<< 20170618 【自然】ジャ...      20170616 【自然】庭の草刈 >>

2017年 06月 16日
20170616 【家事】山椒の佃煮
 10日ばかり前だっただろうか、山椒を選定した。その枝を集めて、葉っぱの佃煮を作ってみた。これが、美味だった。
 伐採した所から新芽が伸びだしてきた。別の木も伐採しなくではならない。パソコントラブルの合間を縫って、それらを一気にこなし、またまた一定量の枝・葉を集めてきた。

 山椒で一番手間がかかるのは、小葉を丁寧に取り込むことである。テーブルの上に広げ、お茶をいただきながら、のんびりと、丁寧に1枚1枚取り外していく。若芽の鼻先に1mmほどの小さなアゲハチョウの卵が着いていたりする。小さく黒くうごめいているのは、1齢幼虫だ。これらは、食べるわけにはいかないので、取り去る。

 まずは水洗い。そして熱湯にくぐらせ、水冷。きつく絞ってから、食べやすくなるように1cm幅に切る。
 醤油:みりん:酒:水=1:2:1:1の割合(全量で葉の約2倍)で鍋に入れ、沸騰させる。そこに山椒の葉を投入する。3分ほどして、火を止めて、冷ます。
 50gほどのシラスを投入して、再び沸騰させる。汁をよくなじませて、3~4分したら、また火を止める。さまして汁を葉に含ませる。
 あとは、焦げ付かせないように煮詰めて出来上がり。上々。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-16 22:31 | 家族・家事 | Comments(0)

<< 20170618 【自然】ジャ...      20170616 【自然】庭の草刈 >>