<   2007年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

2007年 12月 31日
20071231 雪の大晦日
 早朝から、ブルドーザーの轟音が響いていました。「積雪10㎝を超えたら出動」となっていますから、10㎝は超えたのでしょう。「どの位、積もったのかな」と思いつつ、『しんぶん赤旗』の早朝配達に出かけました。10㎝を少し超えた程度でした。後輪のタイヤは先日パンクした際にスタッドレスに替えたのですが、前輪は夏用タイヤのままです。慎重に運転しました。
 子安新田の市営住宅の南側で開発が進められている民間商業地域で、立ち並ぶ街灯に降りしきる雪が照らされて、幻想的な景色をつくり出していました。
 朝食後、前輪もスタッドレスタイヤに組み替えました。天候は一日中雪が降ったりやんだりしていました。頻繁に雷が光り雷鳴が鳴り響いていました。
 午後、次女から電話がかかってきました。「長女のところへ行って、一緒に帰ってくる」というのです。越後湯沢から直江津までの指定席がどうしても取れず、新潟まで行くというわけです。
 二人が来たのは、日暮れ間近になってからでした。借りてある駐車場に入れようとしたのですが、途中で立ち往生してしまいました。重い雪が少し固まってしまったため、それを越せないのです。この辺なら大体四駆ですが、新潟に住んでいる長女の車はFFだったのです。雪の量も質も違うのですね。帰る時が心配ですから、私の宣伝カーを外に出し、長女の車を車庫に入れることにしました。
 久々に家族全員そろっての夕食になりました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-31 23:03 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2007年 12月 29日
20071229 釜ベイアンプ
b0013099_9445431.jpg 使っていないスピーカーが1対あります。これをなんとかパソコンにつないで見たいと、以前から考えていました。そんな折、メールの中に「釜ベイアンプ」というのがありました。
 12月11日に早速注文したのですが、「申し訳ございません。メーカー欠品中により、現在、1/中旬以降詳細未定となっております。メーカーの生産・在庫状況の変動により、納期が遅延する場合や、突然の生産終了等でお取り寄せができなくなった場合はご連絡いたします。」というメール。それでも良いということで、手配をお願いしていたものです。それが突然28日に、「商品発送のお知らせ」というメールが届いたのです。「半月も早くなったか」と思いました。
 正式名は、「鎌ベイアンプ(汎用デジタルオーディオアンプ、5インチベイ内蔵/外付け可能) SDA-1000 (サイズ)」といいます。
 本体の他にケーブル類が幾つか同梱されていました。説明書は6カ国の言語で書かれたペーパーが1枚だけです。コネクターにケーブルをつなぐだけですから、いいといえばいいわけですが。
 スピーカーの+-を間違わないようにつないで見ました。パソコンは、先日500GBのHDを入れたHiuchi(私がつけた愛称でLANの識別名になっていて、OSはWin2000、ビデオキャプチャーが付いている)に外付けです。Powerスイッチを押すと明るいLEDが輝きました。そして録画してあったNHKの「名曲アルバム」をPowerDVDで再生しました。
 迫力が違いますね。特に低音が良く響きます。夜は、ボリュームをグーーンと落とさないと近所迷惑になりそうです。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-29 23:56 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2007年 12月 28日
20071228 仕事納めの市役所
 今日は、市役所の仕事納めの日です。例年は29日なのですが、土曜日なので今日になったものです。
 午後、『しんぶん赤旗』の紙代が4人未集金になっていたので、「年を越させない」ようにと、集金に行きました。駐車場で、小林章吾議員と近藤彰治議員に出会いました。役所の中では、不要な書類等があちこちに積まれていました。きちんと「分別」されています。
 事務局にいくと、「体育課から問い合わせがきています」とのこと。しばらくして電話がかかってきました。26日に提出した「予算要望書」の件での問い合わせでした。「施設利用料が高い」ということについてです。「スポーツ施設だけでなく、すべての施設で、利用料の改定で使いにくくなったという声が寄せられている。サークルを解散したという話もある。今までどおり使えるようにして欲しいということだ。」など、要求の背景を話しました。
