<< 20080109 党名古屋市議...      20080108 米山文蔵氏の... >>

2008年 01月 09日
20080109 ショートカット(CTRL+P)で印刷
 以前にシュートカットCTRL+Sを紹介しました。今回はCTRL+Pです。このPはPrintのP。もうおわかりですね。CTRL+Pは、現在のデータ、即ちWordなら文書、excelなら表をプリンターに出力します。そしてこのプリンターが物理的に実際のプリンターであれば、印刷が実行されますし、adobe acrobatのような仮相プリンターであれば、pdfファイルが作成されるわけです。

 CTRL+S(保存)の補論です。
 CTRL+SもCTRL+Pもほとんどのソフトで共通です。ところが、「名前を付けて保存」となるとそうはいきません。CTRL+Shift+Sが比較的多いようですが、ALTtSというのもあります。ショートカットが定義されていないソフトもたくさんあります。
 メニューをクリックすると、ズラズラとサブメニュが出てきます。それをよく見るとシュートカットが何であるかわかります。一度ご覧いただくことをおすすめします。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-01-09 20:29 | ●パソコンのこと | Comments(0)

<< 20080109 党名古屋市議...      20080108 米山文蔵氏の... >>