<   2005年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 19日
20050719 議員団会議
 議員が三人になり、上野公悦事務局長も加えて四人で毎週月曜日に議員団会議を開いています。
 今日は、21日の厚生常任委員協議会に、6月28日に起きた豪雨災害について報告されるということから、どんな議論をするかということを協議しました。
①上越市議員団としてこれまで各部署に対してさまざまな提案をしてきたことから、それを生かした論戦にする。即ち、どんどん提案し、それが実際に実行されるようにする。
②提案をまとめて市長に申し入れをする。
 この中では特に、住民の現場の生の声を反映させることを重視することにしました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-19 21:32 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 18日
20050718 火打山
 信大山岳部で一緒だった同期のメンバーが集まって山に登ることにしています。昨年は春に私の選挙があり、7月は参院選、秋は知事選挙があったため、「次回は、2005年の7月」としていました。その登山を17~18日、火打山に行き、旧交をあたためました。当初の予定では、火打山から妙高山に登る予定でしたが、火打山だけに切り替えて登ってきました。近年見たこともないような花盛りの火打山でした。

 詳細はこちらをご覧下さい。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-18 23:04 | ●登山 | Comments(0)
2005年 07月 15日
20050715 年頃
 「年頃」といっても、定年など退職の年頃なんです。
 大阪に住むM氏から、「このたび○○会社を退社いたしました」という葉書が届きました。M氏は高知の出身で上田市の信大で学び大阪に就職しました。私よりも1つ年上ですが大学では1年後輩という関係です。卒業後一度も会う機会はありませんが、奥さんが上越市の人ということもあって、手紙のやり取りを続けていました。数年前に関東方面に転勤になっていたのですが、退職して「やっと大阪の自分の家に帰れました」と書かれていました。今の時代を象徴するような話です。

 信大山岳部で一緒だったK氏は、この春山梨県の高校教員を定年退職しました。K氏の発案で、山岳部の同期のメンバーが集まって山に登ることにしています。昨年は春に私の選挙があり、7月は参院選、秋は知事選挙があったため、「次回は、2005年の7月」としていました。17~18日に火打山と妙高山に行き、旧交をあたためる予定です。

 10月15日には高田高校同期の若水会の集まりがあります。卒業40周年になります。来年は還暦を迎えます。「還暦登山」という話もありますが、「年寄りの冷や水」にならなければという意見もあるようです。

 遠く過ぎ去った若き青春時代がなつかしい「年頃」です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-15 22:42 | いろいろ | Comments(0)
2005年 07月 15日
20050714 県に「災害対策強化に関する要望書」を提出
 14日、日本共産党上越市議員団の杉本敏宏団長、橋爪法一幹事長、樋口良子議員と上野公悦事務局長が新潟県庁を訪れ、「災害対策強化に関する要望」を行いました。これには五十嵐完二県議が同行しました。
 6月27日から28日にかけて梅雨前線が活発化し、上越市内では中山間地を中心に350㍉を超える集中豪雨が襲いました。この豪雨で、旧上越市をはじめ吉川区や柿崎区、大島区、浦川原区、頸城区など各地で住宅、道路、農地などに大きな被害をもたらしました。昨年の中越大震災、今冬の19年ぶりの豪雪に続く大災害です。とりわけ吉川区では、大規模地すべりが発生し、集落が孤立するなど重大な被害が発生しました。議員団では直ちに現地調査をするなど住民の安全と暮らしを確保するよう市行政に働きかけてきました。被災個所が県道や県管理の河川に集中していることから、このたび、新潟県に対して災害対策とすみやかな復旧を求める要望を行ったものです。
 土木部道路管理課では、主要地方道大潟高柳線川谷地内の地すべり被災地の早期復旧工事と、主要地方道上越安塚柏崎線の大島区板山集落と吉川区上川谷集落の間の除雪をは万難を排して実施することを要望しました。地すべり地の復旧が降雪期までに間に合わないことから、「上川谷集落が孤立しないよう、道路確保に万全の対策をとる」ことが確約されました。
 土木部河川整備課と河川管理課には、吉川や保倉川、戸野目川などの未改修部分の早急の改修を求めました。これらの河川被害が毎年のように繰り返されていることを重く見て、「できる限り改修を早める」との回答でした。
 議員団では、この結果を受けて、上越市に対して、あらためて災害対策の強化を申し入れる予定です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-15 07:15 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 11日
20050711 修学援助
 議員団会議が終わった後、教育部長と学校教育課長が控え室にきました。修学援助に関わって、樋口良子議員からの指摘があり、その説明のためにきたものです。
 樋口議員が指摘した問題の内容は、次のようでした。
 修学援助を受けることになった若いお母さんから、「手続きの用紙が突然送られてきて、修学援助金を学校の口座に振り込むことに同意せよと迫られた。」という訴えがあった。このお金は、保護者の口座に直接振り込まれるもので、おかしいのではないか。
 課長の説明は、次のような内容でした。
 滞納があったりした場合、学校に納入する給食費等の費用を学校の口座に分けて振り込むことができるということです。保護者と相談の上、学校口座への振込に同意いただけた場合にだけ、用紙を届けることになっています。
 行き違いがあったことは間違いありません。真相を良く調べることを求めました。同時に、学校口座への振込ではない方法の検討をお願いしました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-11 23:19 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 09日
20050709 憲法をまもろう
b0013099_1125498.jpg 憲法改定の動きが急である。今の憲法を守ろう、とりわけ第9条を守り、世界に広げようと、団体や個人が集まって「地域の会」をつくって運動している。
 「9のつく日には、街頭から訴えよう」ということで、12人で街頭宣伝に繰り出した。日本共産党の街宣車を借用し、乗り切れない人が乗用車で続いた。
 手始めは、四九市だということで大町4丁目の樫野せともの店前。「お騒がせします」といくと、店主の樫野さんに「街宣、久しぶりだね」といわれた。終わってあいさつに行くと、お客のお年寄りが、「9条だけは絶対守らんといけないよ」といっていた。こうした声がフツフツと湧き上がってきている。
 司会は上越地区労連の本間さん、弁士は参加者が入れ替わり立ち代わり。本町4丁目の大和前から南新町のアパートに回った。訴えていると、見覚えのある顔が近づいてきた。先日、生活保護を受け市営住宅に入居する手助けをした人だった。
 最後は、藤野新田のジャスコ横。車の通りは多いがとまって聞く人は皆無。「やっている」という宣伝にはなるが。
 午前中みっちり2時間の行動だった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-09 23:20 | 市民の声など | Comments(0)
2005年 07月 07日
20050707 ホームページを整備・拡充・強化
 この間、ホームページの下記の項目を整備・拡充・強化しました。引き続きご覧いただきますようお願い致します。

