<< 20120214 遭難スキーヤ...      20120213 河原氏との思い出 >>

2012年 02月 14日
20120214 CANON Inkjet PIXUS850i を動かす
 しばらく前だが、次女が「使わなくなったので」といって、CANON Inkjet PIXUS850i を送ってきた。放置してあったのだが、橋爪のりかず事務所で使ってみようと思い、動かしてみた。

 「Yellow」が少なくなっていたので、補充した。しかし、「Black」が印刷されない。「プリンタのプロパティ」を開いて「ユーティリティ」タブにある「クリーニング」「強力クリーニング」を実行したが、直らない。
 ググッて見た。「プリントヘッドが詰まっている」という記事がヒットした。対処法は「ぬるま湯で洗う」ということである。この機種のインクは「水性」なので、固まっていても、水に溶けて流れ出るということである。以前、PIXUS iP8600 でもやったことがあった。

 プリンターのカバーを開けると、インクヘッドが中央に移動してきて止まる。インクタンクを外し、レバーを押し上げると、ヘッドが簡単に外れた。
 トレーに湯を入れ、そこにヘッドを浸すと、湯が真っ黒になった。相当詰まっているようだ。捨てて新しい湯を入れ替える。そしてすすぐ。これを何度となく繰り返す。なかなかなくならないので、しばらく湯に漬けて放置することにした。

 何時間か経ってから見ると、黒い塊のようなものが沈んでいた。こんなものが付着していてはインクが出ないわけだ。新しい湯を入れて、すすいでみた。もう黒いものは出てこない。
 さてそれで今度は乾燥である。良く乾かさないと、ショートしたりする。それで一巻の終わりになっては元も子もない。

 乾燥したのを見計らって、プリンターに取り付け、上げてあったレバーを下ろす。インクタンクを装着する。そしておもむろに試し印刷をしてみる。完全にインクがなくなった状態だから、インクが染み込むまでに若干の時間がかかった。そして見事にカラー印刷ができた。メデタシ、めでたし。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-02-14 18:15 | ●パソコンのこと | Comments(0)

<< 20120214 遭難スキーヤ...      20120213 河原氏との思い出 >>