<   2011年 05月 ( 55 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 30日
20110530 「トイレなきマンション」-毎日新聞の近聞遠見
b0013099_2024536.jpg 5月21日付け毎日新聞の「近聞遠見」が話題になっているという。毎日新聞客員編集委員の岩見隆夫氏の「トイレなきマンション」という一文である。コピーが手に入ったので読んでみた。

 「1号機がどう、2号機がどう、と連日伝えられるが、さっぱり要領をえない。危険は減っているのか、増えているのか。」という言葉から始まる。そして、

 そんななか、14日付の共産党機関紙「しんぶん赤旗」に3ページにわたって掲載された不破哲三社会科学研究所長(81)の<原発災害講義>は出色だった。日本の原発について歴史的、体系的に振り返り、なにしろわかりやすい。

と、10日に行われた「綱領・古典の連続教室」の前半約1時間にわたって話した講義の記録を取り上げている。
 私もこの講義は、リアルタイムで視聴し、後にDVDでも聴いたが、35年間の国の原子力政策を時系列的に詳しく話しているのが印象的だった。

 岩見氏は「不破は言う」と言って

 「菅内閣の対応は本当にだらしなく、政権党として考えられない。しかし、こういう事態をつくり出したのは、2年前まで政権を担ってきた自民党だ。国民的大災害の根源である自民党の歴史的責任に口をぬぐい、今の対応だけを追及して済まそうというのは、あまりにも無責任な態度だと私は思う」

という部分を引用し、続いて次のように書いている。

 講義の最後で不破は次の二つの問題を訴えている。(1)原発からの撤退を戦略的に決断する(2)安全最優先の権限と責任をもった原子力の審査・規制体制を緊急につくりあげる(撤退しても後始末に少なくとも20年ぐらいかかるから)。(2)は当然、(1)は国民的な討論が必要になる。

 不破哲三社会科学研究所長の講義の主題は、「ルールなき資本主義」の告発であり、「利潤第一主義の弊害」からどう脱却するかという点にあったと思うのだが、岩見氏はそのことには触れていない。それは立場が違うから仕方のないことではあろう。
 代わりに氏は次の一文を添えている。

 なお、不破は軍国少年のころ、作家志望から理系に転換する。軍艦に熱中し、造艦技師になりたかったからだ。東大理学部卒。

トイレなきマンション http://is.gd/5rJFS8
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-30 19:58 | ●本・新聞を読んで | Comments(0)
2011年 05月 30日
20110530 エキサイトブログのアクセスランキングが止まったままだ
 エキサイトブログにはアクセスランキングというのがある。前日にアクセス記録があったサイトの、アクセス数の多い順に順番をつけて表示してくれる。
 その表示が「2011年05月25日」で止まったままになっている。「更新」を何度かしてみたが変わらないので、こちらの問題ではなさそうだ。止まっているからといって不都合があるわけではないが、いままで「何位だよ」と表示してくれていたものが、止まったままというのは、それはそれで気分が良くない。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-30 08:17 | ●パソコンのこと | Comments(0)
2011年 05月 27日
20110527 直江八幡宮の春祭
 26日27日は直江八幡宮の春祭でした。その祭の直前に伯母の訃報が入ってきて、同時進行になってしまいました。

 26日は朝6時から、神輿の組立です。神輿殿から出して、担げるように角材をロープで縛っていく作業です。重い神輿ですから、怪我をしないように、支持を出す指揮官は一人に決め、慎重に進めました。
 組み立てた神輿を神社入り口まで出すのが、少人数のため大変でした。

 神輿の渡御は、東本町3→東本町5→東本町4丁目と回ります。昔はその引き渡しを東本町4丁目の人たちがその都度出てきて担いで渡していたようです。今はトラックで運びますが、それは東本町5丁目の仕事になっています。東本町5丁目は戸数が少ないので、仕事から帰ってきて参加できる時間帯に合わせてもらっています。それで運び屋をやることになったのだそうです。その仕事が、5時30分から始まります。

 東本町5丁目の神輿渡御は、夜7時からです。今年は担ぎ手が多く、助かりました。当初お願いをした時は30名を少し越える程度で、「きついかな」と思ったのですが、町内の各企業ががんばって人を出してくれたことと、「この日のため」に残業をせずに帰宅して出てきてくれた人が何人かいたために、40名を超えるほどになりました。ありがたいことです。当町の祭の法被は38着しかないため、「役員は法被なし」としました。軽々と進んだため、予定よりも早く東本町4丁目に渡すことができました。

 東本町4丁目の渡御は遅くまで続きます。神社に戻ってきた神輿は、社殿に乗り上げ、御霊が社殿の最上部に遷され安置されます。この儀式を見ようと妻と出かけたのですが、着いたときにはちょうど終わったところでした。残念。そして最後に神輿殿に収めます。

