<   2011年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

2011年 11月 29日
20111129 防犯協会の研修会に参加
 午後、上越市東部地区防犯協会の研修会があり、参加してきた。初めての参加だ。東部地区というのは、東本町2~5丁目、北城町1~4丁目、西城町4丁目、高土町1・2丁目の11町内で構成していて、各町内に3人の防犯委員がいる。

 上越警察署の生活安全課課長の黒津警部の講話があった。黒津警部は、上越市の犯罪状況を話してくれた。
 「刑法犯認知件数」は、平成14(2002)年をピーク(3242件)に減少傾向にある(2010年1709件)。これは全国も新潟県も同じ傾向である。しかし「被害に遭うのではないか」という住民の不安感は払拭されていない。
 犯罪の種類別では、「窃盗犯」が1189件で7割(2010年)を占めている。その内訳は以下のようである。
自転車盗    274件
万引き     183件
車上狙い    119件
侵入盗     176件
 内、空き巣   53件
   出店荒し  27件
   事務所荒し 16件
   倉庫荒し  15件
   忍び込み  14件


 「侵入盗」について「カギかけ」状況を見ると、「施錠なし」が約6割になっている。「土地柄」だと思われるが、「施錠なし」が多いのが防犯上の課題である。


 初めての参加だったが、勉強になった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-29 18:28 | ●町内会 | Comments(0)
2011年 11月 28日
20111127 遊歩会忘年会
 27日は夕方から、遊歩会の忘年会だった。会としては一年納めの行事である。45人の会員が集まってくれた。

 会長あいさつで次のようなことを話した。

 今年はどの山行も好天に恵まれ、楽しく登山することができた。
 今年新役員になって、いくつかの試みをしてきた。それは「安全に登山する」ための改善なのだが、ご迷惑をおかけしたこともあると思う。来年もまた新たなチャレンジをして、少しづつ改善していきたいと思う。


 歌あり、踊りありで、たいへん盛り上がった忘年会になった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-28 23:50 | ●登山 | Comments(0)
2011年 11月 28日
20111127 東本町5丁目作品展
 昨日27日、町内会館で「東本町5丁目作品展」があった。10月の町内会の役員会で「やってみよう」ということになり、それから準備を始めて、開催にこぎつけた。
 思った以上の方々が作品を出してくださったので、町内会館の広間がいっぱいになった。(私も蝶の写真を7点出展した。)そしてたくさんの人が鑑賞しにやってきてくれた。

 「思い切ってやって良かったね」というのが、みなさんの実感である。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-28 23:41 | ●町内会 | Comments(0)
2011年 11月 28日
20111128 日本共産党、再来年の参院議員選挙の比例候補者を発表
 今(11月28日23時)届いた井上さとし参議院議員のメルマガによると、「今日の午後に市田書記局長が記者会見をし、再来年の参院議員選挙の比例候補者を発表」した。明日の『しんぶん赤旗』に載るのだろう。
 「比例候補は5人。現職は山下よしきさん、紙智子さんと私、前職で小池晃さん、仁比そうへいさん」だという。井上氏は「引き続き、東海、北陸信越、京都を担当地域としてお世話になる」「衆院候補のみなさんと一緒に、全力でがんばります。」といっている。

 野田政権も任期いっぱいまではとても持たないだろうから、来年には総選挙があるのではないだろうか。市議選が終わってもゆっくりできないのかな。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-28 23:28 | 日本共産党 | Comments(0)
2011年 11月 28日
20111128 しばらくご無沙汰していました
 24日からしばらくご無沙汰したいました。妹の嫁ぎ先のじいちゃんが急に亡くなり、お通夜やら葬儀やらで、パソコンに向かっているいとまがなかったからでした。
 享年85歳というのは、今の時代では「少し早いかな」という感じですが、まあ「天寿を全う」されたのではないかと思います。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-28 23:00 | 家族・家事 | Comments(0)
2011年 11月 23日
20111123 山岸元上越市議会議長が副市長になるということについて
 もう10日も前になるだろうか。上越タイムスに、山岸元議長が副市長に就任するという記事があった。私なんかの感覚からすると、「ありうること」なのだが、「社会民主党」というものを良く知らない人から見ると、「市長批判の急先鋒であった山岸元市議会議長が副市長に なんか変じゃないですか?」(滝沢いっせい ブログ爽創通信)ということになるようだ。

 私の感覚からすると、旧社会党というのは「出世のために左翼的な言辞と行動をする」という政党だった。
 60年代後半から70年代末にかけて、「社共共闘」というのが各地で行われた。当時は、社会党の方に分があったから、共産党系の候補がおりて社会党籍のある候補を押すことになった。当選すればいいのだが、なかなか当選できない。すると「社共統一候補」だった人が、平然と社会党公認で県議や国政選挙に立候補するという事態が続いた。ある時期から、共闘の条件に「国政選挙には出ない」ということも含められたが、そんなことはお構いなしであった。まあ国会議員になるために「共闘」を足場にして利用したのだといえる。
 その社会党が分裂して、大部分は民主党に流れ、民主党に行けなかったものが社会民主党に残った。残ったけれど、社民党の候補がいない選挙区では、民主党の候補を押すのである。

