<< 20141002 稲荷宮の秋祭り      20140929 (仮称)厚生... >>

2014年 10月 01日
20141001 第30回雪シンポジウムin上越
 午前中、リージョンプラザで開かれた「第30回雪シンポジウムin上越」に行ってきました。上越市と日本雪工学会上信越支部の主催によるものです。

プログラムです。
b0013099_17475259.jpg
記念講演する福原輝幸福井大学大学院教授(前日本雪工学会会長)
b0013099_17510851.jpg
 福原教授の話は、「雪工学技術を生かした今後の冬季道路管理」というものでした。「路面温度」を予測して、道路管理に役立てようということです。実際に測定したデータをもとにモデル化し、実証実験を行って、予測の制度を上げようというもので、「なるほど」と思いました。

基調講演の清水精一恵一氏(歴史的建造物保存修復研究室 アトリエ雁木 主宰)
b0013099_17525722.jpg
 清水氏は上越市の稲田在住で、私たちと同年代の技術者です。高田のまちの成り立ち(開府400年です)から始まって、雁木のもつ役割や構造などにまで話が及び、私自身の経験などと共通する話が随所に出てきて、楽しく聞くことができました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-10-01 18:03 | ●町内会 | Comments(0)

<< 20141002 稲荷宮の秋祭り      20140929 (仮称)厚生... >>