 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 04日
20180204 【天気】NHKの気象
 NHKの気象通報を見ていて「アレッ」と思った。これまで高層気象の情報は、5000mのデータだった。それが最近は、1500mの情報になっている。
 「しんぶん赤旗」の高層気象図は、3000mだ。この高さは、北アなど日本アルプスの高さで、登山者には直接経験できるし、実感できる高さの気象情報なのである。
 5000mの高さは日本国内にはないので、なかなか実感できないが、大きな気象の動きを掴むには良いというメリットがある。
 1500mは、地形の影響をもろに受けるので、判断するのに技術を必要とする。
 各メディアは、それぞれの考え方で報道しているのだろうから、それをとやかくいう必要はない。使う人が自分の使い方に合わせて、取捨選択すれば良いのだと思う。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-04 20:50 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2018年 02月 04日
20180204 【自治研】創立30周年記念講演会
b0013099_12544929.jpg 3日の午後からは、にいがた自治体研究所の創立30周年記念講演会。市民連合@新潟の佐々木・国際大学教授と岡田知弘京都大学教授の講演を聴いた。


[PR]

# by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2018-02-04 12:25 | 自治研の活動 | Comments(0)