<   2008年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2008年 11月 30日
20081130 遊歩会の忘年会
 4時から遊歩会の忘年会でした。男25、女28の53名の参加でした。
 遊歩会は中高年のハイキングクラブです。今年は5回の計画がありました。
 4月 謙信の道ハイキング
 6月 鼻曲山
 8月 日光白根山と戦場ヶ原
 9月 乗鞍岳と焼岳
10月 浅草岳
 5回全てに参加した人が9名、4回が20名、3回が28名、2回32名、1回30名、0回が42名という状況でした。ちなみに私は3回でした。最初と最後に参加できず、中3回ということです。
 子育てではなくて「孫守り」で参加できないときがある、という話が出てきました。(若い人なら「仕事が忙しくて」となるのでしょうが)それがかなり切実なのです。「土日なら親がいるけど」となるわけですが、50人も泊まるとなると、土曜はなかなか取れないというのも実態なのです。
 「来年行きたい所」という問いに、「信越トレイル」という声が何人かから出てきました。地元の山でもあり、当然かなとも思いました。ただ80Kmもありますから、例えば春夏秋と分けて踏破するとか、2年がかり3年がかりでとか、やり方を考える必要があります。でもぜひ実現してもらいたいものです。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-30 23:47 | ●登山 | Comments(0)
2008年 11月 30日
20081130 雨の中、伐採枝を運ぶ
 昨日の小春日和とは打って変わって、朝から雨です。それでも「剪定枝無料回収」は、今日と7日の二日だけです。7日は「財政分析講座」で不在ですから、どうしても今日やるしかありません。
 お願いしていた軽トラを借り、近くの駐車場を通してもらって、家の裏に回りました。雨は衰える気配がありません。軍手はすぐにビショビショ。握っただけで水が滴り落ちます。2/3ほど積み込んだら、いっぱいになってしまいました。思ったよりもいっぱいありました。それで2回に分けることにして、まず積んだ分だけを運ぶことにしました。
 回収場所にはすでに2~3台の車が来ていました。そしてその前にはかなりの量の木や枝が積み上げられていました。担当の人に挨拶して、その上にさらに積み上げてきました。
 残りの枝を積み込んで、もう一度行きました。今度は回収車が来ていて、重機で積み込み始めていました。裁断してチップ化し、再利用するのだそうです。敷き詰めると雑草が生えず、クッションも良いそうです。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-30 23:09 | 家族・家事 | Comments(0)
2008年 11月 29日
20081129 システムユーザー辞書を作成する
 何日か前から、ユーザーシステム辞書をつくっています。日常的に「辞書登録」しているのですが、年に一度、それらを統合してユーザーシステム辞書をつくるのです。
 その方法を以下に記します。

1.ユーザーシステム辞書のチェックをはずす
① 「辞書のプロパティ」を開く。
② 「辞書/学習」タブの「システム辞書」に登録されている「ユーザーシステム辞書 xxxxxxxx」のチェックをはずす。
③ 「辞書のプロパティ」を閉じる。

2.ユーザー辞書に登録されている単語を調整し、テキストファイルとして書き出す
① 「辞書ツール」を開く。
② 「ツール」→「テキストファイルで削除」で、前回作成したテキストファイルを使って重複分を削除する。
③ 「ツール」→「一覧の出力」で、ユーザー辞書に登録されている単語を「WorkDic\output1.txt」として、書き出す。

3.「WorkDic\output1.txt」をExcelに読み込み、Excelファイルとして保存する
① 「WorkDic\output1.txt」を開き、冒頭の辞書ヘッダーを切り取り、これを「DicHeader.txt」として保存する。
② ヘッダーを取り除いた残りを上書き保存する。「WorkDic\output1.txt」は、タブ区切りのCSVファイルなので、Excelに読み込める。
③ Excelに読み込み、Excelファイル「WorkDic\output1.xls」として保存する。

4.ワークシートを作成し、データを整理する
① このページを複製(ワークシート)し、こちらを作業用として使う。
② ワークシートを「品詞」で並べ替える。
③ 違っている「品詞」を訂正し、再度並べ替える。
④ 単語の説明をできる限り書き加える。

