カテゴリ:選挙( 72 )

2017年 10月 17日
20171017 【総選挙】「一に立憲民主党、二に共産党」-小林よしのり
 「はああー、この人がここまで言うか」と思った。小林よしのり氏が、ブログで「一に立憲民主党、二に共産党」といっている。

わしは以前、投票するなら、一に立憲民主党、二に希望の党と言ったが、考えが変わった。
一に立憲民主党、二に共産党だ。


 以前と違う主張をする際に、「考えが変わった」と素直に言うところが良い。それを言わないで「なし崩し的に」ころころ変わっていく人が多い中では、稀有の人だと思う。ましてや、うそをつきとおす輩とは、大違いだ。

一に立憲民主党、二に共産党(小林よしのり 2017.10.16(月))



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-17 22:24 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 17日
20171017 【総選挙】特別国会での首班指名が見ものだ
 総選挙の後には特別国会が開かれる。当然のことだが、最大の任務は首班指名である。先走ったことかもしれないが、この首班指名が見ものだと思っている。

 首班指名には、それぞれの党が首相候補を立てて、所属議員がその人に投票する。その首相候補は通常、党首である。
 ここで問題は、希望の党の党首(小池百合子)は、東京都知事ではあるが、国会議員ではない。ということは、首相候補にはならない。なれない。民進党党首の前原誠司氏は、今のところ希望の党の党員でもないし、「首相候補にはならない」というような発言をしているらしい。さてさて、それでは希望の党で当選した議員諸氏は、いったい誰に投票するのだろう

 ここでもし、「安倍」に投票でもしたら、これはそれこそ希望の党を支持した人たちだけでなく、国民全体に対する最大の裏切りだ。
 しかし、「安倍」に投票する可能性が、非常に強いのではないかと思うのである。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-17 22:12 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 17日
20171017 【選挙公報】市長選・総選挙・国民審査の公報が届いた
 「17日~18日」といわれていた選挙公報が、10時頃に届いた。早速仕分けし、組長の所に届けてきた。「すぐ配りますね」との声。
b0013099_10543495.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-17 10:54 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 15日
20171015 【選挙公報】総選挙と市長選とが重なって
 総選挙は10日に公示されたので、本来ならば(他自治体では)すでに選挙公報が配布されているであろう。
 しかし上越市では、29日が投票日だった市長選挙が前倒しされ、総選挙と同日選挙になった。そのために、総選挙の選挙公報は、市長選挙の公報と合わせて配布されることになった。
 昨日14日、「広報じょうえつ」と町内会ニュース「暁光」、その他の回覧物を仕分けして組長に届けてきた。その際、選挙公報が後日届いたら直ちに配布していただきたい旨のお願い文書も届けてきた。
b0013099_10351932.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-15 10:35 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 13日
20171013 【総選挙】何でトランプなのかなあ-拉致被害
 夕方のNHKニュースはトップで、安倍首相を大写しにして「拉致被害者の家族の方々とトランプ大統領が会うことになった」と、アナウンスしていた。夜のニュースでも同じことをやっていた。
 アメリカ大統領にお願いするのも悪いことではないが、日本の首相として、もっとやるべきことがあるのではないかと思った。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-13 06:58 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 11日
20171011 【総選挙】『しんぶん赤旗』号外配る
 10日、いよいよ総選挙が公示されました。22日迄の短期戦です。
 この日わが家の近くには、共産党も加わった野党統一のうめたに候補の街宣車が、回って来ただけでした。広い六区に二台(候補者が二人だから)しか走っていないので、静かなものです。

 午前中、『しんぶん赤旗』の号外を配りました。あちこちで対話が弾んで、自分の町内だけで昼になってしまいました。
 皆さん、共産党が候補を下ろして野党統一が実現したことを知っていて、おおいに激励されました。

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-11 09:01 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 10日
20171010 【総選挙】日本共産党の財源提案

――日本共産党の財源提案(前書きと項目のみ 全文はこちら
2017年10月4日

 安倍首相は、消費税の10%増税分の一部を、「教育・子育ての財源に回す」と言い出しました。国民の切実な願いを人質にして、今度こそ10%増税を強行しようというのです。
 消費税を増税すれば、必ず「増税不況」が起きます。暮らしと経済に重大な打撃を与える消費税の増税は、きっぱり中止すべきです。
 消費税は、低所得者ほど負担の重い、不公平な税金です。財源を消費税にたよれば、格差をますます拡大することになります。
 安倍政権のもとで、消費税増税で8.2兆円、年金削減や医療・介護の負担増など社会保障改悪で6.5兆円が国民に押しつけられ、国の教育予算も最近3年連続のマイナスです。その一方で、大企業には4兆円もの減税が行われ、軍事費は政権発足以来5年連続の増加となっています。
 こうした税のあり方、予算のあり方を変えれば、社会保障や教育を拡充するための財源は、消費税にたよらずに確保することができます。


