<< 20130702 あれは戦闘機か?      20130701 市田書記局長... >>

2013年 07月 01日
20130701 高田地区町内会長協議会の管内視察
 1日午後、高田地区町内会長協議会の管内視察で、柿崎川ダムと吉川杜氏の郷に行ってきた。

 柿崎川ダムへ行くのは久しぶりである。以前から見ると、ロックフィルダムの石の間に、たくさんの植物が生えていた。湖面の方には桐の木が多く見られたし、反対側にはヨウシュヤマゴボウが進出し始めていた。いずれも早いうちに対処した方が良いと思った。
 堤頂の歩道で対岸まで行ってみた。「流木やゴミが少ないね」という声があった。そういうものが流入する河川がないということだろう。
 幅が2mにも満たないスリットが岸近くに設けられていた。下端が標高120mで、これより水位が高くなると自然に流下するようになっている。豪雨でさらに水位が上がると、このスリットの湖水側に128mのオーバーフローが設けられていて、そこから流出するようになっている。
 管理棟の中も見せてもらった。ここは始めて入った。3階の管理室は、コンピューターにつながれた機器が設置されていた。
 「排砂はしないのですか」と聞いてみた。「湖底から標高110mまで堆砂領域になっていて、100年と見ています」という話だった。「一杯になった時は、浚渫とかですかね」ということである。

 吉川杜氏の郷では、「酒造」について説明を受けた。「月曜日は休館日」なのだが、特別に出てきてくれたらしい。そうした「労」に報いるべく、それぞれお酒を購入していた。私も「300ml3本セット」を購入してきた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-07-01 19:07 | ●町内会 | Comments(0)

<< 20130702 あれは戦闘機か?      20130701 市田書記局長... >>