 折角市役所に行ったのですが、集金できたのは一人だけです。あとは不在なのでした。それで「何時ごろ戻るか」確認しました。いずれも「5時ごろです」ということです。
 「5時ごろ」再度、市役所に行きました。今度は二人の集金ができました。「年越しになるかと心配していたんですよ」といわれました。結局、一人だけ未収金で残ってしまいました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-28 11:19 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2007年 12月 27日
20071227 長井英世議員の葬儀
 24日亡くなった長井英世議員の葬儀が、稲田4の虹のホールで行なわれました。人柄を反映して参列者は200人を越えていたのではないかと思います。
 58歳というのは、まだまだこれからという年齢ですし、来春4月の市議選にむけて準備をしていたでしょうから、悔しかったにちがいありません。息子さんの話では、脳出血で倒れ上越病院に搬送。次第に意識がいなくなり、手術後は戻ることはなかったといいます。24日に急変して旅立ったといっていました。
 長井議員は農業の専門家として、議会の一般質問でも聞いていて本当に勉強になる質問をしていました。実際に行なっている農業に裏打ちされた質問は、迫力のあるもので、いつも感心して聞いていました。党派会派の違いを越えてもっと頑張ってほしい議員だったと思います。

 現職の議員の葬儀は、藤塚和生氏以来です。私が議員になってから二人目だと思います。議員になる前には、わが党の高橋実氏が忘くなっています。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-27 15:24 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2007年 12月 26日
20071226 新年度予算要望
b0013099_9574377.jpg 「2008年度上越市予算に対する要望書」を市に提出しました。上越地区委員会が例年行っているものです。阿部地区委員長を先頭に上越市議員団の4人と平良木氏のあわせて6人。市長応接室で中川副市長に阿部地区委員長から手渡しました。10人を超える職員が同席し、マスコミも数人、取材に来ていました。
b0013099_9581431.jpg
 「要望」項目は、市全体に関わるものと各区に固有のものに分け、全体で120項目を超える要求です。
 上野公悦事務局長、樋口良子議員、橋爪法一議員、平良木哲也候補がそれぞれ、要求項目について説明を付け加えました。最後に私の方から、「子どものインフルエンザ予防接種の費用に補助を」求めました。
 即座の回答はありませんでしたが、後日、文書回答があります。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-26 23:40 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2007年 12月 25日
20071225 日米共同訓練に異議あり
b0013099_101346.jpg 来年1月末から2月初めに、関山演習場を使っての日米共同訓練が行われます。「日米共同訓練反対上越地域の会」が、「中止をもとめる申し入れ」を行うというので、自衛隊高田駐屯地に同行しました。参加者は平和委員会の人など総勢11名になりました。マスコミには知らせてなかったようで、取材記者は来ませんでした。
 駐屯地の正門を入ってすぐ左に、面会所があります。いつものことですが、自衛官がやたらと写真を撮っています。狭い面会室はカメラを構えるにも苦労するほど、ギューギュー詰めです。高田駐屯地の広報担当は、男前で人当たりが良い自衛官です。嶋田五郎会長が「申し入れ」書を読むのを待って、神妙に受け取り、「上部に必ず伝えます」と答えていました。「申し入れ」は、「来る1月28日から2月8日まで予定している関山演習場、自衛隊高田駐屯地での『日米共同訓練』は中止すること」の1点のみを求めています。
 冬の積雪期における共同訓練が、「常態化」する気配です。以前は、新井市、中郷村、妙高村の話でしたが、合併で上越市そのものの問題となりました。社民系の団体との「一日共闘」が2月2日(土)に行われる予定です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-25 23:02 | 諸団体の活動 | Comments(0)
2007年 12月 22日
20071222 東本町5丁目励ます会の忘年会
 東本町5丁目励ます会は、15年前、市議補選に立候補した時に、町内の有志が集まってつくってくれた後援会組織です。略称は「杉本励ます会」です。
