カテゴリ:●地域協議会( 170 )

2017年 11月 24日
20171124 【自主審議】台風21号被害の報告
 自主審議で「高田公園周辺の雨水排水対策について」審議しています。今回は、台風21号による高田地区の浸水被害について報告を受け、議論しました。

 高田公園外堀の集水面積は広大で、水戸の川によって関川に排水されますが、その水門付近で北城雨水幹線が合流しますから、北城地域の洪水対策は外堀の排水対策と一体のものだということです。
 台風21号は、10月22日~23日に上越市に大きな被害をもたらしました。
 関川の水位が最大になったのは、23日午前10時ごろで、8mを越えました。7mを超えた段階で水門が閉められ、排水機が稼働しました。水戸の川流域や北城地域に被害が出始めたのは、この前後からです。

 今回「台風21号浸水被害状況図」として示されたのは家屋被害だけで、農地や道路冠水は示されませんでした。これでは被害の全体が把握できません。消防署東側の田畑は「遊水地」と化し、北城町4丁目地内では道路が冠水して、各所が「通行止め」になりました。飯門田新田線でも「通行止め」になっていました。こうした実態が反映されていないのでした。これでは「被害」が小さく見えてしまいます。

 以前から指摘されている「高田公園外堀の集水面積」や「例えば、時間50mmの降雨があったとして、外堀の水位が平常に戻るまでの時間(シミュレーション)」などは、まったくの手つかず状態です。
 「汚水対策に手いっぱいで雨水対策にまで手が回らない」状態なのは解りますが、昨年7月26日の豪雨に始まり、今年は6月30日~7月1日の豪雨、そして今回(10月22日~23日)の台風21号と、立て続けに被害が出ているのですから、抜本的な対策が必要なのは、明らかです。
 大きな建物を建てる「ハコ物行政」ではなく、身近な公共事業が求められているのだと思います。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-24 12:36 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 24日
20171124 【地域協議会】北本町ガス供給所敷地の土壌調査結果
b0013099_11271102.jpg かつて、北本町2丁目の陀羅尼八幡宮の北側に、北本町ガス供給所がありました。ここでは過去に、石炭を乾留して石炭ガスを製造していました。そのことから「土壌調査」が実施され、その結果報告です。
調査の概要
 本土壌調査は、環境大臣が指定する指定調査機関に委託し、国が定めるガイドラインに基づき特定有害物質による汚染の有無や汚染の範囲を調査した。
 調査対象とした物質は、過去に石炭ガス製造を行っていたことから、発生が予想される7項目の特定有害物質(ベンゼン、シアン化合物、水銀及びその化合物、鉛及びその化合物、砒素及びその化合物、六価クロム化合物、カドミウム及びその化合物) とした。

調査結果の詳細
(1)平成27年度調査結果を含めた土壌調査の分析結果
 土壌ガス調査よりベンゼンが検出され、土壌溶出量調査では基準値を超過した水銀、シアン、鉛が検出され、土壌含有量調査では基準値を超過した鉛が検出された。


 調査結果を見ると、有害物質が基準値を超えて検出されています。
 「地下水の汚染がない」「周辺で井戸水を利用していない」が、せめてもの救いです。今年10月にはガスホルダーが撤去されていますが、今後の利活用については、「すぐに活用できる状態ではない」というのは、当然でしょう。「平成36年度まで調査を継続する」「その結果は、地域協議会に報告する」との表明がありました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-24 11:27 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 24日
20171124 【地域協議会】第10回高田区地域協議会
  20日、第10回高田区地域協議会がありました。
 たくさんの案件の審議でした。

報告
(1)諮問事項 (仮称)旧第四銀行高田支店の設置について(通知)
(2)北本町ガス供給所について
(3)諮問事項 高田駅前コミュニティルームの廃止について(答申・通知)
(4)自主的審議事項 上越地域医療センター病院の改築について(意見書)
議題
(1)自主的審議事項 高田公園周辺の雨水排水対策について


 報告の(1) と(3) は簡単に済みましたが、他は議論が沸騰し、報告(4) は、次回の会議で担当課の説明を受けて、議論することになりました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-24 10:59 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 03日
20171103 【地域協議会】行政はどう見ているのか?
 1日の高田区地域協議会でのことです。雁木補助制度の意見書に対する回答について説明していた担当課長が、次のような発言をしました。

 「1月中に高田地区町内会長協議会のみなさんに集まってもらい、意見を聞く。その意見を参考にして、改善を図りたい」

 地域協議会委員から、「町内会長から意見を聞くのは悪いことではないが、ちょっとおかしいのではないか」という意見が相次ぎました。

 「町内会長協議会は任意団体だが、地域協議会は市長の諮問機関だ」
 「町内会長の意見は聞くが、地域協議会が出した諮問に対する答申には、答えないということか」
 「地域協議会を軽視しているのではないか」