5.ワークシートのデータを各ファイルに配分し、読み込み用テキスト(CSV)ファイルを作成する
① 「登山辞書」フォルダの「Tozan.xls」には、「登山用語」「山岳名」「動植物名」「Tozan」のシートがある。「WorkDic\output1.xls」のワークシートから登山にかかわるものを抽出して、それぞれのシートに移動する。
② 「ふりがな」で並べ替え、ダブリをチェックし、必要な修正を加える。
③ 「Tozan」シートを削除し、「登山用語」「山岳名」「動植物名」を統合して新たに「Tozan」シートを作成する。
④ 「ファイル」→「名前をつけて保存」を選択し、「ファイルの種類」を「テキスト(タブ区切り)(*.txt)」にして保存する。
⑤ 「Tozan.txt」をエディターで開き、保存しておいた辞書ヘッダーをファイルの先頭に挿入する。この時、ヘッダーと本文の間を1行空ける。
⑥ 同様に「地名辞書」フォルダの「Chimei.xls」(「地名-上越市」「上越市の施設」「地名その他」)を調整して「Chimei」シートを作成する。「JChoumei.xls」は、上越市の町名なので、そのままにしておく。
⑦ 「人名辞書」フォルダの「Jinmei.xls」(「姓名」)を調整して「Jinmei」シートを作成する。
⑧ 「一般辞書」フォルダの「Ippan.xls」(「自立語」「日本共産党」「諸団体」「行政用語」「その他」)を調整して「Ippan」シートを作成する。
⑨ 「Chimei.txt」「JChoumei.txt」「Jinmei.txt」「Ippan.txt」を作成し、ヘッダーを挿入する。

6.システム辞書を作成する
① 「辞書のプロパティ」を開き、「ユーザー辞書」の「辞書名」を「imjp10u-1.dic」に変える。
② imejpusr-1.dicが新規作成される。「辞書のプロパティ」を閉じる。
③「辞書ツール」を開く。「単語の一覧」が、空欄であることを確認する。空欄でない場合には、上記「①」に戻り、「ユーザー辞書」の「辞書名」を変える。
④ 「ツール」→「テキストファイルからの登録」で、「Tozan.txt」「Chimei.txt」「JChoumei.txt」「Jinmei.txt」「Ippan.txt」を読み込む。
⑤ 「ツール」→「システム辞書の作成」で、「WorkDic\MyDicxxxx.dic」として、ユーザーシステム辞書を作成する。
⑥ 「辞書のプロパティ」が開くので、次のデータを入力する。
  辞書名   ユーザーシステム辞書 xxxxx年版   (xxxxは作成年)
  著作権   杉本敏宏  上越市東本町5丁目1番38号
        TEL 025(524)3787  FAX 025(524)3832
        t-sugi@joetsu.ne.jp
  説明    この辞書は、ユーザー辞書に登録した単語により作成したユーザーシステム辞書です。

⑦ 「ツール」→「一覧の出力」で、ユーザー辞書に登録されている単語をMyDic.txtとして、書き出す。
⑧ 「辞書ツール」を閉じる。

7.システム辞書として登録する
① 「WorkDic\MyDicxxxx.dic」を「Data\Dic\UserDic\MyDicxxxx.dic」にコピーする。
② 「辞書のプロパティ」を開く。
③ 「システム辞書」に「D:\Data\Dic\UserDic\MyDicxxxx.dic」を登録する。
④ 「ユーザー辞書」の「辞書名」を「imjp10u.dic」に戻す。「単語の一覧」で全てを選択し、「編集」→「削除」で全てを削除し、空にする。
⑤ 「辞書のプロパティ」を閉じる。

8.作成した辞書を保存する
① 「UserDic」ディレクトリに「xxxxxxxx」(xxxxxxxxは作成年月日)ディレクトリを作成する。
② ここに、作成した辞書をコピーする。

※今回作成した辞書は、約608KB、約4500単語でした。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-29 23:10 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2008年 11月 28日
20081128 「パソコン関連」のリンク作成
 ホームページを少し変えて、「パソコン関連」のリンクを作成しました。このブログの記事へのリンクです。とりあえず三つつくりました。