 暁光クラブの秋の懇親会の際に、私が今期限りでやめるということで、忘年会をやろうということになり、田中会長が尽力してくれたものです。「今後会合を持つこともないだろう」ということ、即ち最後の総会ということで、妻ともども出席しました。
 冒頭、ご挨拶をさせていただきました。何でやめる決心をしたか。今の市政が抱える諸問題。そして、これからも何らかの形で市政に関わっていくことなどを話しました。
 小さい時から一緒に遊んだ仲間が中心ですから、「やめる」となっても、忌憚のない意見が飛び交ってきます。小さい時から面倒を見てくれた少し年上の人たちは、容赦のない、しかし暖かい言葉が寄せられます。本当にこの町に住み、育って良かったと思いました。この人たちがいたからこそ、議員活動もできたし、何よりも私自身を育ててくれたのだと思いました。地元というのは、本当にありがたいものです。
 料理は食べ切れませんでしたが、お酒は飲み放題で、みんな上機嫌です。キャンドルさんありがとう、お世話になりました。年の順に三々五々、帰路についていくのですが、最後まで残るメンバーは、いつも決まっているのです。最後は、厚切りのトーストにマーガリンとジャムを塗って、コーヒーで流し込む。これがここでの「お決まり」です。

 12年前の市議選の時には、加藤誠一前町内会長が元気でした。励ます会の会長をお願いしていたのですが、病で倒れられ、今は闘病生活です。吉越達夫さんには副会長を願いしていたのですが、交通事故で亡くなられました。中村行雄さんは、「あわや」というところを、奇跡の生還をされ、今日も元気に来ていただきました。山本勉さんは、現副会長ですが、会うたびに、市政に対する厳しい意見や情報を提供してくれる勉強家です。判内副会長からは、「側溝の整備が終わっていない」と指摘されました。山本芳一さんは、選挙のたびに候補者カーの運転手を買って出てくれたのですが、今はもう故人です。坂田君も鉄工所を営みながらいろいろ意見を寄せ、励ましてくれたのですが、若くして亡くなってしまいました。一人ひとり書いていけば切りがないほど、12年間、支えてくれた人たちです。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-22 23:09 | 日本共産党 | Comments(0)
2007年 12月 21日
20071221 市教委との交渉--調理員民間委託で
 上越市の学校給食を考える会と市教育委員会との交渉が行われました。12月6日の「申し入れ」に対し、19日に「回答」があったのですが、その説明を聞くということです。

 教育部長の説明に対して私は次のように指摘しました。
 直営校だったら栄養士がいてもいなくても調理はできる。だけれど委託をしたところでは、栄養士がつきっきりでやらないとできない。不安がある。
≪学校給食についての経験がない≫
 経験がない人にやらせたら困るんだよ。
 民間委託でもちゃんとした給食ができるということでやるんでしょ。それなのに1年間もトレーニングをしなければならないとしたら、そんな委託は成り立たないってことですよ。やめた方がいいってことですよ。
 トレーニングしなければならないなんて、そんな期間を設ける必要はないんだよ。慣れていないからっていうのは、トレーニングそのものなんだよ。受ける前に訓練やってもらって、それから受けてもらわなくちゃ困るんですよ。受けてから訓練しますなんてんじゃ、ぜんぜん話が違うじゃない。受けたその日から直営校と同じようにできるようにしてしてもらわなくちゃだめなんでしょ。
≪1年間は派遣にする≫
 派遣を1年やるっていうんだけど、今年のやり方=最初から請負でやるというやり方はできない、間違いだということだよね。もし同じことをちゃんと4月1日からできるんであれば、派遣なんて期間を設ける必要がないでしょ。皆さん方が請負ではダメで、派遣期間1年つくらなければダメだってことは、この仕事は最初っから請負でやったら間違いを起こすってことを、皆さん認めたことになりませんか。
 そんな心配が全然ないんだとて言うことであれば、派遣なんて期間を設けずに、はじめっから請負でやればいいんでしょ。でも請負じゃできないんでしょ。
 皆さん、請負でやるっていって始めたんだから。最初に始めたこととは違う方法でやらないとできないってことになっちゃったわけね。1年やってみたら。
 請負という形態でやったらできないわけでしょ。だから派遣という方法にせざるを得ない。だから、最初から請負にしちゃうといろいろまた言われるかも知れないから、請負にはできない。
 できるんであれば、派遣なんかやめて最初から請負にすればいいんですよ。同じ方法でやればいいんで。自信があるんだったら、間違ってないっていう自信があるんなら。逃げ道つくってこそこそやるような、法の裏をかくようなやり方なんだよね、派遣というのは。請負でいろいろいわれるから、それを逃れるために派遣でやりますってのは。こういうのを「抜け道探し」っていうわけでしょ。普通は。そんな「抜け道探し」をしないで、はじめっから正々堂々と請負でやればいい。
