カテゴリ:国の政治( 242 )

2017年 09月 28日
20170928 【国政】究極の野党共闘つぶし
 民進党の前原代表が「希望の党と合流する」と言い出し、国会議員の会議で承認されたそうだ。「民進党の公認候補は、希望の党から立候補する」のだという。

 前原氏が代表に選ばれた時から、「何かやるだろうな」というか、「きっと裏に何かあるぞ」と思っていた。なんせ、野党共闘に後ろ向きなのだから・・・。正面切って「野党共闘から離脱します」とは言わないだろう。

 今自民党の中枢を握っている国民会議系の議員らにとって、市民と野党4党の共闘がどんどん進んで総選挙になるのが一番困ったことなのだ。民主党内の国民会議派もまたそう思っているだろう。今度の総選挙は、何としてもこの野党共闘の前進を阻止して迎えなければならない。これは「衝動」のようなものだと思う。

 「なるほどこういう手があったか」

 ところで熱烈なラブコールを送られた当の希望の党の小池代表は、「民進党との合流はない」と、にべもない。そして「希望の党から立候補したい人については、個別に判断する」と言っている。簡単に言えば、「希望の党の眼鏡にかなったものだけを受け入れる」ということだ。そう、選択権は希望の党の側にあるということをことさら強調している。民進党の候補者は希望の党の軍門に下って、平身低頭して受け入れてもらうようにお願いするしかないのであろう。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-28 18:59 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 09月 27日
20170927 【国政】有効求人倍率
 菅官房長官が19日の記者会見で、「有効求人倍率が上がっているからアベノミクスが目標に向かって進んでいる」という趣旨の発言をした。
 「日本経済新聞」の27日付電子版は「有効求人倍率、7月は1.52倍に上昇 43年5カ月ぶり高水準」との見出しで、好意的に伝えている。

 果たして「手放しで」喜べるものなのかどうか、有効求人倍率について調べてみた。

有効求人倍率=月間有効求人数/月間有効求職者数

 これが計算式だが、ウィキペディアの解説がたいへん参考になる。

 求人倍率(きゅうじんばいりつ)とは、経済指標のひとつ。求職者(仕事を探している人)1人あたり何件の求人があるかを示すもので、受験でいう競争率を逆数にした数値ともいえる。
 たとえば、求人倍率が 1.0 より高ければ、「仕事を探している人」の数よりも「企業が求める人数」のほうが多いということであり、「競争率が 1.0 を下回る」とも言い換えられる。
 一般に求人倍率が高い( = 競争率が 1.0 を下回る)社会は、企業がより多くの労働者を求めており、つまりそれだけ経済に活気があると考えられる。


 続けて1963年(昭和38年)以降の有効求人倍率などのデータが、票として掲載されている。これはこれで面白い。
 さらに続けて、「求人倍率の信頼性」になる。

 マスコミなどにおいては、求人倍率のみを見て、売り手市場(求職者側に取って、求人が豊富な状態)・買い手市場(求人側に対して、求職者が豊富な状態)、景気や雇用の回復・悪化が判断されがちだ。が、求人倍率には以下のごとき問題があり、倍率だけ見て、売り手・買い手市場、景気不景気、雇用の良し悪しを判断できるものではない。

として、次のような問題点を挙げている。

狭義すぎる分母
実質倍率に非ず
雇用のミスマッチ


 冒頭に示した有効求人倍率の計算式からすれば、分子(月間有効求人数)が大きくなった時だけでなく、分母(月間有効求職者数)が小さくなった時も有効求人倍率がアップする。最近のアップは、分母(月間有効求職者数)が小さくなったためだといえないか。

有効求人倍率、7月は1.52倍に上昇 43年5カ月ぶり高水準
求人倍率(ウィキペディア)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-27 18:54 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 09月 09日
20170909 【北朝鮮】現実的な危機・危険は・・・
 北朝鮮がミサイル発射を立て続けに行ったことから、一気に「戦争の危機・危険」が高まっている。

 「戦争になる」一番の可能性は、偶発的な戦闘から一気に大規模な戦争に突入するケースだろう。「偶発的」だからある意味防ぎようがない。
 「週刊現代」が、そうした場合も含めて、米朝が衝突した場合に何が起きるかを書いている。傾聴に値する記事である。

トランプと金正恩、どちらが引き金を引くかは不明だ。だが、このチキンレースが終わるときに、日本が「戦場」になることは間違いない。今、日本人が聞いたことのない半鐘が鳴りはじめている。

