<   2009年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2009年 12月 13日
20091213 「激動の世界はどこに向かうか」
b0013099_1756555.jpg 先日、日本共産党新潟県委員会で会議があり参加した際に、不破哲三氏の「激動の世界はどこに向かうか」を購入した。2009年4月に北京で行われた日本共産党と中国共産党との「日中理論会談の報告」である。当時、『しんぶん赤旗』でもその模様が報道され、党本部で「報告会」が開かれたりしていたので、「その内、本になったら読んでみよう」と思っていたものである。
 270ページにも及ぶ大冊であり、「一気に」というわけには行かなかった。それでも一週間ほどで読み終えることができた。

 理論会談が「中国側からの質問に答える」形で進められたように、この本もまたそのような形で組み立てられている。会談時期が4月であったが、その内容は、政権交代した今の時期をも見通したものになっている、と思った。というよりは、党綱領に基づいて、まさに「激動の世界はどこに向かうか」を解明しており、先日発表された「第25回大会決議案」のバックボーンを見る思いがした。
 この理論会談に当たって、中国側からの質問に答えるために、研究し直した部分が多々あり、それがわが党のためにもおおいに役に立ったという趣旨のことが述べられていた。すばらしい、すごいことだと思った。それまでの地点に安住せず、常に研究し直すという姿勢は我々も持っていたいものだが、日々の忙しさに流され置き去りにされてしまうからである。

 一つ気になったことがある。それは「後れ」という用語だ。「おくれ」と読むようだが、「遅れ」ではないだろうか。部分的には「遅れ」を使ってもいるので、違和感を覚えた。「遅れ」とは異なった意味を表すために「後れ」を使ったのだとしたら、その旨をどこかに記すべきだろう。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-13 17:54 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2009年 12月 12日
20091212 にいがた自治体研究所の新事務所
 にいがた自治体研究所が新しい事務所に移転しました。今日12日、常任理事会があり、行ってきました。
 新潟駅から約300mという好立地です。「新潟マンション」の3階にあります。「新潟で一番古いマンション」ということですが、そんなに古臭くは見えません。「家賃も前の所より安くなった」ということですから。

 常任理事会は、2月に開く総会の準備です。「くびき野地域問題研究会で、地域自治区・地域協議会の第二段をやったらどうか」という話が出てきました。確かに旧市にも導入されましたから、その必要があるかもしれません。くびき野地域問題研究会の総会も開かなければならないので、そこで相談してみたいと思います。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-12 23:10 | 自治研の活動 | Comments(0)
2009年 12月 09日
20091209 デスクトップの文字を大きくする
 EeePC901X を使っていますが、表示される文字が小さくて見にくくなってきました。全体の表示文字がもう少し大きいと見やすくなります。その方法が分かったので、早速実行してみました。

 EeePC901X は、WindowsXP がインストールされているので、XP での設定方法です。

 WindowsVista の設定方法は以下の通りです。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-09 23:35 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2009年 12月 09日
20091209 雪囲いの準備
 午前中、少し晴れ間がのぞいたので、雪囲いの準備をしました。ご近所ではすでに終わっていますから、今更「準備」などというと笑われるかもしれませんね。
 まずは、あちこちにある植木鉢を一ヶ所に集めます。それから前回整枝仕切れなかった椿などの枝を切り、適当な長さに切り縮めて、わら縄で縛りました。これは、次の回収の機会に出すことにしました。そして、幾つかの木々、一本一本荒縄でまとめていきます。杭を打ったり、支柱を立てたりと、結構重労働です。
 半分ほど進んだところで、お昼になってしまいました。そして午後になると、陽が影ってしまい風も出てきたので、今日の仕事はこれで終わりとしました。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-09 22:50 | 家族・家事 | Comments(0)
2009年 12月 08日
20091208 地域の会連絡会が並行在来線存続で政府要請行動
b0013099_122382.jpg 「在来線存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会」として、在来線の存続、前「政府・与党合意」見直しを求める政府・国土交通省、議員要請行動を行いました。糸魚川の会1、妙高の会2、直江津・頚城の会2、三市連絡会3、全国在来協2の10名での要請行動でした。
 この要請行動は、長野、富山、石川が「政府・与党合意」見直しの方向に動き出している時に、泉田新潟県知事の発言・行動が、並行在来線問題を置き去りにしているのではないかと思われることに危惧し、「直接、国に要請しよう」「民主党の考えも聞こう」と企画されたものです。去る11月1日の学習会で筒井信隆代議士が「並行在来線存続に全力を尽くす」と来賓挨拶したことから、「筒井議員に窓口になってもらおう」ということになり、実現したものです。
 午前中は第二議員会館の面談室で、上越勢と全国在来協との意見交換を予定していたのですが、北陸各県の議員や秘書が何人も集まってきたため、急遽、議員らとの意見交換・要請に切り替えました。長野の自民党議員が「与党はあちらですから」というのに対し、石川の民主党議員が積極的に話を聞いてくれました。中でも新人議員が「石川でもこういう住民運動があれば」と言ったのが印象的でした。終了間際に黒岩議員が駆けつけてくれました。
 午後の議員要請本番は、そんなことで変則になってしまいました。仲介役の筒井議員が挨拶し、その後二手に分かれて日本共産党の穀田議員と民主党の鷲尾議員に要請しました。私は、鷲尾議員の方の組に加わりました。秘書の方が出席されましたが、「今は国土交通委員ではないので」「議員には伝えます」とのことでした。予定よりも早く終わったために、穀田議員の組に合流することになりました。行くと、ざっくばらんな意見交換の真っ最中でした。
b0013099_1225863.jpg その後、国土交通省に出向き、前原大臣宛の要請書を手渡して要請しました。担当者の話では、「大臣もいっているように今の枠組みでは問題がある。年内を目途に新しい方向が打ち出されるだろう」とのことでした。「過大な期待をせずに待ちましょう」と話してきました。

