<< 20090907 GARMIN...      20090905 表銀座を縦走... >>

2009年 09月 06日
20090906 表銀座を縦走してきました
 6日、最終日。長塀山から徳沢への長い下りを下ります。今日も好天です。
 蝶ヶ岳の頂上を踏んでから降りはじめました。ハイマツ等がまだ朝露にぬれていて、ひんやりとします。すぐに樹林帯に入り、槍も穂高も見えなくなってしまいました。幾つかの池があり、「花の頃はいいだろうな」と思いながら、歩を進めます。長塀山は広い山稜にあり、一登りさせられました。
 あとはひたすら下るのみ。今日もひざを痛めないように、そしてつまずいて転倒しないように気をつけて降ります。道が大きく右にカーブするといっそう急傾斜になり、道は右へ左へとジグザグに下っていきます。頂上で話した人が追いついてきました。登ってくる人も何人かあり、そんな中下る人を一人追い抜きました。どんどん急になり、梓川の水音も聞こえ始め、ヘリの音がこだまする頃、徳沢園の赤い屋根が見えました。
 徳沢には色とりどりのテントが立ち並んでいました。さすがに行き交う人の数も多い。
 明神岳を見ながらのんびりと行くのですが、ついつい足早になってしまいます。上天気ですから観光客も多い。
 河童橋はたくさんの人だかり。前穂も奥穂も頂上には雲がかかってしまいました、対岸へ渡り、ウェストン碑の先にある清水屋ホテルへ。「日帰り入浴」に入るためです。温泉につかり、汗を流すとホッとします。上がって生ビールのうまかったこと。
 バスに揺られ、電車を乗り継ぎ、帰宅。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-09-06 13:25 | ●登山 | Comments(0)

<< 20090907 GARMIN...      20090905 表銀座を縦走... >>