≪派遣契約と請負契約≫
 派遣契約と請負契約は別でしょ。1年目の派遣の契約と2年目の請負の契約は別でしょ。2年目の請負契約は、随契でやるの。そんなわけにいかないでしょ。それは公募しなくっちゃ。そうすると、派遣で入っていた企業が、請負で必ず入れるとは限らないんだよ。
≪派遣会社とそのまま請負契約をするという発言に対し、「それは問題だからちゃんと調べてからにしないと」という指摘があって≫
 請負でダメでから派遣でっていうのは、もともと「脱法」的な手法なわけですよ。法律の中に入っているかも知れないけれど、「何か抜け道はないか」と探し回っている姿にしか見えないんですよ。
≪安定所の指導を受けてやっている≫
 ご指導はするさ、それは。何か道がないかって聞かれれば。キャノンだってトヨタだってみんなそうしてるわけだ。こういうことで偽装請負だっていわれたんだけどなんか方法はないかって、労働局だとかなんかに彼らだって相談するわね。そうしたら相談された方は、「こういう方法があります」っていうけど、いえばいうほど「脱法的」になっていくわけですよ。法の網をくぐっての方法しかなくなってくるわけ。最後はどうなるかっていうと、キャノンの御手洗さんのように、偽装請負にならないように法律を変えちゃえってなってくるわけだ。そうすれば「脱法」でなくなるから。
 法律を遵守する責任を負っている行政が、そういう民間の悪い風潮、法律の網の裏をくぐって、何かできる方法はないのかと探すという、そういう風潮に流されてもらいたくないんだよね、行政だけは。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-21 18:53 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2007年 12月 19日
20071219 学校給食調理員部会全員集会
 市職労の学校給食調理員部会全員集会が、夜の市役所402会議室で開かれました。学校給食調理員の民間委託について、意思統一するための集会です。
 この間、新潟労働局から「偽装請負」の指摘を受けていたわけですが、市教委の態度は、「偽装請負という不正な行為があったかのような誤解を与えてしまったことについて、お詫びする」というものです。そこには、指摘に対する何らの反省もありません。そして、「請負がダメなら、派遣で対応する」という、まさに法の網をかいくぐってでも「民間委託」の実績をつくろうとしています。
 直接かかわりがある調理員の皆さんの、不安と怒りが大きいのは当然です。
 こんな話が出てきました。
 配置基準がある。5校民間委託しても08年度で20~25人不足する。市教委は、正規職員は不補充とし、臨時で対応する予定だ。

 私は次のような発言をしました。
 皆さんのところに配られている資料にもありますが、市教委は「偽装請負という誤解を与えた」という認識です。でもこれは「誤解」ではありません。労働局が「誤解」して指導することなどありえないからです。市教委は「偽装請負」だと指摘され、それなら今度は「派遣」だといっています。遵法義務がある職員が、法の抜け道を探すようなことは許されません。上越市は、「食育」を推進しています。「食育」の中心は、学校では給食でしょう。それを民間委託して本当に「食育」が進められるのでしょうか。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-19 17:24 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2007年 12月 19日
20071219 玄箱PROの初期設定を試す
 DOS/V magazineの連載の切抜きを取り出しました。玄箱PROを扱う上でIPアドレスを固定にしておいた方が何かと便利だと書かれていました。そうかと思い、設定してみることにしました。準備として、コマンドプロンプトのショートカットをデスクトップに作成しました。
 そのコマンドプロンプトを起動して、次のように入力して現在のIPアドレスを調べます。
>ping KUROBOX-PRO
 IPアドレスが、「192.168.1.104」であることが判りました。これはDHCPサーバーが自動的に割り振ったもので、状況に応じて変わるので「不都合」だというわけです。さあ、続いてこのIPアドレスを固定値に書き換えです。書き換えるファイルを共有フォルダにコピーし、Windowsに戻ってTeraPadで書き換え、共有フォルダから元に戻すという操作です。

More
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2007-12-19 12:16 | ●パソコンのこと | Comments(0)