<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2008年 10月 31日
20081031 WinVistaの再インストール-6
 FireFoxのアドオンをインストールしなければならない。
 まずは、ウエブに表示される不要な広告をブロックするAdblock Plusだ。
 FireFoxの最新版は、Ver3.0.3である。「ヘルプ」の「ソフトウェアの更新を確認」をクリックすると更新してくれる。
 ThunderBirdも同様で、2.0.0.17にバージョンアップした。「アドレス帳」は、旧システムで「エクスポート」したものを、「インポート」した。フォルダ構造まで再現してくれた。「メッセージフィルタ」は作り直しになったので、「受信トレイ」のフォルダとともに一新した。「ツール」→「オプション」→「表示」→「タグ」で「重要」と「後で」を残して削除し、青い色の「保存済み」を作成した。保存したものにこのタグをつける。

 Googleのいくつかのサービスを設定しなければならない。すでにiGoogleやGmailは設定した。
 Google Desktopをインストールする。Googleのサービス一覧からダウンロードしてインストールした。最新版では「ガジェット」なども表示できるが、これはOFFにした。新システムに接続されているハードディスク内のデータ内を検索できる。
 画像管理ソフトPicasa(Ver2.7)をダウンロードしてインストールした。起動すると、「マイドキュメント等のみ」か「全部」かを聞いてくる。「全部」を選ぶ。データを読み込み始めた。
 Google Earthもインストールする。最新版をダウンロードしたところ、Google Updater.exeというファイルだった。実行してみた。内容からすると、アップデートしたものを探し出してアップしてくれるらしい。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-31 22:59 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 30日
20081030 上越市表彰式
b0013099_9472477.jpg 上越市表彰式が、ロワジールホテルで行われた。個人55名と4団体が表彰されたが、私もその一員に加えられた。上越市議会議員を3期12年務めると、表彰条例で「自動的」に表彰されることになっているらしい。

 式では、一人ひとり名前を呼ばれ、木浦市長から表彰状をうやうやしく戴くのである。欠席者もあったが、結構時間がかかった。最後に記念撮影をして終わった。

 表彰者の中には、見知った顔がいくつもあった。一緒にやめた議員はもちろんである。元市議の茨木實氏が選挙管理委員会委員として表彰されていた。以前市の嘱託で課長を勤めていた中戸正子さんが文化財調査審議会委員として、いろいろな相談でお世話になった民生委員の大滝時司氏、産業廃棄物処理場問題でがんばった茶屋ヶ原の青木不二夫町内会長も表彰された。
 休憩時間中に故小柳一彦氏の奥さんに声をかけられた。表彰された団体の代表として来ておられたのである。少し前に足を悪くしたとかで、杖をついていても歩行が困難そうで、介助の人が手助けしておられた。

 JCVの記者が、「感想とこれからの抱負を聞かせてほしい」といってきた。「他の方々は、それぞれ実績もあって、これからの抱負もお持ちだと思います。私の場合は、議員を引退したので、(表彰の対象となった)議員としての抱負はありません。これからさらにがんばろうという方々に聞いた方がいいでしょう。」と、お断りした。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-30 23:43 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2008年 10月 30日
20081030 WinVistaの再インストール-5
 今日最初の仕事は、DiskMirroringToolをインストールすること。その名のとおり、あるディスクから別のディスクへファイルをコピーするツールだ。その際、新しいファイルと更新したファイルだけをコピーしてくれる。D:→G:とG:→D:それにD:→Z:(\\HD-HGLANE2Eのshare)の設定をした。D:→G:の設定で、誤ってMilloringにしてしまったため、「新しいハードディスクへのWinVistaの再インストール」ファイルを消してしまった。大失敗。幸い、プリンターのテストで印字したものが残っていたので、後でスキャナで取り込んでOCR処理することにした。そのためにもスキャナをインストールしよう。

 CANOSCAN3000Fのドライバー類とeTypistをインストールする。なぜかScanGearが英語表示になっている。Vista用にバージョンアップしたが変わらない。
 eTypistのアップグレードをする。これは簡単に終了した。起動してみると、「更新プログラム」がある旨の表示がされたので、更新した。

 Brotherの複合機、MFC-480CNで受信したFAXをパソコンに転送していた。この設定を行う。付属のCDを挿入して、Presto! PageManager 7.18をインストールした。終了と同時にうまい具合にFAXが入ってきて、受信のテストができた。OK。