 そう、どこかで戦争がおこなわれるわけではなく、「日本が戦場になることは間違いない」ことだ。そのことを念頭に、常に頭に入れて考慮して対応していく必要がある。

 しかしこの記事を読んで感じたことがいくつかある。
1.米国のマスコミがこのことに警鐘を鳴らしているのに、日本のマスコミは何をしているのかということ。
2.副題に「米軍高官が語る」とあるように、「長期にわたって米朝開戦のシミュレーション」が行われてきたということ。
3.在日米軍が日本を守るためではなく、ターゲットとなって日本を危機に陥れる存在であること。


米朝衝突「その時」日本はここが狙われる 米軍高官が詳細に語る(週刊現代 2017.09.09)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-09 19:22 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 08月 13日
20170813 【野党統一】森ゆうこ参議院議員の国政報告会
 昨年7月の参議院議員選挙で野党統一で当選した森ゆうこ参議院議員の国政報告会開かれる。同議員の活躍は、この間マスコミでもたびたび報じられてきたが、直接話を聞くことも大事だと思う。
b0013099_05360049.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-08-13 05:41 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 07月 05日
20170705 【国政】公明票がないと勝てない自民党
 都議選の結果の一つの見方である。「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事だ。

 都議選に向けて公明党がいち早く都民ファーストにすり寄った時、このブログに「変わり身の早さ」「乗り換え」と書いた。と同時に「これは自民党への圧力だな」とも、思ったものである。
 都議選の結果を見ながら妻と、「公明党の応援がないと、自民党は勝てないということを、事実で自民党に示したのさ」などと話していた。「日刊ゲンダイDIGITAL」のこの記事は、ほぼ同じことを言っている。
 国政で自民党と組み、都政で都民ファーストと組む。公明党にとっては「ネジレ」でも何でもない。両方で主導権を握れるのだから・・・。

都議選惨敗で自ら露呈…自民党は“公明抜き”では戦えない(日刊ゲンダイDIGITAL 2017年7月5日)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-07-05 18:27 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 06月 13日
20170613 【加計問題】野党統一の森ゆう子参院議員が頑張っている
 昨年の参議院選挙で新潟県の野党統一候補として当選した森ゆう子参議院議員(自由党)が、加計問題で「内閣府が今治市を手助けするために用意した資料」(開示請求を受け、現地の今治市が公開した文書)を入手して追及している。
 野党が一致協力して追及しているのは、良いことであるし、ますます強めてもらいたいものである。

加計ありき新証拠 安倍政権はお友達に公然と“えこひいき”(日刊ゲンダイDIGITAL 2017年6月13日)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-13 18:35 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 05月 05日
20170505 【国政】非常に真っ当な意見だ
 安倍首相が2020年までに憲法を変えると明言したことから、さまざまな議論がたたかわされている。
 そんな中配信されてきた小林よしのり氏のブログ「憲法とは何かが分かってないなら改正は無意味」は、右派ながら真っ当な意見だ。安倍シンパには、こういう議論をできる人が少なくなってきている。ちなみに小林氏は、安倍シンパとは異質のように思えてきた。

憲法とは何かが分かってないなら改正は無意味(小林よしのりブログ 2017.05.04(木))


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-05 21:07 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 04月 20日
20170420 【国政】学芸員と文化行政
 米山隆一県知事の「議論提起」がFBで配信されてきた。そこで紹介されていた記事(学芸員ではなく文科省が癌!文化財が存亡の危機に瀕する理由)を読んでみた。

 今、高田区地域協議会で「雁木整備事業補助金」について自主審議しているが、その議論の根底に流れる委員の問題意識、解決の方向性などを示唆する問題提起がたくさん含まれている。

学芸員ではなく文科省が癌!文化財が存亡の危機に瀕する理由(DIAMOND online 2017.4.20)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-20 10:56 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 04月 18日
20170418 【国政】アメリカファーストではない韓国
 アメリカが北朝鮮を攻撃すれば、多大な影響が及ぶことが予想される韓国。大統領選の候補者の主張は「米の先制攻撃に反対」だ。
 同じように影響を受けるのにアメリカに付き従う安倍内閣とは大違いだ。

b0013099_17503305.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-18 17:40 | 国の政治 | Comments(0)
2017年 04月 05日
20170405 【国政】共謀罪が良くわかる
 3日付の全国商工新聞のコラムです。
 中段の「ある弁護士さんが、昔話『桃太郎』を使って共謀罪を解説していました。」の解説です。共謀罪とはどういうものなのかが、良くわかる例え話です。

b0013099_18180431.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-05 18:08 | 国の政治 | Comments(0)