<< 20131112 雨が降り続い...      20131109 外輪山の下の... >>

2013年 11月 09日
20131109 冬囲いの準備で庭木を刈り込む
 天気予報で「9日は一日晴れる」「10日は雨」ということが分かっていましたので、「秋の山に行きたいな!」という気持ちがありました。それをグッと我慢して、午前中、冬囲いの準備をしました。

 夏の間に伸び放題になった庭木を刈り込む作業からです。
 「桜切るバカ、梅切らぬバカ」とか。梅の木を思い切って刈り込みました。青空が見えるようになりました。
 すぐ横にある八重桜が数輪、狂い咲きをしていました。こちらは刈り込むまでもなく、9月にアメシロが葉を食い尽くしてしまったのです。イラガの蛹もたくさん着いていますね。
 1ヶ月ほど前、よい香りを漂わせていた金木犀、「花が終わったら・・・」と思っていましたので、これも枝を大胆に切りました。
 2本の椿も枝を一杯に広げ、たくさんの蕾をつけていましたが、情け容赦なく刈り込みました。
 これだけで、下は足の踏み場もないほどに・・・。これを始末しないと月桂樹が切れません。午後は党の会議がありますので、今日はここまで。晴れ間を見て、後始末をし、月桂樹を刈り込んでその枝の始末をし、冬囲いはそれからです。それまで雪が降らないように・・・。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-11-09 17:36 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)

<< 20131112 雨が降り続い...      20131109 外輪山の下の... >>