カテゴリ:●町内会( 397 )

2017年 06月 23日
20170623 【中学生】町内の歴史を教えて
 昨日22日夕方、授業が終わってからでしょう、6名の城北中学校の1年生が訪ねてきました。数日前に先生と生徒から「町内の歴史を聞かせてもらいたい」との電話があったものです。
b0013099_11420847.jpg 折角のことなので、資料を用意することにしました。用意したのは、2002年(平成14年)9月30日に発行した「町史 暁光 東本町五丁目」です。A4版150ページ。全7章からなっていて、当時の町内会役員が総力を挙げて作成したものです。
 次の3章から15ページほどを抜粋してコピーしました。
 第1章 高田築城と鍋屋町・稲田鍛治町の成立と変遷
 第2章 江戸時代の鍋屋町・稲田鍛治町の様子とくらし
 第3章 近代化の歩み


 生徒たちの質問はまず最初に
 「東本町5丁目ができたのはいつ頃ですか」
 「2年前に『高田開府400年』というイベントをやったのを知ってるよね。高田のお城ができた時にこの町もできたんだよ」
 「すっごい古いんですね。」
 「町内に『鍋屋町』『稲田鍛治町』という2つの標柱が建っているよね。その二つの町が合わさって東本町5丁目になったんだよ。」

 「どんな町だったんですか
 「昔の名前の通り、鍋屋さんと鍛冶屋さんがたくさん住んでいたんだね。私が中学生の頃は、お店屋さんがたくさんあったんだよ。」
 「東本町の通りは、おおしう街道といって、佐渡の金を江戸に運ぶ大切な道だったんだ。今は新しい道ができたけど、雁木通りがメインストリートだったんだよ。」

 「ぜんぜん変わっちゃってるんですね。」

 「有名なものはありますか。」
 「ウーーン、いろいろあるけど、坂口謹一郎先生のことは知ってるかな。『生誕120年』ということで、市がイベントの企画をしているけど」
 「ハイ、名前は聞いています。」
 「その坂口先生が生まれたのは、『鍋屋町』なんだよ。」
 「知らなかった。」
 「養福寺さんの裏に、製油所があって、そこで生まれたのさ。」
 「製油所があったんですか。」
 「今の牧区や清里区などに油田があって、それを精油して高田駅から出荷してたんだね。」

 「知らないことばっかで、勉強になりました。勉強したことをまとめて発表することになっています。ありがとうございました。」

 何とも爽やかな気分になりましたね。同時に、こうした自分が住んでいる町の歴史などを、若い人達に伝えていくことが大事だなあと思いました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-23 11:46 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 16日
20170616 【東本町小】子どもを育てる会
 昨日(15日)城北中学校区子どもを育てる会の東本町小学校ブロック総会がありました。
 子どもを育てる会は、PTA役員、町内会長、民生委員、子ども会長、保護司、先生で構成されています。
 総会ですから、活動報告や決算報告などがあり、予算が審議されました。
 議事の後、「人権を考える講演会」になりました。市教委社会教育課の社会教育指導員が講師です。演題は『自分も相手も大切に ~共に生きる社会を目指して~』ですが、同和問題が中心の話でした。人権問題を、差別に、とりわけ同和問題に結び付けようとするのには、おおいに疑問を感じました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-16 12:18 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 14日
20170614 【町内会】理事会
 今日は町内会の理事会でした。

 前回以降、たくさんの行事がありましたので、まずはその報告です。
 祇園祭に関わる動きや議論についていくつか報告しました。
 城北中学校の「創立60周年記念事業」も報告しました。

 諸課題についてでは、最近増えてきている「家族葬への対応」を協議しました。いろんな事情があって「家族葬」をするわけですから、その人たちの思いを大切にし、彼らの望むようにしようということになりました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-14 23:13 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 13日
20170613 【祇園祭】祭典委員会総会
 12日夕方からは高田祇園祭祭典委員会の役員会と総会でした。両方の会議の議長を務めました。
 この二つの会議で、高田祇園祭の運営の全体が決められます。例年のことではありますが、替わられた町内会長もあることから、一つ一つ確認して終了しました。
 3月に高田・直江津祇園祭が、県の無形民俗文化財に指定されました。指定されたからといって何も変わらないのではありますが、そのことを大いに宣伝紙、活用しようということになりました。
 祇園祭奉賛会からの援助で2年前から「高田祇園祭の幟旗」を作成していますが、今年は「大きな幟旗」を作成して、3つの口とお旅所に掲げ、アピールしようということになりました。楽しみです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-13 17:12 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 13日
20170613 【町内会】健康づくり推進活動チーム研修会
 毎年2回行われている「健康づくり推進活動チーム研修会」の春の研修会が、昨日12日に開かれたので、町内の3人のメンバーとともに参加してきました。

 この研修会は、その都度上越市の最新の施策やデータを用いての説明があります。今回は血管の断面写真に基づいての「脳梗塞」についての話がありました。最近はこうしたものがテレビなどでも報道されていますが、双方向の場での研修はまた一味違ったものがあります。