 以前のInternetExplorer(IE)は使い勝手が悪く、ずっとMozilla Firefoxを使っている。Ver 3.0をインストールする。Gmailを表示させる。OK。iGoogleと小生のブログを表示させ、これらをブックマークした。
 メーラーもOutlookではなく、Mozilla Thunderbirdである。Ver 2.0をインストールする。「アカウントの設定」で「sugimo-t@joetsu.ne.jp」を設定していて戸惑ってしまった。でもよく考えてみたらこの設定は必要なかったのだ。というのは、「sugimo-t@joetsu.ne.jp」に届いたメールは、直ちにGmailに転送するようにしてある。転送容量に制限がないので、大きなファイルが添付されてきてもサーバーがいっぱいになることはない。その上、Gmailの強力なセキュリティ機能を使えるなどの利点もある。問題は閲覧機能が貧弱なことで、そこでGmailをThunderBirdで閲覧するようにしてある。「迷惑メール」は、Gmailでブロックされて、Thunderbirdには表示されない。
 Gmailの設定は簡単である。「アカウントの追加」を押すと表示される「アカウントの種類」で、「Gmail」にチェックを入れて「次へ」を押すだけでよい。後は、「終了時にごみ箱を空にする」をチェックし、「HTML形式でメッセージを編集する」のチェックをはずす。「迷惑メールの学習フィルタを有効」にし、「迷惑メール」は「迷惑メールフォルダ」に移動するようにし、それらは「4日後」に自動的に消去される。「開封確認」は「開封確認は一切返送しない」設定にした。迷惑メールを不用意に開封した時に、開封確認が返送されると生きたメルアドであることが知られてしまうのを防ぐためである。そして、Gmailを「既定のアカウントに設定」した。

 やはりWordやExcelがないと不便なので、Office2003をインストールする。これもアップデート版なので、途中で「前バージョンの確認」を求められる。細かな設定は後日行う。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-30 22:17 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 29日
20081029 WinVistaの再インストール-4
 IMEの設定を変えないと入力に何かと不便だ。「ツール」から「プロパティ」を開く。「全般」タブで、「かな入力」に変え、「テンキーからの入力」を「入力モードに従う」にする。「変換」タブでは、「句読点・・・」にチェックを入れ、全ての記号をチェック。「送りがな…」は「通則」に。「候補一覧・・・」では「半角」と「ローマ字」のチェックをはずす。「辞書/学習」タブでは、「ユーザー辞書」を「D:\DATA\DIC\imjp10u.dic」に変更する。こうしておくと今回のようにハードディスクを更新した時にもそのまま使える。「システム辞書」の「追加」ボタンを押して、「D:\DATA\DIC\」にある2007年版の個人辞書を登録した。これで上越地域の地名や山の名前、登山用語、行政用語、短縮入力などが使えるようになる。ためしに「ひえ」で「東本町5丁目」、「じゅうしょ」で「上越市東本町5丁目1番38号」に変換されることを確認した。

 安全確保が第一であるから、ウイルスバスター2009をインストールする。
 インストールソフトを起動すると、ネットを通じて必要ファイルをダウンロードし始める。シリアル番号の入力を求められる。「会員契約更新はがき」に記されているのでそれを入力する。問題は「パスワード」だった。どこにも書いたものがない。別のPCで読み出して入力し、無事インストールは完了した。
 「メイン画面」を起動すると、「保護されています」と表示されているが、当然のことながら、「前回の検索」は「実行されていません」だ。「検索」は時間がかかるので、「アップデート開始」ボタンを押す。すぐに「最新版です」と表示され、終了した。
 「迷惑/詐欺メールの判定」「有害サイトの規制」「個人情報の保護」が「無効」になっている。「迷惑/詐欺メールの判定」と「個人情報の保護」を「有効」にした。
 デスクトップに残ったインストール用ファイルを削除した。

 LHACAをインストール。

 MenuBarNinjaを起動する。通常は隠れていて、マウスカーソルが画面の上端にくると表示されるラウンチャだ。Uti1フォルダにあるものをダブルクリックする。一応データを今日の日付でエクスポートしておく。

 同じUtilにあるScheduleWatcherも起動する。スケジュール管理の予定表である。元のデータが全てそのまま引き継がれる。
 Uti1にあるソフトは、レジストリを使わないものなので、インストール作業をしなくてもそのまますぐに使える。そのことを反映してそれらは、MenuBarNinjaのアイコンがすでに有効になっている。
 これら二つは、「スタートアップ」にショートカットを登録した。これでWindowsの起動とともに立ち上がる。

 Adobe Acrobat 8 Standardをインストールする。アップグレード版なので、旧版のシリアルナンバーの入力を求められた。インストールが終わると自動的に「認証」が行われた。「起動時の説明」は表示しないようにした。「UpDate」のチェックが行われ、ダウンロード、インストールが行われた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-29 22:11 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 28日
20081028 WinVistaの再インストール-3
 元のシステムに戻して、以前「Adobe」から無償でもらった2.5inchの外付けハードディスクをUSBに接続し(Gドライブ)、フォーマットした。そこに、DドライブのデータをFireFileCopyで転送した。データがバックアップされたと同時に、新しいシステムで既存のデータを使える環境が整った。
 新システムに繋ぎ替え、再起動すると、いくつかのドライバーが読み込まれ、2.5inchの外付けハードディスクはGドライブ、USBメモリはHドライブとして認識された。

