カテゴリ:●登山( 656 )

2017年 12月 10日
20171210 【遊歩会】役員会
 8日、遊歩会の役員会(正副班長と三役の会議)でした。来年の登山計画を決める会議で、1日の三役会での検討結果を報告しました。役員会での決定をもとに3月の総会で提案します。

 概要説明で、いくつかの話をしました。
1.11月の忘年会で出された意見・要望を尊重して計画したこと。
2.新たなチャレンジ・実験を盛り込んだこと。
3.毎年、歳を取っていることから、体力等に見合った計画に心がけたこと。
4.具体的には、
 (1) ハイキングが主体になっていること。
 (2) 1泊の計画を2回にしたこと。
 (3) 忘年会の他に、懇親会を計画したこと。
5.バス会社との協議、宿泊地との関係で、変更がありうること。

 いくつかの意見が出されましたが、おおむね了承されました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-12-10 15:34 | ●登山 | Comments(0)
2017年 12月 01日
20171201 【登山】遊歩会三役会
 今日(1日)は、遊歩会の三役会でした。
 先日の忘年会で出された「来年登りたい山」のもとづき、「2018年の登山計画表」を作成することが主な目的です。その他に、この間会員から出されていた要望などにどうこたえていくかなどを議論しました。
 8日の役員会に提案し、そこでの決定を踏まえて、3月の総会に提案します。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-12-01 21:57 | ●登山 | Comments(0)
2017年 11月 28日
20171128 【登山】登山回数ランキング
 自分がどんな山に何回くらい登っているのか。記録が残っている範囲で一覧表にしてみました。1986年からのまとめです。それ以前はボチボチ調べていきます。

 山岳名の総数=144
 回数最多の山=48回=南葉山
 年間最多の山=4回=南葉山=2011年、2012年


 こうしてみると、「万遍なく登っている山」がある一方で、「ある時期から登り始めた山」や「ある時からぱったり登らなくなった山」もあります。「1回ぽっきりの山」が80近くもありました。
 議員をしていた時期(1996年~2006年)は、1桁で少ないですね。1994年は資料を紛失してしまったようで「0」になっています。

登山回数ランキング
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-28 07:50 | ●登山 | Comments(0)
2017年 11月 27日
20171127 【遊歩会】忘年会
 26日の夕方からは、遊歩会の忘年会でした。40数名の参加でした。

 第一部は、今年の登山の振り返りと「来年行きたい山」です。私は「会長あいさつ」で次のような話をしました。

 今年は天候不順の一年でした。ずっと雨にたたられました。特に最後の信越トレイルは、台風の直撃を受け、雨の中、アスファルトの車道を2時間以上も、延々と下ってきました。異常気象は今年一年では終わらないようです。今後も続くでしょうから、登山の仕方も考えていく必要があります。
 一年ごとに1歳づつ歳を取っていきます。今まで登れた山に登れないということも出てきます。昨年20周年記念をしました。30周年はどうだろうか。せめて25周年は頑張りたいと思います。
 今回は、小さな紙を1枚づつお配りしました。班長さんからだけでなく、参加したみなさんから「来年の希望の山」を書いてもらおうということです。匿名で結構です。


 第二部は、懇親会です。アッという間の2時間半でした。いろんな話が弾みました。
 やっぱり「歳取ったねえ」という声があちこちで出ていました。その中に、「山に登らない計画も」という声がありました。「酒を飲むだけでいいんじゃない」と。それで、「山の麓の旅館に集合して懇親会をやり、翌日、山に登るもよし、温泉につかるだけでもよし、散策だけでもよし、というような企画はどうだろうか」と触れ回りました。おおむね良い感触でした。

 外は冷たい雨が降り注いでいましたが、熱い懇親会でした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-27 16:34 | ●登山 | Comments(0)
2017年 11月 06日
20171106 【登山】鍋倉山・黒倉山へ柄山口から
b0013099_21245789.jpg 5日、鍋倉山・黒倉山へ、板倉区の柄山集落の奥、柄山口から往復してきました。
 当初は4日に予定していました。それが天気予報では雨。翌5日は晴れ。3日は小春日和の暖かい日でしたから、この天候の急変予報は、にわかに信じられないものでした。その「晴れる」という予報を信じての予定変更でした。

 登り初めは曇りでした。それが徐々に雲がはれ、下山するころには、青空に変わりました。
 例年は、紅葉真っ盛りの時期なのですが、21号・22号と続いた台風と4日の雨で、ブナの葉はすっかり落ちて、登山道を絨毯のように埋めていました。ブナの白い幹と樹下で黄葉しているカエデ類とのコントラストが良い。

