<   2005年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2005年 01月 27日
20050127 臨時議会と3月議会の日程内定
 視察から帰ってきたら、「第1回臨時議会及び第2回定例会の招集について」という文書が届いていた。
 第1回臨時議会は、2月18日午後1時30分から、1日の会期。
 第2回定例議会は、2月28日午前10時に召集される。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-27 00:53 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 01月 27日
20050126 総務常任委員会の視察-豊中市
 総務常任委員会の視察の最終日。大阪府豊中市で「まちづくり条例」について聞いた。

 「まちづくり条例」というと、一般的には「まず条例をつくって」ということになる。こういう一般的な発想とは違うのが、先進地の常だ。ここでも豊中駅周辺の何人かの住民が、発起人となって研究会を作り、行政との連携など試行錯誤してくる中で、「市民の活動を行政がどのように支援するか」とということから、この条例がつくられている。条例があとから付いて来ているということが大事な点だと思った。

 二つの質問をした。
 一つは、「先行した地域は、上に書いたように理想的に進んだと思うが、後発の地域については行政が主導してということにはならないのか」ということである。担当者は、「やはり後発になればなるほど、『行政は何をやってくれるの』ということになりがちです」と話していた。
 二つは、「このやり方だと目に見えた成果があがらないのではないか。そうすると議員などから、『どんな成果があったのか』などと追求されるのではないか」と聞いた。上越市議会ではこんなことが茶飯事だからだ。「それが悩みで、新年度から1名減員になります」といって、困った顔をしていた。いずこも同じ悩みを抱えているかと思った。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-27 00:10 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 01月 26日
20050125 総務常任委員会の視察--京都市
 京都市を訪れた目的は、「京町屋の保存」を通じて、高田の雁木をふくむ町屋をどう保存していくかということである。しかし、訪問した「ひと・まち交流館 京都景観まちづくりセンター」に大きな興味をもった。
 元小学校の跡地に作られたこの施設は、地下1階地上5階の建物だが、下部の交流施設のすばらしさもさることながら、最上階にショートステイがあり、4階には社会福祉協議会などが入っているというユニークなものなのだ。規模はこんなに大きくなくても、このような機能をもった施設が求められているのではないだろうか。
 「このセンターを建設するにあたって、地域住民がどのように関わったのですか。」と質問したのだが、答えは、「地域のみなさんには、十分説明をしましたし、周辺の方々には工事前に様々なお願いをしました。」「施設の一角に、地域住民が自由に使える部分を設けました。元のグラウンドは、元の学区の人達だけに解放されています。」との話だった。質問の意図が良く伝わらなかったようだ。

 京町屋の保存も興味をそそられた。現在の建築基準法に適合しないため、改築すればなくなっていく運命にある建物を保存しようというのだから、大変な話だ。住民の理解が必要だと思った。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-26 00:38 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 01月 25日
20050124 総務常任委員会の視察--高松市
 総務常任委員会の視察に出かけた。直江津発7:53発の特急はくたかに乗り、ほくほく線経由で東京へ。羽田空港から高松空港に飛んだ。昼もはるかに過ぎて、高松空港についた。

