<< 20170621 【ソフト】F...      20170618 【自然】ジャ... >>

2017年 06月 18日
20170618 【本】崩れた原発「経済神話」柏崎刈羽原発から再稼働を問う
 新潟日報社の原発問題特別取材班の書籍である。帯に「執念の調査報道が明かす不都合な真実」とあるが、その通りの内容の書籍である。
b0013099_21490580.jpg
 月初めに立石雅昭先生が「購入した」と言っておられたのに触発されて、直ちに発注し、届いてすぐに読み始めた。目次を以下に掲げる。
b0013099_21495594.jpg
b0013099_21502505.jpg
b0013099_21512694.jpg

 まずは、「プロローグ」が良い。新潟県知事選挙で起きた「新潟ショック」から始まっている。そして、この書籍の発行が、単なる思い付きなどできなく、数十年にもわたる継続した取材に裏付けされているものだということが、明らかにされている。

 本文では、まず何よりも「第1章 かすんだ恩恵」が圧巻である。
 2015年10月から11月に行った「地元企業を対象に聞き取り調査を行った」
「地元100社調査」の7問への「回答」を紹介することから始まる。架空の話ではなく、「聞き取り調査」だから、推進・反対の双方に不都合な回答もそのまま載せられている。

 続いて「第2章 検証 経済神話」へと進んでいく。
 ここでは、「同じ新潟県内で1970年代に柏崎市と人口規模が近かった三条市と新発田市のデータ」が比較されているのである。主題が「経済神話」であるから経済問題が中心ではあるが、人口問題をはじめ様々な指標(新潟県や各市が公表している統計データ)が取り上げられている。こうして「神話」の一つ一つが掘り崩されていく。

 全体的な結論は、柏崎市は原発の恩恵がなかった三条市や新発田市に追いつき・追い越されたということである。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-18 21:51 | ●マスコミ・本 | Comments(0)

<< 20170621 【ソフト】F...      20170618 【自然】ジャ... >>