<< 20150107 吹雪      20150105 新春党旗びらき >>

2015年 01月 06日
20150106 Windows8 「ドキュメント」などを移動
 Windows では、「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」「デスクトップ」「ダウンロード」が、標準では、「C」ドライブの「Uxers」フォルダーに設定されています。b0013099_10170858.jpg 私の場合、すべてのデータを「D」ドライブに保存していますので、実はこれらのフォルダーは全く使いません。「C」ドライブにはHDDではなくSSDを使っていますので、あまり頻繁にデータを書き換えたくないという事情もあります。
 だいたい「C」ドライブにデータを保存しておくと、システムに障害が発生したり、「C」ドライブが破損した場合、データも共倒れになる可能性が高いからです。システムやアプリケーションは、CDやDVDからインストールしなおせば復旧できますが、データは消失してしまったら復旧できません。
 そんな理由から、「C」ドライブにはデータを保存しないようにしているわけです。

 データの保存に使わない「ドキュメント」などですが、ソフトが勝手に(自動的に)使ってしまうということがあります。これは困った問題です。これを回避するために、ソフトに「自動保存先」が指定されている場合、できる限り、「E」ドライブに指定しなおしています。
 その上で、「ドキュメント」などのフォルダーも「E」ドライブに振り替えています。
 今回も、上記の6つのフォルダーを「E」ドライブに移動しました。

 方法は簡単です。
1.エクスプローラーで「ドキュメント」を右クリックする。
2.最下段の「プロパティ」をクリックする。
b0013099_10173816.jpg
3.「場所」タブを選択する。
4.場所の指定欄に「E:\Users\Sugimoto\Documents」と入力し、「移動」をクリックする。
b0013099_10183771.jpg
5.「E」ドライブに「ユーザー」フォルダーが作られ、「ドキュメント」のデータが移動する。
6.同様に他の5つのフォルダーも移動する。





[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-06 10:19 | ●パソコンのこと | Comments(0)

<< 20150107 吹雪      20150105 新春党旗びらき >>