 「オーディオ出カデバイスがインストールされていません」ので、無音。セキュリティソフトがインストールされていないのに、ネットに接続されているので、不安ではある。

 DドライブにGドライブからいくつかのデータをコピーして、「TeraPad」と「FireFiIeCopy」をインストール。あと「LHACA」をインストールすれば、最低限の仕事はできる。
 「TeraPad」の初期設定を行う。

 Gドライブの全データをDドライブにFireFileCopyでコピーするように設定して今日の作業は終わりとした。転送するファイル数は、131873個。ファイル容量は約80GBである。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-28 23:05 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 28日
20081028 真っ白な妙高連山
 『しんぶん赤旗』の早朝配達の時、妙高山、火打山が真っ白になっているのが見えた。今年2回目の降雪だ。紅葉も終わり、冬がそこまでやってきている。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-28 13:01 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2008年 10月 27日
20081027 WinVistaの再インストール-2
 WinVistaは、ハードウェアの添付品として購入したWindowsXP MediaCenterEdition 2005のアップグレードで入手したものなので、このCDを入れて起動してみた。インストールソフトは動くのだが、再起動のところで止まってしまう。
 現在のシステムは、Win2000からアップグレードしていたことを思い出した。Win2000のインストールを試みたのだが、うまくいかない。WinVistaで領域確保したハードディスクにはインストールできないようだ。Win2000では、138GBまでしか認識しないので当然かもしれない。それでいったん元のシステムに繋ぎ変えて、このハードディスクの領域確保をして再フォーマットした。その上で、Win2000をインストールした。
 138GBの領域が確保されていた。そこでPartitionMagicをインストールし、領域を100000MBに縮めた。他には何もソフトをインストールせずに、WinVistaのCDを挿入してみた。インストール画面が起動し、インストールが始まった。
 ProductKeyを入力すると今度は、「アップグレードできない」旨のメッセージが表示され、「上書きインストール」が促された。OKを押して先に進んだ。インストールが始まったので、「時間がかかるだろう」と思い、放置して違う仕事をすることにした。
 しばらくして戻ると、WinVlstaのインストールは終わっていた。まずはめでたしめでたしである。デスクトップには、「ごみ箱」しかない、まったくシンプルな画面である。
 旧システムでは、マルチブートにしたので、Win2000とWinVistaのどちらを起動するかという画面が現れたが、今度はそれがない。

b0013099_80198.jpg 320GBのハードディスクを有効に使うために、新たに二つの領域を確保する。左下の「スタート」ボタンを押し、その中から「コントロールパネル」を開き、「システムとメンテナンス」から「管理ツール」を選択する。その中に「コンピュータの管理」というのがあるので、これを開くと「記憶域」に「ディスクの管理」がある。起動する。「ディスク0」に、WinVista(C:)として97.65GB(100000MB)が確保されている。空き領域に160000MBのDATA領域(D:)を確保し、残りをWork領域(E:)にした。ちなみに、DVDドライブがF:、外付けHDはG:、USBメモリーがH:になっている。

 私は、MyDocumetsは使わず、Explorerを使うので、「スタート」ボタンを押し、「全てのプログラム」→「アクセサリ」から、「エクスプローラ」を選んで、デスクトップにショートカットを作成した。これで快適にファイル操作ができる。

 読み込んだ画像を元のイメージのままで縮小させるソフトSmaHeyをインストールした。

 日常の仕事があるので、元のハードディスクに切り替えた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-27 23:05 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 26日
20081026 新しいハードディスクへのWinVistaの再インストール-1
 新しいハードディスクへWinVistaを再インストールすることにした。「アップグレード版」であるため、簡単にはいかなかった。
 既存のハードディスクのSATAケーブルをはずし、新しいハードディスクのケーブルと電源コードを接続する。ドライブに「アップグレード」CDを挿入して、電源スイッチを押してみた。
 インストーラは起動したが、ProductKeyを入力すると、「前のバージョンからインストールしてください」という旨のメッセージが表示され、そこで止まってしまった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-26 22:56 | ソフトインストール | Comments(0)
2008年 10月 25日
20081025 伯父の見舞いに
 母の兄が、手術をして入院している。母とともに見舞いに行ってきた。
 元気だった。「明日、退院する」という。

 伯父の話では、88歳という高齢でもあり、医者からは「どうするか」といわれたという。当然のことだ。「やってください」とお願いしたのだそうだ。「手術の翌日から『歩け』っていうんだもんな」とも話していた。今の医学ではそうらしい。
 声が少しかすれてはいたが、顔色もいいし、安心して帰ってきた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-25 22:59 | 家族・家事 | Comments(0)
2008年 10月 24日
20081024 一服状態
 県知事選挙が終わって、総選挙の日程が決まらないことから、「一服状態」に陥っている。どうするかということで、打ち合わせをした。

 6区での立候補を表明したはしもと候補を大いに活用する必要がある。「組み行動」と「お茶の間座談会」を計画することにした。弾みをつけるために、県知事選挙の結果報告を兼ねて、1~3日に「後援会ニュース」を届ける大作戦に取り組むことにした。29日にその準備をする。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-10-24 22:56 | 日本共産党 | Comments(0)