 民主党の「陳情は幹事長を通して」ということが、こうした要請行動にも影響していることが分かりました。萎縮しているというか、住民の声を聞く機会がなくなり始めているようです。「これは民主党にとっても良いことではないな」と思いました。

【追加】
 穀田恵二日本共産党国会対策委員長のブログに、要請を受けた模様が掲載されています。
   ↓
http://www.kokuta-keiji.jp/cat1/post_1258.html#more
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-08 23:05 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2009年 12月 06日
20091206 ミニマウス
b0013099_114614.jpg
 EeePC901X は重宝している。電車の中で、ブログ原稿などを書くのが活用の中心だが。
 ここで、付属してきたマウスがちょっとなじまない。小型ではあるが、あのUSBケーブルがどうも邪魔なのである。EeePC901X は、BlueTooth が使える。BlueTooth の小さなマウスがないかと探していたのだが、バッファローコクヨサプライの「BSMLB03NBK レーザー式無線マウス Bluetooth対応 nano ブラック」というのがコネコネットを検索していて見つかった。上の写真の左が BSMLB03NBK で右は通常使っている Logicool のものだが、とにかく「小さい」のである。

 EeePC901X を起動して、今まで OFF にしていた BlueTooth を ON にした。そしてマウスの底面にあるスイッチを入れ、「CONNECT」ボタンを押してみた。最初、少し戸惑っていたが、しばらくして認識し、使えるようになった。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-06 22:35 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2009年 12月 06日
20091206 アンナプルナ一周トレッキング
b0013099_9292031.jpg ようやく、アンナプルナ一周トレッキングの写真の整理がつきました。
 右の「花蝶山の写真」から入れます。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-06 22:25 | ●登山 | Comments(0)
2009年 12月 04日
20091204 並行在来線についての交流会
 「在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域連絡会」と「在来線を守る三市連絡会」では、12月8日に、新潟6区選出の民主党・筒井信隆議員を介して、国土交通省に並行在来線存続のお願いに上京することになりました。
 その際、「北陸信越選出の議員各位と並行在来線の存続について意見交換をできないか」ということで、交流の場を設定いたしました。

日時  12月8日(火) 午前11時~12時
場所  衆議院第二議員会館 1階 第三面談室

     在来線の存続、地域の進行・発展をめざす地域連絡会
                      代表 仲田紀夫
            大糸線・北陸線を守る会
            妙高と信越線を考える会
            在来線と地域のあり方を考える直江津・頸城の会
     在来線を守る三市連絡会      代表 尾崎靖弘

[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-04 21:35 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2009年 12月 03日
20091203 党大会決議案の討議で
 地域の党支部の会議があり、出席しました。党大会決議案が発表され、その討議が中心でした。志位委員長の報告の冒頭部分、「決議案の全体の特徴について」の報告をDVDで視聴しました。「全体像」をまず明らかにするというのは、最近の「報告」ではあまりなかったことですが、ここには、「決議案を読んでもらいたい」という党中央の意気込みを感じます。
 「討議では、自分はここが良いと思ったところを出し合うことが大事」と強調されています。この支部の会議でもそこから始めました。私が最初に話したのは、「第4章 国政と地方政治での躍進、強大な党建設をめざす方針」の最初「(17)参議院選挙での党躍進の条件、政治的意義について」の冒頭部分です。「『過渡的な情勢』のもとでたたかわれる参議院選挙」について論じた部分です。

 最初は、「どういう政党状況の下での選挙か」ということです。

 民主党は、さきの総選挙では「政権交代」を訴えれば勝利できた。また、これまでは、野党第1党が民主党、第2党が日本共産党という配置のもとで、「民主党には問題があっても、自民党よりもまし」という形で、自民党への批判や不満から民主党に支持が集中する状況があった。しかし参院選ではそうはいかない。政権党としての1年近くの「実績」が問われ、今後政権党としてどういう政治をおこなうかの「中身」が問われる。自民党と公明党は、国民からあれだけきびしい審判を受けた以上、自らのこれまでの政治に対する総括と反省が問われる。それ抜きにはどんな政策を掲げても信頼をえることはできないだろう。そういう政党配置のもとで、「建設的野党」としての日本共産党の値打ちを広く浮き彫りにできる新しい条件が生まれてくる選挙となる。

 次に、国民の政治意識の状況について述べています。

 この選挙は、新しい政治を求める国民の探求が、新政権のもとでの約1年間の体験をつうじて、前進・発展するなかでの選挙となる。旧来の自民党支持基盤が大規模に崩れ、これまで保守と呼ばれてきた人々が、自らの切実な要求をたくすことができるのはどの党かを、探求しているさなかのたたかいとなる。
 総選挙で民主党に投票した人々も、その大部分は、旧来の政治を変えたいという模索の第一歩としての支持であり、この人々も自らの体験をつうじて、その認識を前進・発展させていくプロセスのさなかにある。


 「政党支持基盤の流動化と激変のもとで」の参院選挙になると強調していますが、ここから議論はいろんな方面に発展していきました。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-03 22:55 | 日本共産党 | Comments(0)