<   2004年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2004年 08月 27日
20040827 大きく変わった『決算の概況』
 23日に受け取った決算資料を見て、いつもの「決算資料」が「決算資料(1)」となっていた。それならば「決算資料(2)」があるのだろうと探してみると、あった。B4版横で4つの常任委員会ごとにまとめられ、いずれも数十ページもの資料だった。
b0013099_081436.jpg

 中をあけて、またびっくり。今までの「決算資料」とは、大違いだった。何が違うかといえば、ページの上部に事業名や決算書の該当ページ、主管課などがあり、それに続いて、予算現額と執行額、財源内訳、繰越額、そして執行残額となり、執行残額の内訳が並んでいる。
 実は、昨年の9月議会、総務常任委員会で私は次のように、『決算概況』について要望していたのだ。
 「予算現額と執行額との差額が、『不用額』とされている。しかしこの差額は、職員が努力して節減した結果生じたもの、入札の差金など、本来プラスの成果として評価しなければならないものと、事業の企画が不十分で執行できなかったようなマイナスのものとが、ごっちゃになっている。本来、プラスのものは大いに評価しなければならないのに、こんなに『不用額』があると、非難されている。これでは職員のやる気を削ぐことになる。そうした評価ができるような形式に改めるべきだ。」
 その際、中川助役は、「おっしゃる通りなので、来年度の決算には改善して、反映させたい。」と、答弁していたものだ。それが、その通りに実行されたのである。

 さらに、【事業の目的・目標】、【事業の概要】、【事業の成果】、【事業の経過】、【今後の課題・反省点】、【執行残額について】などと続く。
 これも、「職員自らが、自分が携わった事業の執行状況がどうだったのか、評価するシステムが必要だ。そのことを通じて、大いに職員を励まし、事業の改善を図っていくべきではないか。」と求めていたものである。

 初めてのことだから、まだまだ不十分なところも見られるが、こうした試行が大切だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-27 23:55 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2004年 08月 26日
20040826 危険な交差点-③
 夕方、町内会長にばったり出会ったので、「危険な交差点」の、これまでの経過を話した。そうしたら、会長いわく、「そうなんだよ、あそこは危険でこれまでいくつも事故が起きている。隣の東本町4丁目に交通指導員がいるので、話しておくよ。早く改善されるといいね。」と。
 みんな心配していたんだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-26 21:06 | 市民の声など | Comments(0)
2004年 08月 26日
20040826 「新幹線の工事が始まると心配です」の声
 中田原の団地を縦断する形で、北陸新幹線が通ることになる。4月の市議選の際に、ここの住民の方から、「三交代勤務をしている。昼間寝ることになるが、新幹線の工事が始まると、騒音で寝れなくなるのではないかと心配している。」という声が寄せられていたことを思い出し、新幹線建設対策課の山野課長と市川副課長に、その旨話をした。
 こうした場合、建設業者(?)がいろいろ手当をすることになるらしい。もちろんその橋渡しは市が行う。他の地域ですでにそうした事例があるとも言う。
 この問題は、昨年行った現地説明会でも出されていたらしいが、具体的な手立ては取られていなかった。「これらの人たちは、今後一生新幹線と付き合わなくてはならないんだから、工事期間中の便宜をはかって欲しい」と要望した。
 「上越市内では一番移転家屋も多い場所なので、これまでも何度も説明会などを開いてきているが、あらためて出向いて要望を聞き、善処する。」とのことだった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-26 07:38 | 市民の声など | Comments(0)
2004年 08月 26日
20040826 危険な交差点-②
 20日、ある方から寄せられた「危険だ」と指摘された交差点について、市の防災安全課に改善をお願いした。小川副課長と笠原係長が応対してくれた。
 住宅地図を見ながら、「細い道から広い道路に出るんだから、やっぱり一旦停止にしないと」などと要望した。「カーブミラーの取付は、防災安全課でできるが、一旦停止は警察署の仕事なので、市からお願いするしかない」という仕事の分担だそうだ。「早速、現場を見てみましょう」ということになった。
 ついでといっては何だが、東本町総合庁舎線の北城町1丁目地内で、一方通行が解除された問題についても、市議選の際に、「危険になった」「怖くて歩けない」というお年よりの声を伝えた。「道路を拡幅するか、一方通行に戻すかしかないですね」とのことだが、いずれも大仕事だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-26 07:22 | 市民の声など | Comments(0)
2004年 08月 23日
20040823 いよいよ9月議会がはじまります
 今日23日、議会運営委員会が開かれ、9月議会の日程が決まり、議案書が配布された。
 580ページの決算書をはじめ、議案書、「提案理由の要旨」、決算意見書、さらには厚さが5㎝近くもあるB4判の「委員会資料」など、大きな紙袋に入れられて渡された。
 今日からこれらとの挌闘だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-23 17:36 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2004年 08月 23日
20040823 各派代表者会議
 今回の各派代表者会議の議題は、「地域自治組織を検討する組織の委員の選任について」である。
 法定合併協議会での協議、合併協定書で、「地域自治組織」については、「法改正があった場合、配置分合の議決後に協議する。」となっていたことから、8月4日に市町村長の会議が持たれ、そこで、「地域自治組織を検討する組織」を立ち上げることになったという。この組織の構成メンバーは、各市町村の首長と議会代表、一般市民各一人、合計52人で構成することとしたそうだ。それで、議会に対し、議会代表の選任をということになったという報告だった。
 この報告を受け、①議会としてこの申し入れを受けるかどうか、②受けた場合、誰を委員にするか、各会派に持ち帰って検討して欲しいというものだ。

