<< 20090713 『しんぶん赤...      20090710-11 富士山... >>

2009年 07月 13日
20090711 富士山二日目
 早朝2時半起床。3時発。相変わらず風が強い。少し雲は薄くなったようだ。「ご来光はダメだな」といいつつ、「少しでも」という期待も捨てていない。登山者と不思議な生きものだ。
 土日に登る人は多いのだろうが、我々のように金土で登るのは少ないようで、名物の「大渋滞」はなく、スムーズに久須志神社の前に出た。気温は2℃という。薄手の手袋だったので指が冷たい。特に右手。オーバーミトンを取り出す。朝食。
 「最高地点の剣ヶ峯へ」と時計回りで行くことに。ところが風はますます強くなり、立っていられない状態に。厳冬期にピッケルで風に耐えていたことを思い出した。それで結局、剣ヶ峯は断念することになった。近くの岩を見るとツララがびっしりと生えていた。

 富士山は、1990年に旧ソ連のハンテングリに挑戦する際、2度登って以来である。その時もそうだったが、「富士山はシーズン直前に登る」に限る。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-07-13 11:45 | ●登山 | Comments(0)

<< 20090713 『しんぶん赤...      20090710-11 富士山... >>