 27日は、神事が執り行われました。伯母の「通夜」で「懐かしの徳本峠の会」を不参加にしたため、参列しました。
 神事は厳かに進められて行きます。私たちの出番は、「貢ぎ物」を神前に供える手助けです。手渡しで順次渡していきます。今年は多かったようです。一番重かったのはスイカ。緊張するのは徳利に入れられた酒です。
 参列者全員の玉串奉奠がすむと今度は備えた品物を逆におろすことになります。そして最後に御霊が入った廟の扉が閉められて終わります。

 「直会」は、私は酒は辞退してお茶に。それも途中で中座して、町内のちょうちん収納の立会に戻りました。

 春祭はこんな形で滞りなく終わりました。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-27 23:07 | ●町内会 | Comments(0)
2011年 05月 26日
20110526 訃報
 昨日、暗くなってから訃報が飛び込んできました。伯母(母の兄の奥さん)が亡くなったのです。享年92歳。

 母を連れて行ってきました。従兄弟たちが集まっていました。ちょうどお寺さんが来て、お経をあげるときでした。タイミングが良かった。
 27日通夜、28日葬式と決まりました。この両日、信州大学学士山岳会の仲間と徳本峠に登る予定にしていたのですが、「不参加」の連絡をしました。残念ですが、仕方がありません。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-26 15:23 | 家族・家事 | Comments(0)
2011年 05月 24日
20110524 「鳥取県議は6人でいい」という大阪府の橋下知事発言に「大きなお世話だ」と鳥取知事反発
 大阪のお騒がせ男=橋下徹知事が24日、議員定数をめぐる議論に関連し「鳥取県は60万人くらいの人口で、議員が四十数人いるんですかね。鳥取県議なんて6人でいいんですよ」と発言した。
 まあ、おせっかいもいいとこ。この人、地方自治のことがまったく分かっていないようですね。そんな人が、「大阪都構想」だとか。

 すかさず鳥取県知事が反発しましたね。「大阪の人が鳥取県の自治について議論するのは差し出がましい。大きなお世話だ」と不快感を示したそうです。当然ですね。

橋下氏「鳥取県議は6人でいい」議員定数で発言 http://is.gd/ug5o6D
橋下発言「大きなお世話だ」鳥取知事反発 http://is.gd/aDh46t
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-24 17:51 | いろいろ | Comments(0)
2011年 05月 24日
20110524 議員の辞職願を否決した中野区議会
 Twitter上で、東京都中野区の日本共産党関戸進区議が中野区議会に提出した辞職願が否決されたことが話題になっている。議員の辞職願が否決されることもあるんだ。

 発端をWeb(産経ニュース http://is.gd/JLXWJV)で調べると、次のようである。

「道義的責任」で中野区議が辞職願 支持者が虚偽投票容疑
 4月26日に公職選挙法違反容疑で支持者が逮捕された「道義的責任を取って」としている。改選後で議長不在のため、議会事務局が預かり、今月中に予定している臨時会で承認を取る。
 関戸区議の支持者が、「ホームレス支援のため」2人の男性を居住実態のない中野区の関戸区議の自宅へ住民票を移し、関戸区議に投票させたとしている。 


 支持者が虚偽投票容疑で逮捕されたので、道義的責任を取って議会に辞職願いを提出したということである。ちなみに議員が辞職する場合、議会の許可が必要になっている。

【地方自治法】第126条 普通地方公共団体の議会の議員は、議会の許可を得て辞職することができる。但し、閉会中においては、議長の許可を得て辞職することができる。

 その議員辞職願の採決が行われ、自由民主党と公明党、みんなの党の反対で否決されたというのです。ツイートした人は各党に電話取材したようです。

中野区自民党議員団に電話で伺った話。辞職理由が「道義的責任」では受け入れられない。捜査も野方署ではなく、本庁に移っているという話もある。

中野区公明党議員団に電話で伺ったところ、1、辞職願提出理由が「道義的責任」では不十分。今後法的責任も出てくる。2、議会として議員辞職勧告などの強い態度で臨むべきという話もあり、議論する必要がある。

中野区議会みんなの党に電話取材。辞職願は否決に回った。捜査の終結を待ってから辞職を許可するか判断したい。

日本共産党中野区議団の話、我々としては辞職は変わらない。歳費や政務調査費は供託等等の方法で受け取ることはない。本人の意思で辞職願を出したのに、否決は考えられないこと。

[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-24 17:19 | 日本共産党 | Comments(0)
2011年 05月 24日
20110524 愛車の12ヶ月点検
 昨年5月末に購入したホンダのストリームの12ヶ月点検の案内が来ていました。昨日23日、その点検をしてもらいました。
 特に問題点はなく、きれいに掃除までしてもらいました。これからも快適に乗れるでしょう。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-24 12:24 | 家族・家事 | Comments(0)
2011年 05月 24日
20110524 「年金請求書」を提出しました
b0013099_12195737.jpg 5月のはじめ(?)に日本年金機構から「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)の提出について」という文書が送られてきました。