 この議題の協議のために当初、合併検討委員会が召集された。しかし、こうした議会人事は、各派代表者会議で検討するのが、これまでの上越市議会の慣例だ。「おかしいな」と思った。
 18日の各派代表者会議で、石平春彦議員から、はからずも「おかしいのではないか」との提起があった。私はすぐにこれに同調し、各派代表者会議で行うべきだと主張した。政和ク、市民クが同調し、今日の各派代表者会議が開かれることになったものだ。
 合併に関するものだと、この間いくつも慣例などを無視してきているが、正常なルールのもとで進めるべきだと思う。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-23 17:28 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2004年 08月 22日
20040821 危険な交差点があるよ
 20日、ある方から次のような声が寄せられた。

 あなたの住んでいる東本町5丁目の交差点は、たいへん危険だ。
b0013099_0141282.jpg
 先日、車で北城町の方から東本町4丁目に向かってきて、この交差点で一旦停止した。左右を確認して、ゆっくりと発信した途端に、左手から来た車にぶつけられた。「何で一旦停止しないんだ」と抗議したら、「一旦停止じゃない」と逆に言われた。確認すると確かに左の方は一旦停止になっていない。
 南から来ると、東側は道も広いし雁木もあって見通せる。西は、狭く雁木もないので、確認のためにゆっくり出るんだが、運転席から見通せるようになるにはかなり前に出ないといけない。

 この十字路は、西から来る道が一番狭く、最後にできた道なのだが、何故か「止まれ」の標識がないのだ。そのため、西側から車が急に飛び出してきて、危険この上ないのだ。幸い、人身事故は起きていないのが救いだ。
 以前にも改善を求めたが、あらためて要求する必要がある。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-22 00:18 | 市民の声など | Comments(0)
2004年 08月 21日
20040821 「国営ではなぜいけないのですか」
 19日の夕方だった。「お客さんだよ」と、母が呼ぶので行くと、高校の同級生で諏訪郵便局の局長の寺田圭介氏だった。