 WindowsVistaの再インストール(http://web.joetsu.ne.jp/~t-sugi/pasocon/winvista/winvista.html)
 EeePC901X(http://web.joetsu.ne.jp/~t-sugi/pasocon/eeepc901x/eeepc901x.html)
 C++Builder(http://web.joetsu.ne.jp/~t-sugi/pasocon/cppbuilder/cppbuilder.html)
 順次項目を増やすとともに、記事も充実させていきたいと思っています。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-28 22:18 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2008年 11月 26日
20081126 くびき野地域問題研究会
 くびき野地域問題研究会の活動を軌道に乗せようと、会員に集まってもらいました。
 私の方から「日常的な調査・研究活動について、基本的な会組織のあり方についての提案」をしました。「くびき野研は、県内でも早い時期に組織されたが、期待された役割を果たしきれていないのが現状である。主要な原因は、①日常活動がないこと、②単発的なイベント(講師を呼んでの学習会)だけの活動になっている、ことにある。」この改善を図りたいということです。

 具体的に二つの提案をしました。
 一つは、現状では「規約」「会則」というものがないので、最低限必要なものを整備する必要があるということです。「年一回の総会」「随時開く運営委員会」「毎月一回の定例会・勉強会」「会報の発行」などです。
 二つ目は、「定例会」の持ち方です。「当面は、杉本が十日町の講座で学んできたことを土台に、上越市財政の分析講座「上越市の財政ってどうなってるの」(仮称)を行う。」ことが了承されました。「1月~6月の6回講座とし、会員外にも参加を呼びかける。」というものなので、これからの準備が大変です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-26 23:10 | 自治研の活動 | Comments(0)
2008年 11月 24日
20081124 直江津でも並行在来線を守る会を
 並行在来線を守る三市連絡会では、これまで糸魚川市、妙高市(妙高高原)に地域の「守る会」を立ち上げてきました。「今度は上越市に」ということです。
 上越市といっても、高田と直江津では課題も取り組み方も違うので、「別々に」ということになりました。それでまず直江津につくろうということで、動き始めました。10月の幹事会で「発起人・賛同者」に名を連ねてもらう人たちの名前を出し合いました。それを分担して今、個別に折衝しているのです。これまでにたくさんの方々から「いいよ」「いっしょにやりましょう」という返事をいただきました。
 今日は、28日の「発起人・賛同人会議」の打ち合わせがありました。そして引き続き発起人を増やして行こうということになりました。明日早速、私と高橋氏で何人かにあたることになりました。28日の会議で、「準備委員会」を立ち上げ、1月末か2月に正式に発足させようという計画です。まずは28日の会議を成功させることが大事です。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-24 22:42 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2008年 11月 24日
20081124 切った木の始末
 ここのところ、午前中は小春日和の陽射しがありながら、午後は雨という日が続いています。今日もそんな雲行きでした。
 それで午前中は、先日伐採した月桂樹の後始末をしました。なにしろ通路いっぱいに広げてありますから、このままにしておくわけにはいきません。30日の収集にも間に合わせなければなりません。
 先日は全部60cmほどに裁断してしまいましたが、太さ長さを見て「囲い」に使えそうなものは裁断しないことにしました。隣の人が出てきて、「がんばってるね」と声を掛けてきました。「月桂樹だから燃すといいにおいがするんだけど、燃せないしね」などと。暖かい陽射しだからこそです。
 のこぎりも力が入りますが、なたはもっと力が入ります。全部裁断し終わると結構疲れました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-24 22:17 | 家族・家事 | Comments(0)
2008年 11月 23日
20081123 「地域自治区を語る会」
 市主催の「合併前上越市における地域自治区を語る会」が、雁木どおりプラザで開かれたので、参加しました。冷たい雨が降っていましたが、100人ほど入る6階のホールは満員でした。私が掛けた席の前には、年配の二人の女性がいましたが、ザッと見て、「参加者も多彩になったな」と思いました。
 木浦市長のあいさつ、というよりも「導入への決意表明」とでもいった方がよい話は、いつになく力がこもっていました。スライドを使った職員の説明は、昨年の説明会の経験が生かされているようでした。
 何よりも良かったと思ったのは、大潟区と三和区の委員二人と記者との対談でした。本当はそれぞの協議会を実際に見てもらった方がいいのですが、そうはいきません。そこで委員の話を直接聞く場を設けたのだと思いますが、その試みは成功したのではないでしょうか。
 質疑ではあまり多くの質問は出ませんでした。
 終了後、二人の協議会委員に、ねぎらいの声を掛けました。

