<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 30日
20050730 アニメ「あした元気になあれ」
 「あした元気になあれ」というアニメを観にいってきました。海老名香葉子さんの少女時代を描いた「半分のさつまいも」をアニメ化したものです。上越では、新日本婦人の会が中心になって実行委員会を組織し、17日に頸城希望館で、今日30日はリージョンプラザで2時と6時の二回講演でした。実行委員をしている妻の話では、2時講演には350人、6時講演には130人の参加者だったといいますから、大成功といえるでしょう。
 このアニメ、第二次大戦の終戦前後の東京が舞台です。「上映ニュース」に、「1945年3月10日、世界で最大規模の空爆をうけた東京」とありました。
 焼夷弾の雨、死者10万人、被災者100万8千人。米軍は工場などの目標をねらう精密爆撃から無差別爆撃へと変えていき、一回の空襲の被災者としては史上最大といわれています。日本の木造家屋用に開発された焼夷弾を、334機のB29で大火災を起こし、一夜にして焼き尽くしました。
 そして8月の広島と長崎への原爆投下です。ここでも数十万人の命が一瞬にして奪われてしまいました。
 アメリカはその後も「空爆」という無差別爆撃を繰り返しています。ベトナムをはじめとして、最近のイラクに至るまで、人間を虫けら同然に殺戮していく姿は冷酷そのものです。
 歴史教科書が問題になっています。「つくる会」の教科書が少しずつ採択されてきています。この教科書を執筆した人たちは、この戦争をこれでも「聖戦」というのでしょうか。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-30 23:56 | いろいろ | Comments(0)
2005年 07月 29日
20050729 『しんぶん赤旗』配達
 金曜日の午後は、市役所へ『しんぶん赤旗』の配達に行きます。この仕事は、私にとって、職員の皆さんといろいろな情報交換ができる貴重な機会です。
 議会の質問でよく、「そんなの課長にでも聞いとけよ」というようなことがあります。日常的に情報交換していれば、そんな質問はしないですむのです。情報交換の上にたって、「こうしたいんだけど」「こんなふうにできないか」と、問い掛けることこそが、本来の質問のあり方だと思うのです。
 こうした貴重な機会をもっと生かしていきたいと思っています。それにしても1時過ぎにはじめて、家に戻ると6時過ぎというのはきついといえばきついものがありますが。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-29 23:56 | 日本共産党 | Comments(0)
2005年 07月 29日
20050728 臨時議会
 28日、臨時議会が開かれました。主な議題は、6月末の豪雨災害の復旧に関わる補正予算です。総括質疑、討論ともになく、全会一致で採択されました。

 補正予算に関わって、13区選出の議員らから、「予備費の使い方がおかしい」という意見が出されていました。この日の総務常任委員会でも出されました。私は次のように発言しました。
 文教経済常任委員会で助役は、吉川の伐木に関して、「県では、補正対応しなくて良いお金があり、それで対応する」と答弁しました。上越市の予算の中にそのようなものがあるのかどうか。
 私は、予備費の性格上、現在の計上の仕方で良いと考えています。上越市の予算書を見ると他の市町村とは大きく異なっていて、事業別に詳細なデータが掲載されています。先ほどの話のように、款項などに予備費を設けるとなると、予備費という事業費を組まなければならなくなります。その方が不自然です。旧13町村の予算では事業費別に組まれていなかったと思います。例えば「13節委託料 1000万円」と計上されていても、何の事業の委託料なのかまで明記されていません。一見、余裕があり、自由度があるように見えるのだと思います。上越市の予算では、この1000万円の委託料が、各事業に分解されて明記されていますから、そこには余裕財源はないのです。したがって、補正を組むことになり、その結果として予備費が増減することになります。

 部長は先の質問者に「検討してみる」と答えていましたが、私は、「こうした上越市の予算の組み方を確認した上で検討していただきたい」と強調しておきました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-29 06:27 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 27日
20050727 寺泊町の有志が来越
 「寺泊町の将来を考える会」の高井健伍氏から、「上越市の地域協議会について教えてほしい」との話があり、一行5名で来られました。「新上越市での地域自治組織について」というレジュメを作成し、合併協議の経過など行政に用意してもらった資料とともにお話をしました。