 「郵政民営化に反対する陳情書を、議会に出してきた。採択されるようにお願いにきた。」という。日本共産党も「郵政民営化」には、反対の立場だ。

 寺田氏は、「国営ではなぜいけないのですか」という本を持ってきた。著者は、元全国特定郵便局長会会長で、現在上越商工会議所会頭である田中弘邦氏だ。
b0013099_23543619.jpg
 田中氏は、「はじめに--郵政民営化は『民』を切り捨てる過ちです!」で次のように述べている。
 「文化的かつ国民福祉の観点から社会基盤を支えてあまりある『郵政』が、はたして小泉総理の言う『民営化』でいいのかどうなのかの議論を、落ち着いて真剣に深めるべきです。」 まったくその通りだ。「はじめに民営化ありき」で世論をリードするマスコミの論調もまた大問題だ。
 「この間ずっと郵政改革論議の過程で『特定郵便局長』がサンドバッグのように叩かれ続けたことには、一OBとはいえ、その職に半生を奉じてきた者として座視できないところが残りました。」と、無念さを滲ませてもいる。
 「郵政民営化の論調・・・には市場原理による経済生産性(経済効率)の導入が錦の御旗として掲げられているようです。」「生産効率が低いという理由でもって、・・・地方町村や一般庶民の公共性を『切り捨て御免』とするのは、承服できません。」 まさにまさにその通りだ。
 「往々にして市場原理による経済生産性(経済効率)の追求は消費者の利害と反する方向に暴走しがちで、つまり市場経済は消費者保護の立場からは要監視の事項なのです。」 日本共産党は、「市場経済と計画経済の統一」を追求しているが、その際に「消費者保護の立場からの監視」は絶対に必要なことだと指摘されている。

 田中弘邦氏は、孔子の言葉を二つ引用している。
    過ちて 改むるに 憚ること勿れ   (あやまちて あらたむるに はばかることなかれ)
    過ちて 改めざる これを過ちという (あやまちを あらためざる これをあやまちという)

 最後に、「『経済の活性化』という名目でもって、・・・『最低限の公共性』を奪い、津々浦々に生活する国民を『国家のお荷物』として切り捨てるのが、はたして政治なのでしょうか?」と、疑問を呈している。
 田中氏と私とでは、置かれた立場も考え方も違うはずであるが、この著書に示された見解には共鳴するものがたくさんあるし、教えられたことも多い。

 上越市議会に出された陳情はおそらく採択され、上越市議会としての意見書が政府の関係省庁に送られるだろう。
 問題は、「田中弘邦氏などから出された陳情」だから採択するということではなく、この「国営ではなぜいけないのですか」に示された内容に共鳴して賛成するのかということだ。この書籍に述べられている思想は、今の市町村行政を真っ向から批判するものだし、それを推進している首長や議員を批判するものでもあるからだ。

 議論の行方を注視したい。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-21 23:49 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2004年 08月 21日
20040821 新しいプリンター
 今までCANONのレーザープリンターLBP720を使っていた。どこにも問題はないのだが、「そろそろ替え時かな」と考えていた。同社のホームページを見たら、「LBP3600」というのが7月に発売されたという記事が載っていた。仕様も値段も私の希望にぴったりなので、早速、岡庭商工(高校の同級生が社長をしている)に電話して、購入することにした。
 昨日(20日)、大きな箱が届けられた。暑さにめげず、入れ替え作業をした。ドライバーをインストールし、ケーブルを繋いでテスト印刷の「ステータスプリント」を出力する。みごとに成功。
 22p/分のスピードだからLBP720とは比べられないほどの速さに感動した。

 LBP720も、「欲しい」という引き取り手が見つかり、第二の人生を送ることになった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-21 22:57 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2004年 08月 19日
20040819 厳しい残暑が・・・
 台風15号が日本海を北東に進んでいる。この影響で熱い南風が吹き込み、厳しい残暑になった。37℃だとか。ここ数日、涼しい朝晩が続いていたから、この暑さは身体にこたえる。
 どこへいっても「暑いですね」があいさつだ。
 夕方帰宅すると、「台風15号接近に伴なう市の警戒態勢について」というFAXが届いていた。「9時30分、助役と関係課長による警戒対策会議を開催し、全庁挙げて警戒態勢をとることとしました。」とある。いいことだ。
 暗くなったころ、町内放送があり、町内会長が、「風が強いので気をつけてください。町内会館で待機しています。」といっていた。
 それぞれの人たちが、それぞれの部署で対策を強めるというのはいいことだ。
 それにしても「暑い」。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2004-08-19 21:33 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)