<< 20111225 本格的な雪      20111221 インターネット回復 >>

2011年 12月 24日
20111224 クリスマス寒波がやってきた
 ずっと霙や雨が降っていたが、23日は朝から冷えていて、『しんぶん赤旗』の配達の時、路面に所々白いものがあった。昼間は寒かったが、雪はちらつくだけで、積もるほどではなかった。

 今朝(24日)は静かだった。シーンとしている時は雪が積もっていることが多いので、「積もったな」という予感がした。暗闇の中、隣の家の屋根を見ると、「やっぱり!」だ。数cm積もったようだ。
 この程度の雪なら配達には支障はない。昨日とは寒さが違うし、雪の降り方も違う。帰宅してしばらくして外を見るともう、10cmは越えていた。本格的な冬到来である。

 『しんぶん赤旗』の高層気象図を見ると、23日9時の輪島上空約3000mで-21℃になっていた。ここが-20℃を下回るとわが上越は確実に雪になる。この寒気はしばらく居座りそうだ。引き続き「正月寒波」がやってくる。

 10時頃になると雪はやみ、青空が広がりだした。軒先からも雨だれが盛んに落ちている。真っ白な妙高山も時折雲から顔を出している。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-12-24 11:44 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)

<< 20111225 本格的な雪      20111221 インターネット回復 >>