 この会の人達に限らず、上越市の地域協議会やその選任投票について問い合わせてこられる人達に共通している問題があります。上越市の場合、まず地域自治区が設置され、その機関として総合事務所と地域協議会がおかれ、その地域協議会の委員候補について選任投票を行うということですが、この「まず地域自治区が設置され」がすっぽりと抜け落ちていることです。それで「地域協議会はどのようにしてつくられたのですか」という質問になるのです。
 「地域自治区の機関としての地域協議会」ということが抜けてしまうと、地域協議会の役割が見えてこないと思います。今回も、「地域自治をどう発展させていくか」という観点から、話をさせていただきました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-27 22:50 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 27日
20050726 祇園祭
 祇園祭が「上越まつり」に変わって久しい。今日は高田地区の最終日で、稲田橋から御座船で川くだりをするのだが、「台風接近」ということで、川くだりは中止になった。同様に当町恒例の「カラオケ大会」も中止に。
 東本町4丁目から受け継いだ八坂神社の神輿を担いだ。4時という時間にもかかわらず、いつもよりも多い担ぎ手が集まった。台風を追い払うかのような勢いで、町内を練り歩いた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-27 07:07 | ●町内会 | Comments(0)
2005年 07月 24日
20050724 第47回自治体学校
 7月22日から24日まで、金沢市で「第47回自治体学校in金沢」が開かれ、それに参加しました。この自治体学校は、自治体問題研究所が主催し、毎夏開かれています。私は、これまでこの時期いろいろな事情があり参加できませんでした。それで今回がはじめての参加です。橋爪法一、樋口良子両議員とともに参加してきました。新潟県からは、30名近い参加者があり、全体では1200名ということでした。
 私は、一つの目的を持って今回この学校に参加しました。それは、14市町村が合併し、あらたな自治の枠組み、特に住民自治をどう発展させていくかということを学びたいということでした。上越市では、地域自治区と地域協議会が設けられ、全国から大きな注目を集めていますが、これが地方自治をめぐる動きの中でどんな意味を持っているのかを知りたいと思っていたからです。
 この目的は、概ね達成することができたと思います。今回の学校は、本当に参加してよかったと思います。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-24 21:12 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 22日
20050722 自治体学校に行ってきます
 今日から金沢市で、「第47回自治体学校」が開かれます。これから出発します。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-22 07:55 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 21日
20050721 臨時議会の予定
 今日9時から開かれた議会運営委員会で、28日に臨時議会が開かれることが正式に決まりました。議題は、「大雨による災害復旧に要する経費の予算補正について」です。
 宮越前市長の時代には、補正予算を議会にはからずに「専決処分」にすることが多々ありました。「議会を召集するいとまがない」というのが理由です。ある時、専決処分した日の前後で、議員全員が議会に集まる議員懇談会が開かれていたことを指摘し、「いとまがないのではなく、臨時議会を開く気がなかったのではないか」と追及したことがありました。それからは、専決処分は条例で定められたものを除いてほとんどなくなり、臨時議会が開かれるようになりました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-21 21:48 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 21日
20050721 厚生常任委員協議会
 10時から開かれた厚生常任委員協議会での議論は、おおむね19日の議員団会議で協議したことが実行されました。「提案型」の質問に慣れないために若干の戸惑いもあったようですが、市の災害対策に一石を投じたといえます。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-21 21:43 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 20日
20050720 災害対策で市長に申し入れ
 6月28日の豪雨災害について、市長に災害対策について申し入れをしました。
 申し入れは、樋口良子議員が所要で参加できなかったために、私と橋爪法一議員の二人で行いました。応対したのは笠原博市民生活部長です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-20 21:23 | 市政の諸問題 | Comments(0)