<< 20090303 新婦人しんぶ...      20090301 NHK「天地... >>

2009年 03月 03日
20090303 ケースとマザーボード
 空いたハードディスク(HD)を活用してデータバックアップ用のシステムを組み立てようと考えていました。かつて購入した Assist というベアボーンを使おうと思ったのですが、HD を一台しか収納できません。それよりも何よりも、CPU の能力が低すぎてせいぜい WindowsMe 程度しか動かせません。Ubuntu をインストールしてみたのですが、過重負担でした。

 それでインターネットでいろいろ物色してみたところ、格好のものがありました。マザーボードは、Intel の D945GCLF2 で、Atom 330 を搭載したもので、GigaBitLanです。ケースは、Aopen の H360C-300SB2 という小型で、300W の電源を搭載しています。それが今日宅急便で届きました。
 早速、梱包を開けてみました。マザーボードは、梱包も小さかったのですが、実物は「ヘーーッ」と思うほど、小さいものでした。さすが MiniITX です。ケースの方は逆に思った以上に大きく重く感じました。まあ、大は小を兼ねるか。
 やり始めると止まらなくなるのは悪い癖です。ケースにマザーボードを取り付けました。たいへんなことに気がつきました。メモリーが DDR2 一枚だけです。PC4200 512MB が二枚ありますが、これを一枚使っただけでは、容量不足になりそうです。買い足す必要があります。それで今日は、ここまででおしまい。

b0013099_8165642.jpg
 二つの梱包で届きました。上がマザーボード、下がケース。
b0013099_8173296.jpg
 ケースはこんな感じです。
b0013099_8202180.jpg
 マザーボードの箱。
b0013099_819590.jpg
 さすが MiniITX です。小さい。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-03-03 22:10 | ●パソコンのこと | Comments(0)

<< 20090303 新婦人しんぶ...      20090301 NHK「天地... >>