 「行財政改革」について調査するのがここでの目的。詳しい説明を受けた後、質問に入った。次のような質問をした。
 「行財政改革の大前提として、資料にあるように『歳入欠陥』があり、その改善のために、行財政改革を行おうということではないのか。平成15~16年度に基金を大幅に取り崩して対応しているが、17年度はもう限界のように見える。どうするのか。」と聞いた。
 「実際には『赤字』にはなっていないわけで、5%カットとか、10%カットとかやってきたが、それでは間に合わず、公共事業に手をつけざるを得ない状況だ。それも施工時期を延ばすというやり方では限界で、どの事業をやり、どれをやらないかという選択が迫られている。」ということだった。
 関連して、「そうすると、総合計画を見直さなければならなくなるのではないか。」と聞いた。
 「総合計画の中の一つの柱として『行財政計画』を位置付けている。総合計画は基本計画であり、実施計画はその都度立てていく。その段階で調整していくことになる。」
 「地域コミュニティとか、支所、出張所があるが、それぞれどんな機構なのか。」と聞いた。
 「地域コミュニティは公民館ごとに35ヶ所つくっていく。すでに20ヶ所ほど動かしているが、早くできたところとあとから発足したところで、格差が生じている。補助金などを出しているし、公民館などの管理運営をやってもらっている。」
 財政力指数が平成11年度で大きく落ち込んでいる。その原因か「中核市」になったことにあるのではないかと思われたため、「中核市になったのは何時か。」と聞いてみた。答えは、「平成11年。」ということだった。あたっているようだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-25 00:11 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 01月 18日
20050117 286項目におよぶ要望書を提出しました
b0013099_232822.jpg 1月17日、日本共産党上越地区委員会は、新上越市の2005年度予算に関わって、住民のみなさんから寄せられた286項目の要求を木浦市長に提出しました。内訳は、新市共通の要望が32￿項目、牧区14項目、吉川区100項目、頚城区29項目、旧上越市111項目です。小学生の殺傷事件が起きたことから、「暗いので街灯を」という要望がどこからも強く出されているのが、大きな特徴の一つです。そして、「除雪」に対する要望、「道路と側溝の改修・改良」が続きます。
 最初に私が、要望書を木浦市長に手渡して、概略の説明をしました。その上で、幾つかの要望項目について、各参加者が意見を述べました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-18 23:28 | 日本共産党 | Comments(0)
2005年 01月 16日
20050116 上越市内で積雪2.4mです
 合併で抱えた豪雪地帯。吉川区の最奥、上川谷に行って来ました。原之町では雨でしたが、下川谷ではミゾレになり、ここ上川谷では吹雪でした。途中、いくつもの雪崩の痕がありました。同じ上越市でも、今度はこんなにも違うのです。
 お年寄りばかりです。「昼前に除雪したんだけど、疲れて昼から休んでんのさ」
 さあ、どう対応するのですか。
b0013099_23212241.jpg

雪に埋もれる民家――吉川区上川谷にて(1月16日)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-16 23:18 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2005年 01月 13日
20050113 液晶ディスプレイ
 年末に発注しておいた液晶ディスプレイが、今日ようやく届いた。
 ショップの方でトラブルがあり、指定した品物が入荷せず、「代替品を」ということで、変更したら、すぐに届いた。
 このディスプレイは、とりあえず吉川の選挙で使って、その後は、妻のパソコン用にしようと思っている。昨日、重いCRTを吉川に運んだばっかりだった。もう一日待てば良かったと思うが、後の祭りだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-13 15:43 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2005年 01月 13日
20050113 住民監査請求
 「原信出店反対ネットワーク」の皆さんが、「住民監査請求」も視野に入れた運動をして行こうということで、その勉強会を行った。
 高島監査委員事務局長から、手続きについて聞き、今回の件で具体的な話を伺った。全国で土地開発公社がらみの住民監査請求が起きているが、いずれも「却下」されている。
 今後の運動展開について示唆を与える勉強会だった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-13 15:33 | 市民の声など | Comments(0)
2005年 01月 13日
20050113 積雪63㎝
 朝、JCVで高田の積雪が63㎝だといっていた。
 のろのろ運転で、戸野目小学校から家まで30分以上かかった。
 日中は、ミゾレみたいな雪が降ったりやんだりしていた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-13 15:27 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2005年 01月 12日
20050112 吉川の選挙応援
 連日、吉川の選挙の応援に行っている。暮れから毎日のように「橋爪法一と語る会」という懇談会をやっているのだが、そこに同席して、上越市の実態をお知らせしている。
 今日は、土尻という集落だった。区長は元助役。寒い荒れた夜だったが、31日まで町議だった人を含めて7人参加してくれた。20戸ほどの集落だからたいしたものだ。
 雪の夜なので、雪と除雪の話に花が咲いた。奥の川谷ではもう2mを越えたという。町の時なら災害対策本部が設置されているだろうが、吉川区になったらそんな話はどこにもないというのだ。隅々まで眼を行き渡らせるというのはこういうことなのだ。
 最後の小田順子さんの「しあわせみっけた」の朗読も良かった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-01-12 22:44 | 日本共産党 | Comments(0)