 山岸行則氏個人としては、「私自身もそれなりに評価して」いる。議長にも推したし、いろんな場面で共同もしてきた。しかしずっと「違和感」を抱いていた。一番の「違和感」は、職員定数削減の「急先鋒」だったことだ。一般的には、旧社会党もそして社民党も「労働者の味方」ということで、「組織内候補」とか「推薦候補」という形で、市職労などの労働組合からも支援してもらっていたのだと思う。市職労の大会や旗開きで一緒になることが何度かあったが、そのたびに「・・・」と思っていた。
 どんな立場からの「市長批判の急先鋒」だったのかということが問われる。上越市政でみると、植木市政に対しては「野党」だったのだと思うが、宮越市政では「与党」的立場だった。木浦市政への対応は、私の目から見ると、「宮越与党」という立場からのものだったのではないかと思われる。

 木浦市政については、我々は一時「ベクトルが動いた」と評したことがあったが、市民の声を聴き、市民要求に応えようとする一面があった。この間の村山市政を見ていると、そうした木浦市政の良い面を捨て、ある意味、宮越市政に近いのではないかと思うことがある。政治手法だけではなく、政策的にも。

 真に「市長批判の急先鋒」であれば、「副市長に」という声がかかった時点で、即座に辞退していただろう。逡巡したとしても「受けた」ということは、「魚心、水心」なのだろう。
 村山市長が提案するということは、上越の経済界も「よし」としたのだと思うが、「保守本流」の自民党系議員がどう対応するのか、見ものである。(民主党系議員と公明党は、市長言いなりだから論外)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-23 01:09 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2011年 11月 23日
20111122 東本町5丁目「作品展」
 今日は夕方から東本町5丁目町内会の理事会だった。主議題は、「作品展」についてである。「作品展」は、27日に町内会館「暁光会館」て行う。

 以前の理事会で大筋は決まっていたのだが、調整を行った。どんな作品をどう展示するか。展示テーブルは必要か。パネルをどうするか。案内看板がいるのではないか。たくさんの意見が出された。

 26日
 13時30分から、作品搬入。借用物を受け取りに行く。
 15時00分から、各作品を配置。
 27日
 10時00分から、作品展開始。老友会、お茶の接待。
 15時30分、展示終了。作品撤去後、反省会。

 私は、この間の山々で撮った「蝶」の写真を数点、出展する。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-23 00:02 | ●町内会 | Comments(0)
2011年 11月 22日
20111122 「公立学校情報化ランキング 2011」で上越市が第3位に
 「日経パソコン」が、全国の公立学校の情報化進展度を比較してまとめている「公立学校情報化ランキング 2011」で、上越市は、小学校・中学校ともに全国第3位(小5校以上・中3校以上の自治体。ちなみに全自治体では、9位と14位)に入った。2011年度はそれぞれ、156位と218位だったから大躍進である。
 「ランキングの算出方法」は、「文部科学省の調査「学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果」・・のデータを利用」したとある。

 学校をランキングするのは良いとは思わないが、行政の施設整備などを後押しするものは、内容を吟味しながら活用する必要はある。

公立学校情報化ランキング 2011
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/knowhow/20111018/1037750/
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-22 12:18 | ●本・新聞を読んで | Comments(0)
2011年 11月 22日
20111122 今日の天気
 昨晩から明け方まで、激しい雨が降っていた。それが太陽が上がるとともに青空が広がった。しかし妙高山の上には雲がかかっている。昨日の寒さで、雪がだいぶ下まで降りてきた。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-22 10:38 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2011年 11月 21日
20111121 高田区地域協議会
 夕方から高田区地域協議会の定例会があった。今日の主議題は、地域活動支援事業費の配分方法に関する自主審議である。

 前回の会議で、「地域協議会会長会議で、高田区でこんな競技をしている旨を報告する」ということになっていたが、10月31日の会長会議で報告した旨が報告された。
 事前に郵送されてきていた資料に「他区の意見」として、浦川原区会長と直江津区会長の発言要旨が載っていた。「私はそのことについて反対だ」(浦川原区)「直江津区は高田区と全く一緒ではない」(直江津区)というのをみて、「やっぱりこういう捉え方をするんだな」と思った。この二つの意見に共通なのは、高田区が配分方法の見直しを求めている」早とちりしている点である。高田区ではそんなことは何もきめていないのにである。高田区では2名の委員から自主審議の提案があり、それを議題として取り上げ、協議している段階であった。

 今日の会議では、この自主審議事項について「今後も継続して審議するか否か」について採決し、「継続しない」と決めた。

 この審議の中で、一つの誤解があることが分かった。次のように述べた。
 自主審議の提案があり、その際に決めたのは「自主審議事項として取り上げるか否か」ということだ。そこで「取り上げる」と決定した。そして審議してきた。今日決めたのは、その審議を「打ち切る」ということだ。費用の見直しをした方が良いと思っている人も逆の人もいると思うが、審議そのものは今日でおしまいということだ。

 「審議を打ち切る」ということは、「審議はしたが、結論は出さなかった」ということである。提案者が求めていたのは「意見書の提出」であるから、意見書を提出しない(そう決めたわけではないが、事実上)ということは、市に見直しを求めなかったということでもある。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2011-11-21 22:20 | ●地域協議会 | Comments(0)