<< 20050718 火打山      20050714 県に「災害対... >>

2005年 07月 15日
20050715 年頃
 「年頃」といっても、定年など退職の年頃なんです。
 大阪に住むM氏から、「このたび○○会社を退社いたしました」という葉書が届きました。M氏は高知の出身で上田市の信大で学び大阪に就職しました。私よりも1つ年上ですが大学では1年後輩という関係です。卒業後一度も会う機会はありませんが、奥さんが上越市の人ということもあって、手紙のやり取りを続けていました。数年前に関東方面に転勤になっていたのですが、退職して「やっと大阪の自分の家に帰れました」と書かれていました。今の時代を象徴するような話です。

 信大山岳部で一緒だったK氏は、この春山梨県の高校教員を定年退職しました。K氏の発案で、山岳部の同期のメンバーが集まって山に登ることにしています。昨年は春に私の選挙があり、7月は参院選、秋は知事選挙があったため、「次回は、2005年の7月」としていました。17~18日に火打山と妙高山に行き、旧交をあたためる予定です。

 10月15日には高田高校同期の若水会の集まりがあります。卒業40周年になります。来年は還暦を迎えます。「還暦登山」という話もありますが、「年寄りの冷や水」にならなければという意見もあるようです。

 遠く過ぎ去った若き青春時代がなつかしい「年頃」です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-15 22:42 | いろいろ | Comments(0)

<< 20050718 火打山      20050714 県に「災害対... >>