<< 20170526 【直江八幡宮...      20170525 【地域協議会... >>

2017年 05月 25日
20170525 【町内会】高田祇園まつり奉賛会総会
 いよいよ高田・直江津の夏の風物詩、祇園祭の準備が始まりました。24日、高田祇園まつり奉賛会の総会がありました。例年は30分ほどのシャンシュン総会なのですが、今年は倍の1時間以上にも及ぶ総会になりました。

 「決算」の支出について、「通信・消耗品費の予算は8万円だったが、13万円にもなった理由は何か」という質問が出されました。「封筒を作ったので増えた」ということでした。他にも大幅増や減があるのですが、その詳しい説明がないのでした。

 「予算」でも質問が出されました。「通信・消耗品費が昨年は封筒作成というイレギュラーで高額になったのだが、それ以上の予算を計上したのはどういう理由か」というものです。当然の疑問ですね。担当者は堪えられず、しどろもどろ。国会答弁のようです。
 私は2点の質問をしました。

1.「3月に「高田・直江津祇園祭御旅所行事・屋台巡行」が県無形民俗文化財に指定されたのを受け、山車の巡行や、御旅所の表札・のぼり旗などの企画を検討中。」とのことだが、どのくらいの費用を見込んでいるのか。
2.「予算案」には、その企画の費用が明記されていない。項目をたてて記すべきではないのか。


担当: 企画の検討中でどれだけの費用が掛かるか分からない。催し物共通費を7万円余り増額したが、それを充てる。
私 : そういう場合は概算額を、「文化財関係費」として計上するとか、「予備費」に計上して、その旨明記しておけば良いことではないか。
議長: 「通信・消耗品費」の約5万円と「催し物共通費」の約7万円は予備費とするが、予算書はこのままとしてもらえないか。
私 : 決算書には新たな項目を作って報告するということで了解する。


 最後に、上越まつりについて、謙信公祭と分離するとか、文化財指定を契機に祇園祭としての独自性を出すとかする必要があるのではないかという意見が出されました。

 総会終了後の懇親会では、何人もの人から、「今日はいい議論だった」「当然の指摘だ」と、言われました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-25 09:11 | ●町内会 | Comments(0)

<< 20170526 【直江八幡宮...      20170525 【地域協議会... >>