 この研修会は、参加者が自分の健康状態などを確認するという点では、大変有意義なのですが、問題はその知見を如何にして町内住民に知らせていくかだと思います。そして実際はこれがなかなか難しい、最大の難関だと思います。当町でも取り組みが進んでいないものの一つです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-13 09:34 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 31日
20170531 【城北中学校】学区会理事会
 29日の壮行会に合わせて、「学区会」の理事会が開かれました。「学区会」は、各種大会などに参加する選手の交通費や「市費で補てんされない費用」の工面などをするために、学区内の町内会が「会費」を出し合うための組織です。本来はそうした費用も公費で面倒見るべきだと思いますが・・・。

 今回の理事会で「創立60周年記念事業」についての提起がありました。平成31年=2019年に城北中学校は創立60周年を迎えます。
 城北中学校は1959年に、それまでの大町中学校と春日中学校とが統合して設立されました。私が中学1年の時でした。大町中の最後の入学生ですが、「卒業していない」ので同行の同窓生にはなっていません。城北中学校には入学していませんが、第3回の卒業生にはなっています。
 統合によって、私の学年は1組55人位の大所帯で10組までありました。1学年で550人位でした。次の学年は600人を超えていましたから、3年生の時には1500人以上の生徒がひしめき合っていた、まさに「マンモス学校」だったのでした。
 その時代から60年にもなるのかと思うと、感慨深いものがありますね。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-31 07:25 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 31日
20170531 【城北中学校】市内大会への壮行会
 29日城北中学校で、市内大会への壮行会があり、参加してきました。この壮行会は、研修部活動で練習に励んできた生徒たちが、これから始まる市内大会に参加し、地区大会→県大会へと駒を進めていくのを激励するために、例年この時期に開かれているものです。
 若々しい、元気な声で大会への決意を語っていました。
b0013099_07111787.jpg




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-31 07:11 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 28日
20170527 【直江八幡宮】春祭りの神事
 26日に引き続き、27日は春祭りの神事が行われた。
【祭りの時に掲げられる大幕】
b0013099_20583713.jpg
【朱塗りの鳥居】
b0013099_20585303.jpg
【前日氏子町内を巡行した神輿】
b0013099_20590653.jpg
【もともとは「江野神社」だった】
b0013099_20591887.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-28 20:59 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 28日
20170526 【直江八幡宮】雨の中、神輿渡御
 26日27日は、直江八幡宮の春祭りでした。
 早朝6時、神輿殿から出した神輿に、担ぎ棒を取り付ける作業から始まりました。
 他方、町内では、神灯を掲げる仕事が行われました。

 午前中は晴れ間も広がっていたのですが、3時頃、子供神輿が巡行する頃から、急に雨が降り始めました。一時、巡行があやぶまれましたが、小降りになつたところをみはからって決行しました。

 その後も雨は止まず、どうなることかと心配しました。それが、神輿が到着した頃から雨もあがり、隣町に引き渡すまで降りませんでした。
 天気予報が悪かったので、あらかじめビニールシートを掛けておいて正解でした。

b0013099_19030833.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-28 18:41 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 25日
20170525 【町内会】高田祇園まつり奉賛会総会
 いよいよ高田・直江津の夏の風物詩、祇園祭の準備が始まりました。24日、高田祇園まつり奉賛会の総会がありました。例年は30分ほどのシャンシュン総会なのですが、今年は倍の1時間以上にも及ぶ総会になりました。

 「決算」の支出について、「通信・消耗品費の予算は8万円だったが、13万円にもなった理由は何か」という質問が出されました。「封筒を作ったので増えた」ということでした。他にも大幅増や減があるのですが、その詳しい説明がないのでした。

 「予算」でも質問が出されました。「通信・消耗品費が昨年は封筒作成というイレギュラーで高額になったのだが、それ以上の予算を計上したのはどういう理由か」というものです。当然の疑問ですね。担当者は堪えられず、しどろもどろ。国会答弁のようです。
 私は2点の質問をしました。

1.「3月に「高田・直江津祇園祭御旅所行事・屋台巡行」が県無形民俗文化財に指定されたのを受け、山車の巡行や、御旅所の表札・のぼり旗などの企画を検討中。」とのことだが、どのくらいの費用を見込んでいるのか。
2.「予算案」には、その企画の費用が明記されていない。項目をたてて記すべきではないのか。


担当: 企画の検討中でどれだけの費用が掛かるか分からない。催し物共通費を7万円余り増額したが、それを充てる。
私 : そういう場合は概算額を、「文化財関係費」として計上するとか、「予備費」に計上して、その旨明記しておけば良いことではないか。
議長: 「通信・消耗品費」の約5万円と「催し物共通費」の約7万円は予備費とするが、予算書はこのままとしてもらえないか。
私 : 決算書には新たな項目を作って報告するということで了解する。


 最後に、上越まつりについて、謙信公祭と分離するとか、文化財指定を契機に祇園祭としての独自性を出すとかする必要があるのではないかという意見が出されました。

 総会終了後の懇親会では、何人もの人から、「今日はいい議論だった」「当然の指摘だ」と、言われました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-25 09:11 | ●町内会 | Comments(0)