 村山市長の2期目から、「諮問の仕方や答申の扱いがおかしい」と思っている委員はたくさんいます。課長の発言は、火に油を注ぐようなものだったのでした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-03 22:20 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 03日
20171103 【地域協議会】上越地域医療センター病院で意見書提出
 上越地域医療センター病院の改築問題、高田区地域協議会で自主審議をしてきました。
 10月16日の第8回高田区地域協議会で、意見書を提出することになり、正副会長と事務局とで、意見書の案文を作成し、各委員に事前配布して、意見を求めていました。出された意見も含めて、審議した結果、案文通りで、提出することになりました。
b0013099_21571975.jpg
20170930 【センター病院】なぜ現在地でなければならないか
20170929 【センター病院】なぜ現在地でなければならないか-1
20170925 【高田区地域協議会】上越地域医療センター病院
20170915 【自主審議】医療センター病院改築-地元要請書
20170915 【自主審議】医療センター病院改築-提案書



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-03 21:58 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 11月 02日
20171102 【地域協議会】雁木補助制度の意見書に対する回答
 1日、高田区地域協議会が開かれました。
 課題が多いことから、臨時に開かれた会議です。今期、すでに臨時会は2回目です。

報告 雁木整備補助金制度の改善について(回答)
議題 自主審議 上越地域医療センター病院の改築について

 8月22日付で提出した意見書「雁木整備補助金制度の改善について」に対する、10月11日付の市の回答書について、担当課長から説明がありました。(説明といっても、回答書をほぼそのまま読み上げただけでしたが・・・。)

 説明に対してすかさず何人かの手が上がりました。
 「回答になっていない」「受け入れられない」「回答し直せ」などなど、きつい意見です。
 私も次のような発言をしました。

 私もこの回答書の内容では、受け入れがたいという意見です。
 意見書は、「任意協定がないと補助金を受けられない」ということで、その改善を求めたものです。課長は説明で「任意協定がない地域は、ある地域よりも減少率が高い」といいました。この回答書は、意見書で提起したこの問題に答えていないと思います。
 この回答書では、あくまでも「任意協定」を結んだ地域だけを対象としていて、それ以外の地域では、「雁木は無くなっても仕方がない」としか受け取れません。「任意協定がない地域の人はリフォーム補助金を使え」ということですが、補助率も補助金額もまったく違います。
 この回答書からは、市として「雁木をどうしても保存したい」という意思が見えないのです。


 その後の議論の中で、「この回答書は受け取れない」「書き換えて再提出せよ」という意見まで出されました。

 行政側としては、いったん出した回答書を「再提出する」というわけにはいかないでしょう。ルールとしてもそういうことにはなっていません。
 「受け取った回答書があまりにも不十分」ということで、再度、自主審議し、再考を求める意見書を提出することにしましょう。


 おおむねそういう方向で進めることになりました。
b0013099_10590640.jpg
20170823 【自主審議】雁木整備補助金制度



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-02 11:02 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 10月 18日
20171018 【地域協議会】上越地域医療センター病院の検討状況
 16日の高田区地域協議会。「上越地域医療センター病院の改築に向けた検討状況について」という報告がありました。地域協議会側からお願いしたものではなく、健康づくり推進課地域医療推進室から「報告したい」ということでの報告です。

 報告を聞いていて率直に感じたのは、「移転ありき」という雰囲気がにじみ出ていたということです。
 それと「改築に向けた検討状況」の報告なのに、「平成30年度以降の上越地域医療センター病院の経営形態について(案)」という文書がついていて、あたかも「新しい場所で、新しい経営形態で」と、いわんばかりの内容でした。

