<< 20161122 【自然】地震      20161121 【三市連絡会... >>

2016年 11月 21日
20161121 【季節】雪囲いの前準備
 今日21日は、暖かな小春日和でした。こういう日は、気持ちが良いものです。

 この時期、そんな晴れ間は、そうたびたびあるわけではありません。晴れ間にやっておかなければならないものがいくつもあります。その筆頭が雪囲いです。小さな庭ですが、1日では終わりません。今日は、樹木の伸びた枝を切り落とし、それらを束ねてゴミとして出せるようにしました。

 まずは梅の木です。「桜切るバカ、梅切らぬバカ」というようです。それこそ、思い切って、我ながら「見事に」切り落としました。まあ「丸坊主」です。

 ツバキは二本あります。上に伸びた枝を切って、背丈を縮めました。それから横にはみ出した枝を切って整えました。

 一昨年幹を切り詰めてもらった月桂樹は、太い枝がたくさん出ていました。これを切り落とし、今年はいつになく大量に出ていたヒコバエを全部刈り取りました。

 放置していて大きくなった榎、やたらに伸びたボケ、解けない知恵の輪のようにどうにもならないほど絡み合ったテッセンの蔓、これらを始末し、一定の長さに切りながら荒縄で丸めました。
 ジトーっと汗をかきました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-11-21 22:51 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)

<< 20161122 【自然】地震      20161121 【三市連絡会... >>