<1>富裕層や大企業への優遇をあらため、「能力に応じた負担」の原則をつらぬく税制改革や、歳出の浪費をなくす改革をすすめます
大企業への優遇税制をあらためます
法人税減税のばらまきを中止し、安倍政権以前の税率に戻します
大株主などの富裕層に、せめて欧米並みの負担をもとめます
所得税の最高税率を引下げ前の水準に戻します
「富裕税」の創設など資産課税を改革します
タックスヘイブンを利用した「税逃れ」をやめさせます
被用者保険の保険料上限を見直します
為替取引税を創設します
環境税を強化します
軍事費を大幅に削減します
大型開発中心の公共事業を、生活密着・安全対策優先に切り替えます
将来は「応能負担」の所得税改革をすすめます

<2>国民の所得を増やす経済改革で、税収を増やします
人間らしく働ける雇用のルールをつくり、大企業の内部留保を活用して賃上げをすすめます
確保した財源を活用して、社会保障や教育の拡充をはかります
国民の所得を増やす経済改革で、安定的な成長を実現し、税収増を実現します
暮らしの充実と財政危機打開の両立をはかります



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-10 11:52 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 10日
20171010 【総選挙】日本共産党の総選挙政策
 日本共産党は、10月4日に総選挙政策と財源提案を発表しました。

2017年10月4日
日本共産党の重点政策(項目のみ掲載 詳細はこちら

1、森友・加計疑惑を徹底究明し、国政の私物化を許しません
2、安保法制=戦争法、特定秘密保護法、共謀罪法を廃止し、立憲主義・民主主義・平和主義を取り戻します
3、北朝鮮問題の「対話による平和的解決」のイニシアチブを
4、消費税10%増税の中止。格差をただし、くらしを応援する経済政策に
消費税10%増税の中止を求めます
1%の富裕層・大企業のためでなく、99%の人々のために――経済民主主義の改革をすすめます
(1)税金の改革――消費税増税の中止。大企業と大資産家に応分の負担を求め、財源を確保するとともに、格差を是正します。
(2)予算の改革――社会保障・教育・子育て・若者を優先し、格差と貧困の是正に役立つ予算を増やします
(3)本物の働き方の改革――8時間働けばふつうにくらせる社会に
(4)地域経済の再生――大都市と地方、大企業と中小企業の格差を是正します
5、安倍政権による9条改悪に反対し、憲法9条にもとづく平和の外交戦略を確立します
6、核兵器禁止条約――唯一の戦争被爆国、日本政府は署名せよの審判をくだそう
7、米軍の新基地建設を中止し、基地のない平和で豊かな沖縄をつくります
8、原発の再稼働反対。原発ゼロの日本、再生可能エネルギー先進国をめざします
9、女性への差別、格差をなくし、人権をまもり、自由と民主主義を発展させます
10、災害から国民のいのちと財産を守る政治に

≪市民と野党の共闘の前進と日本共産党の躍進を≫


社会保障・教育の財源は、消費税にたよらずに確保できる――日本共産党の財源提案





[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-10 10:12 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 10日
20171010 【総選挙】自民党の別動隊=補完勢力
b0013099_09184902.jpg 正体が見えてきましたね。希望の党のことです。「自民党との連立を排除しない考えを示しました」といいます。さらに、首相候補も決まっていないといいます。
 小池氏は「総選挙に立候補しない」と言い続けてきました。民進党を壊して希望の党にはせ参じた前原氏も、首相候補にはならないといっています。
 総選挙後の首班指名では、結局のところ自民党の候補者に相乗りするのでしょう。それが「連立を排除しない」ということ。
 マスコミでは、自民の対抗勢力のように大々的に報じられていますが、本質は自民党の別動隊=補完勢力なのです。
 別動隊=補完勢力は、自民党が窮地に立たされた時、選挙での後退必死のような状況になると、出てきます。そして「二大政党」のように宣伝されるわけです。
 今までは、野党が分断されたり、自民党の中の「リベラル」といわれる勢力が分かれて出てきたりしていましたが、今回の希望の党は「自民党最右翼」というべき勢力です。そこがおおきな違いです。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-10 08:57 | 選挙 | Comments(0)
2017年 10月 09日
20171009 【総選挙】見えてきた、金目当ての合流劇
 もちろん、民進党を吸収合併しようとしている希望の党の話です。「公認申請料500万円」といい、金金金・・・ですね。
 100人申請すると5億円、200人ならば10億円。「公認申請料」だから公認されなかった時に、当然返却されないのでしょうね。
 希望の党にとって、民進党は、打ち出の小づちなのでしょう。

参院民進“前原離れ”加速 代表解任で150億円乗っ取り阻止(日刊ゲンダイ Digital 2017年10月8日)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-09 19:46 | 選挙 | Comments(0)