 経営形態を「新たに一般財団法人を立ち上げ、指定管理者とする」ということのようです。そして「単に指定管理者を変更するだけだから、諮問はしない」というのです。
 しかし、指定管理者が変わるということは、利用者に大きな影響があるはずです。かつて、市民プラザを指定管理にした際、「花を飾るなど雰囲気が変わった」と、自慢げに報告したことがありました。その程度のことが、行政にとっては重大な変化だったのです。指定管理者が変われば、どんな変化が起きるか、わからないではありませんか。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-18 22:27 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 10月 02日
20171002 【高田区地域協議会】水戸の川視察
 提出した自主審議提案「高田公園外堀周辺地域の抜本的な治水対策、水戸の川の排水能力向上などを関係機関に働きかけることを求める意見書の提出について」を自主審議するかどうかを決めるために、「現場をもっと知りたい」ということになり、水戸の川流域を現地視察をしました。
【排水機場で説明を聞く委員たち】
b0013099_18290017.jpg
 スポーツセンター脇の駐車場に集合し、市のマイクロバスで出発です。
 最初に行ったのは、水戸の川排水機場です。1995年7月11日の水害を契機に設置されたものです。河川国道事務所の所長・課長などが、経過と現状について説明してくれました。また市の課長が、国と市と町内会の関係・関連を補足説明しました。質疑応答では数人からたくさんの質問が出されました。
 次に、関川本川との合流部の水門、水戸の川と北城雨水幹線との合流部を見た後、水戸の川を上流に向かって見ていきました。「こんなに曲がりくねっているんだ」「狭いところもあるんだね」「散歩で来るけど、知らない所いっぱいあるわ」などの声が出されました。
 高田公園外堀の北堀と水戸の川とをつなぐ水門に行きました。通常8.1mで維持されていること、8.5mになると溢水する箇所が出てくることなどの説明がありました。ここでも集水面積と降水量との関係をはじめ、たくさんの質問が出ました。
 最後は西堀と北堀をつなぐ水門です。水戸の川との水門と同じ形式のものがありました。

 現場を見ることによって、審議に大いに役立つのではないかと思いました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-02 18:31 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 09月 30日
20170930 【センター病院】なぜ現在地でなければならないか
【続きです】
 第二は、現在地には1万2千坪の市有地があるということです。
 地元町内会の代表が持参された同会のニュース第3号に、1つの地図が載っています。センター病院を含む周辺の地図です。
 ここには

上越地域医療センター病院 市有地 1万坪
         空き地 市有地 2千坪


があり、「現在のセンター病院の市有地は12,000坪あります。」と書かれています。「現在地は狭い」と言われていますが、決して「狭い土地」ではありません。また「空き地」に隣接して「民有地」約2千坪もあります。
b0013099_17122259.jpg
 マスコミ報道によると、上越妙高駅付近の土地は「10万平方m」だそうです。約3万坪です。半分の15,000坪を10万円/坪で買ったとすると、土地代だけで15億円にもなります。現在地隣接の「民有地」約2千坪を同じ10万円/坪で購入する費用は約2億円です。「もし建て替えるならば現在地で」というのは、資金的に見ても当然の方向です。

【続く】



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-30 17:13 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 09月 29日
20170929 【センター病院】なぜ現在地でなければならないか-1
 25日の高田区地域協議会では、上越地域医療センター病院に改築場所についての自主審議を行い、地元15町内会の代表から意見を聞きました。
 その上で、意見書を取りまとめるにあたって、それぞれの委員が「上越地域医療センター病院はなぜ現在地でなければならないか」意見を出し合いました。これには当日地元代表が持参された同会のニュース第3号がたいへん参考になりました。

 第一は、上越地域医療センター病院と地域との連携・連帯です。
 3号ニュースには、次のように書かれています。

 「陸軍病院・国立病院・そして上越地域医療センター病院と105年間、命と健康を守る地域の病院として多くの歴史を築いてきました。地域住民と病院の固い絆で連携を深めてきました」

 まさにその通りです。この病院に働く人たちは、地域の様々な行事に参加したり、協力してきました。地域と一体となった病院です。その病院を他地域に移転するということは、この絆を断ち切ることになります。

 また1号ニュースには、上越市議会に提出された「平成25年度患者実績」の表が掲載されています。それによると外来患者の32.5%、入院患者の28.1%が「高田地域」の患者です。その意味でもセンター病院は高田地域の病院であり高田地域の人たちのよりどころなのです。
(注) このデータは4年も前のものです。上越市に最新のデータの提出を求めても、出さないのだそうです。出すと何か不都合なことがあるのでしょうか。
b0013099_14300943.jpg
 議論の中では、南新町のアパートに住む人たちとの関連が指摘されました。
 「圧倒的に高齢者が多く、その人たちにとって、歩いて行けるセンター病院は大変重要だ」

 かつて中央病院は今の郵便局の所にあった。それが川東に移転して、センター病院は高田地区の唯一の公的な病院になった。そのセンター病院まで移転してしまったら、高田地区の医療過疎が進行するのではないか。高齢化が進む中、それは大問題だ。

【以下、続く】
 第二は、現在地には1万2千坪の市有地があるということです。
 第三は、隣接の福祉施設と合わせ、「医療・福祉ゾーン」として整備されてきたことです。
 第四は、市の財政上からも現在地が最適だということです。

20170925 【高田区地域協議会】上越地域医療センター病院


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-29 14:28 | ●地域協議会 | Comments(0)