 久々野峠に出る手前から、鍋倉山の斜面が白くなっているのが見えます。そして、足元の枯れ葉に白いものが・・・。今シーズン初めての雪です。
 鍋倉山の登山道は、すっかり雪に覆われていました。多いところでは数cmです。
b0013099_21290906.jpg
 頂上からは、白雪をまとった妙高山・火打山が、雲海の上に浮かんでいるのが見えました。ました。
b0013099_21270288.jpg
 下山後は、久々野のやすらぎ荘で汗を流して帰りました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-06 21:29 | ●登山 | Comments(0)
2017年 10月 29日
20171029 【登山】大収穫の後始末
 昨日、たくさん採ってきたキノコ。今日は、その後始末でした。
 まずは、種類ごとに分けました。
 次は、それぞれ、大きさごとに分けました。

 サッとゆでて、ジップロック(袋)に、ほぼ1回分づつ分けて入れました。
 あとは、平らにして冷凍するだけです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-29 22:11 | ●登山 | Comments(0)
2017年 10月 29日
20171028 【登山】大収穫
 小菅山の下山路は、すばらしいブナの美林でした。紅葉真っ盛り。そんな中に、立ち枯れしたブナやナラに、キノコがびっしりと着いているではありませんか。ちょっと乾燥しかかったナメコと、分厚い肉厚のヒラタケです。これは採らないわけにはいきません。
 大収穫でした。山分けした一人分が、この量です。
b0013099_09534095.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-29 09:44 | ●登山 | Comments(0)
2017年 10月 02日
20171002 【登山】八方尾根・唐松岳
 1日、政局が風雲急を告げています。総選挙の真っ最中には、山に登っている暇がなくなります。それで思い切って、八方尾根から唐松岳を往復してきました。
b0013099_19345755.jpg
 上天気。秋の花々ももう終わりをつげ、冬の準備が始まっているような山の景色でした。天気が良かったせいか、親子連れ、それも小さな子どもがたくさん来ていました。すれ違った人が、「昨晩は、畳1枚に2人だった」と言っていました。
b0013099_19353064.jpg
 4時起きだったためか、扇雪渓を過ぎたあたりから、猛烈な睡魔が襲ってきました。ほんの数分、石に腰かけて休んだら、若干良くなりましたが、唐松山荘まで苦労しました。
b0013099_19360116.jpg
 山荘の回りは人だらけ。唐松岳の頂上も大賑わい。360°の展望を満喫しました。
b0013099_19362864.jpg
b0013099_19364387.jpg
 八方池に逆さに映る白馬連山は、はるか昔に出会って以来の再会でした。しばらく見とれてしまいました。
b0013099_19371325.jpg
 西の高い山に太陽が隠れると、八方尾根は急速に気温が下がってきます。それでもまだ、これから頂上をめざす人が、上がってきます。

 リフトを降り、黒菱の駐車場に停めた車に戻り、倉下の湯で汗を流して、帰宅しました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-10-02 19:37 | ●登山 | Comments(0)
2017年 09月 01日
20170901 【登山】塩見岳の記録
 いろいろあって、18日~20日に登った塩見岳の記録をやっとホームページにアップした。
 最近は、登ってから記録を整理するのに、時間がかかるようになったと思う。

【ホームページ】
8月18日 1日目-雨の中をひたすら三伏峠まで登る
8月19日 2日目-塩見岳登頂する
8月20日 3日目-ひたすら下山
【ブログ】
20170821 【登山】塩見岳


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-09-01 20:51 | ●登山 | Comments(0)
2017年 08月 21日
20170821 【登山】塩見岳
 18日から20日までの3日間、南アルプスのほぼ中央にある塩見岳へ、行ってきました。今から50年ほど前の信大上田山岳部の合宿で登って以来である。最近は、学生時代やそれに続く時代に登り、その後久しくご無沙汰していた山々に、無性に行きたいという思いに駆られている。これも歳の成せる業か?

 17日の夜半からの雨が18日朝まで残っていた。『しんぶん赤旗』の配達をしていた時はしばらくやんでいた。高速を走って長野県に入ると、だんだん雨はひどくなり、松本から先は、まさに豪雨。大鹿村の中心街から鳥倉ゲートに向かう林道は、もうライトが点灯するほどの暗さだった。

 18日は、鳥倉登山口から三伏峠小屋まで、ただひたすら登る。降りてくる人はまばら。追い越した人もなければ、追い越された人もない。まあ、この雨では仕方がないか。

 19日、まずは塩見小屋まで行く。午前中だが、宿泊手続きをする。それから塩見岳を往復してくる。

 20日、ただひたすら下る。何人も何人も、追い越していく。「無理しない。急がない」をモットーにしているので、当然そうなる。
 登山口から駐車場までがきつかった。緩やかな下りなのだが、「終わった」という気分だからかもしれない。
 松川インター近くの清流荘で汗を流して帰宅した。

【ホームページ】
8月18日 1日目-雨の中をひたすら三伏峠まで登る
8月19日 2日目-塩見岳登頂する
8月20日 3日目-ひたすら下山



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-08-21 23:12 | ●登山 | Comments(0)