 午前中、かねて予定していた「党押し出しパンフ」を新町の住宅地に3人で配りました。午後の雨なんか予想もできないような陽射しでした。
 待ち合わせ場所にした市民プラザで教育関係の展示をしていましたので、配布を終わってから行って見ました。市内の全小中学校のさまざまな取り組みを紹介するパネルがロビーに所狭しと展示されていました。1校畳一枚程度のパネルですが、50校以上ありますから、見るのもたいへんでした。前学校教育課長をはじめ、懐かしい教育関係者にも会うことができました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-23 23:15 | ●地域協議会 | Comments(0)
2008年 11月 22日
20081122 市議会報告を配布
 昼飯を食べ、少し休んでから、日本共産党上越市議員団が発行している「市議会報告」を配りに出ました。9月議会報告ですから、少なくとも12月議会が始まるまでには配りきらなくてはなりません。これからは天候が不安定ですから、お日様が出ている時に配る必要があります。雨や雪、ましてやみぞれなんかになったら足がすくんじゃいますからね。
 妻と二人でいつものように二手に分かれて配りました。議員時代からのクセで、配る時はできるだけ声をかけるようにしています。ひとり暮らしのお年寄りの安否も確認できますしね。こたつでテレビを見ている人、夫婦でお茶を飲んでいるお宅、さまざまです。
 橋際のホンダでは従業員が忙しくタイヤを交換していました。先日の雪で一気に増えたようです。隣の小日向商会では、お茶をご馳走になり、ついでに軽自動車の冬用タイヤをお願いしました。「冬になったら」といっていた保坂氏が亡くなってしまったので、そんな話もしながらのお願いでした。
 東本町3丁目の飯倉前町内会長が、雁木にダイコンをぶら下げていました。
 「最近、雁木では少なくなりましたね」
 「先日タイムスで写真撮らせてくれといってきたよ」
 「そうですか」
 「仲町で良い構図が見つかったとかで、ここへは撮りに来なかったけどね」
 またあるお宅では、ご夫婦で花壇の手入れをしていました。
 「何を植えられますか」
 「春の花の球根でもと思いまして」
 「そろっと準備しないといけませんもんね」
 「天気も良いので」
 こんな会話を楽しめるのも、ビラ配布の効用の一つです。2時間ほどで500枚を配り終えました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-22 22:13 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2008年 11月 21日
20081121 街頭宣伝のはずが
 午後は、「北陸信越いっせい街頭宣伝」のいっかんで、宣伝カーを運行し「晴れたらマイクで話す、雨なら流しテープ」ということになっていました。冷たい雨が昼前から降り出しました。
 同乗してくれる二人とともに、高田の街の南側と東側を重点に回りました。雨のためでしょうか、仲町通りも大町通りも人影がありません。「これじゃあ、さびしいね」まったくその通りです。本庁通りはそれでも人影がまばらですがありました。今の世相を反映しているのでしょうか、シャッターが降りたままの家や「貸家」の看板が掛けられた家、まったくの空き家が多くなったような気がします。「中心市街地活性化」が掛け声倒れに終わらないように祈るばかりです。
 昨日の雪で散ったとはいえ、紅葉の名残を楽しみながらの、雨の街宣車運行でした。

 夕方から雨風が強くなり、雷が頻繁に鳴り出しました。頭の上で「ピカッ」と光り、直後の雷鳴です。それでパソコンの電源を落としました。そしてこんな時に活躍するのが、ミニノートEeePC901Xですね。電池で動いていますから。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2008-11-21 23:27 | 日本共産党 | Comments(0)