★上越市議員団ニュースと上越民報を News-site に移動しました。
上越市議員団ニュース
上越民報

★2004年度の政務調査費を掲載しました。

★「市政レポート」№85まで掲載しました。

★「議員の一般質問」に6月議会の質問者を追加しました。

★「各種情報コーナー」を整理・拡充しました。

★「市町村合併問題」の「日本共産党の取り組み」「主な動き」を強化しました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-07 22:52 | ●パソコンのこと | Comments(1)
2005年 07月 06日
20050706 ノウゼンカズラ
b0013099_11181839.jpg  外でカラスがギャーギャーとうるさいので窓から外を見ると、モクレンに絡みついているノウゼンカズラがオレンジの花をつけていた。わが家のノウゼンカズラは、例年だと人様の家の花が終わった頃、9月も遅くなって花をつけていたのだが。これも異常気象のせいだろうか。

 写真を撮ったので掲載しました。(2005.07.09)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-06 23:02 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2005年 07月 04日
20050704 地域協議会
 先日、ある県の党議員から電話がありました。「地域協議会について聞きたい」ということでした。
 いろいろ話をしていて気がついたことですが、聞いてこられるのは地域協議会のことだけなのです。そこでお話したのは次のようなことです。

 上越市では合併後の地域自治をどう進めていくかの議論をしてきました。今までの機構とは違った、住民自信の自治機構をどうするかということです。その結果、地域自治区を設けることになったのです。
 地域自治区の機構として、区総合事務所(一般的には支所)と区地域協議会を設けたものです。総合事務所を行政とすれば、地域協議会は議会に該当します。そういう枠組みで地域協議会を見ていく必要があります。地域協議会が独立して存在しているわけではありません。
 新しい「住民自信の自治」ということから、総合事務所には「区長は置かない」ことになりました。旧町村長が就任することが想定されたからです。地域協議会の委員候補を「選任投票で選ぶ」ことにしたのも、旧町村長や議員だけでなく一般住民が出やすくするためです。
 基本は「住民自治」ということです。地域でどう実現していくかの議論が大切かと思います。

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-04 22:59 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2005年 07月 03日
20050703 いもり池と妙高山
 昨日、上越市議員団と地域協議会委員の懇談会を妙高高原のボンネイジュで行いました。
 すばらしい夜明けでした。高橋剛氏、橋爪法一氏と三人で、いもり池へ写真を撮りに行きました。あとから橋本正幸氏も一緒になり、一周してきました。いもり池に映える妙高山が素敵でした。

 この時に撮った写真を掲載しました。(2005.07.08)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2005-07-03 23:19 | 日本共産党 | Comments(0)