 65歳前の老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)を受けている方は、65歳になりますと、その年金の内容、名称が変更され、新たに老齢基礎年金と老齢厚生年金を受けるための請求手続きが必要となります。・・・

 「請求書」は、支給の「繰り下げ」をするかどうかを記入して提出するもので、提出期限は、「ご自身の誕生月の末日まで」となっていて、「提出が遅れると65歳以降の年金支払がいったん止まります。」とも書かれていました。気にはなっていたのですが、提出が延び延びになっていました。ようやく記入して提出しました。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-24 12:16 | 家族・家事 | Comments(0)
2011年 05月 23日
20110523 震災に負けない「日本経済復興プロジェクト」-日本経団連米倉弘昌会長の寄稿
b0013099_8155676.jpg 文芸春秋5月号の「東日本大震災」特集に、日本経団連の米倉弘昌会長が「震災に負けない「日本経済復興プロジェクト」」という一文を寄稿している。ネットを検索してみると、高い評価をしているものもあれば、危うさを危惧しているものもある。22日のにいがた自治体研究所理事会でそのコピーを入手したので、読んでみた。

 「政府は民間の力を解き放て」の部分が、米倉会長が言わんとする中心部分だろう。そこで会長が政府に求めているものは次のものである。

 このプロジェクト(「未来都市モデルプロジェクト」のこと-引用者)を成功させるために政府に求めたいのは、何よりも規制緩和だ。

 当面は震災からの復興という大きな課題に対処せざるを得ないが、日本の民間企業の国際競争力を強化し、日本経済の成長力を高めるためには、法人税の引き下げは必要不可欠だと経団連では考えている。

 温暖化問題の解決には地球規模の取り組みが欠かせない。しかし、わが国が世界に示した、二〇二〇年までに二酸化炭素排出量を一九九〇年比で二五%削減するという目標は、日本がこれまでにしてきた二酸化炭素の排出量削 減の努力を考えれば、非現実的な目標だと言わざるをえない。
 これらのことを認識せずに、環境税導入など、さらなる排出量の削減を国民や企業に求めるのは、日本経済の活力を失わせる結果となる。

 それゆえ日本経済復活のために政府に求めたいのが、TPP(環太平洋経済連携協定)への参加である。

 その上で、一刻も早い生活再建、産業基盤の復旧に向け、あらゆる対策をとるようにお願いしたい。そのためには、今後必要となる補正予算を見据え、財源確保も含め適切に対応するための措置を講じていくこが必要である。


 簡単に縮めて言えば、東日本大震災を機に、経団連が策定した「未来都市モデルプロジェクト」の実行を迫り、「法人税の引き下げは必要不可欠」と主張し、温暖化対策は取りやめ、TPPに参加し、財源確保(消費税増税)を求めるというものだろう。
 まあ、あつかましいというか、「国難」といいながら自らの主張を実現する「千歳一遇のチャンス」と捉えているようである。これが日本を代表する大企業の基本的な考え方なのだろう。大企業が栄えれば、国民はどうなっても良いとでも考えているのだろうか。

[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-23 12:19 | 国の政治 | Comments(1)
2011年 05月 23日
20110523 新潟県が市町村合併の中間評価
b0013099_815435.jpg 新潟県が平成の大合併について中間評価を行い、5月16日に公表しました。

 平成11年以来、全国的に推進された市町村合併が、平成22年3月末に「市町村の合併の特例等に関する法律」の期限が切れることをもって一区切りとされたことを受け、新潟県として現時点での市町村合併の効果や課題等を抽出するため、中間評価を行いました。

 新潟県は全国でもっとも合併が進んだ県であり、14市町村が合併した上越市をはじめ、新潟市、長岡市、佐渡市など10市町村以上の大型合併が行われ、112市町村あったものが30市町村にまで減少しました。
 日本共産党新潟県委員会は、県や市町村に対して「合併検証をすべきだ」と要請してきました。県は合併市町村に「アンケート」調査を行ってきました。今回の「中間評価」の取り組みは、全国でも珍しく、評価できるものです。

 「概要版」をざっと見てみましたが、最初に目に付いてのは、「県民」と行政とでは評価にかなりの差があるということです。合併そのものが住民抜きで行われ、合併の結果などもあまり周知されていませんから、当然といえば当然の結果ではあります。
 問題は、「中間評価」を受けて、県や市町村がどのような対策を立てるのかだと思いました。これは注視していきたいと思います。

中間評価 http://www.pref.niigata.lg.jp/shichouson/1303164041643.html
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-05-23 09:25 | 県政の諸問題 | Comments(0)