<   2012年 05月 ( 39 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 31日
20120531 裏庭と畑の花
 わが家の裏庭と畑の花。
シラン
b0013099_9452695.jpg

ヤマオダマキ
b0013099_946383.jpg

ネギ
b0013099_9463083.jpg

ジャガイモ
b0013099_94778.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-31 17:44 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 05月 31日
20120531 テッセン
b0013099_9415272.jpg わが家のテッセンは、白地にピンクが入っている。ところが、その中に真っ白なものがあった。はじめてである。今はたった一輪だが、これが増えていくのか、ひと時の現象なのか。
b0013099_9421586.jpg
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-31 17:39 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 05月 30日
20120530 「健康づくり」研修会
 高田地区の「健康づくり推進活動チーム研修会」が行われた。各町内の健康づくりリーダーの研修会である。当町では私を含めて3人いる。高田地区を二つに分けて実施したようだが、それでも会場はいっぱいだった。

 研修の主要な部分は、「健診」の際に行われる研修とダブっている。が、あらためて聞くと「ウンウン」という点がある。
 「健康づくりリーダー」と「食生活改善推進員」「運動普及推進員」が組になって健康づくりを推進していくということのようだが、当町には「食生活改善推進員」「運動普及推進員」はいない。そういう町内が多いという報告もあった。これは簡単には行かないだろうと思った。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-30 21:01 | ●町内会 | Comments(0)
2012年 05月 30日
20120530 直江八幡宮前宮司、竹内千晴氏逝去
 朝6時前だった。『しんぶん赤旗』配達から帰ってくつろいでいると男性の訪問客があった。「朝早くから何事だろう」と、出てみると東本町4丁目の菊間さんだった。

 「直江八幡宮の宮司だった竹内千晴さんがお亡くなりになり、伝えにきました。」
 「エーっ、いつですか。」
 「昨晩です。」
 「そうですか。」
 「31日が仏教でいうところの通夜で、1日に葬儀が行われます。葬儀に出ていただきたい。」

 突然の話で驚いた。

 昼過ぎに再度来訪され、「氏子3町内の町内会長さんには、仏教の初七日にあたる式にも出てもらいたい。」との話であった。

 問題は町内会長として参列するのであるが、「香典」にあたるものをどうするかである。政教分離だから「氏子」というだけで町内会費から支出するわけにはいかないと思うからである。
 神社の葬儀というのは初めてのことであり、過去にも前例がない(ようだ)。前々宮司が亡くなられたのはおそらく数十年も前のことだろうから。それに当時なら町内会とは別に「奉賛会」があり、話はそちらにいっただろう。
 東本町4丁目と東本町3丁目の町内会長に相談してみた。東本町4丁目の場合は、「町内会の他の方が亡くなられた場合と同様に扱う。個人としての付き合いはそれとは別。」ということであった。これがヒントになった。後で町内理事会で議論はするが、「個人で参列する」ということにした。

 解らないことは素直に聞くしかない。香典にあたるものは「御霊前」ではなく「御玉串」と書くのだそうだ。入れる袋も「白黒」ではなく「白黄」だという。「二礼二拍」も音を立てないということを教えてもらった。

 竹内千晴さんとは、議員になってから親密に話をさせてもらった。それまではちょっと近寄りがたい雰囲気があった。世の中では「変わった人」で通っていたが、実際そうだったと思う。会うと開口一番「役に立たない議員」ときたものだ。そのたびに奥さんが心配されていた。口とは裏腹にいろいろ情報をもたらしてもくれた。
 直江八幡宮の歴史を語るときなどは、目が輝いていた。「普通の人が自分の家の歴史を語るのとはわけが違うな」と思ったものだ。いろいろ聞いて教えてもらったものだ。そんな一面を持った人でもあった。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-30 16:51 | いろいろ | Comments(0)
2012年 05月 30日
20120530 公明党「維新の会と理念は近い」
 共産党以外ならどこにでもくっつく公明党だが、同党の白浜副代表が橋下徹大阪市長が代表を務める大阪維新の会について、「考え方、理念は共通する部分があり、シンパシーがある」とBS番組で語ったという。
 「なるほど」「さもありなん」と思った。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-30 09:29 | 国の政治 | Comments(0)
2012年 05月 29日
20120529 消費税不公平、大企業に巨額還付
 新聞を整理していて、5月20日付けの『しんぶん赤旗』日曜版のトップ記事にあらためて目がとまった。
 「消費税不公平」の文字が赤で中央に配置され、左の「下請けは自腹切り」から右の「大企業に巨額還付」へと矢印で結ばれている。下段には還付された上位5社が記されていた。
b0013099_8143647.jpg

2010年度分消費税還付金上位5社
1 トヨタ自動車 2246億円
2 ソニー    1116
3 日産自動車   987
4 東芝      753
5 キャノン    749
  合計     5851億円


 からくりは「輸出戻し税」だ。輸出した商品には消費税を上乗せできないが、部品代には消費税が含まれているので、その消費税分を還付するという制度である。一見もっともらしく聞こえるが、大企業は下請け単価の切り下げなどで実際上消費税分を払っていない。だから丸儲けになるのである。
b0013099_816221.jpg

 輸出大企業が消費税増税に熱心なのには、こういう理由もあるわけだ。5%から10%になれば、この還付金は黙っていて2倍になるのである。どこまで行っても大企業には有利な税金なのだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-29 08:12 | ●本・新聞を読んで | Comments(0)
2012年 05月 28日
20120528 城北中の壮行会と学区会総会
 城北中学校の壮行会と学区会の総会があった。

 壮行会は、これから行われる各種大会や競技会に参加する生徒を激励するものである。
 体育関係の部活の生徒が前に並ぶと、送り出す方が少ないように見えた。「少なくなったな」と思った。我々のころは、送り出す方が圧倒的に多かったものだ。みな元気が良くて気持ちがよかった。

 学区会というのはいわゆる「学校後援会」である。簡単に言えば「部活の費用やいわゆる遠征費などの費用を、学区内の住民から集めるための組織」である。先日朝日新聞に教育費の税外負担の記事が載っていたが、まあ、そういう金を集める組織の一つといえるだろう。予算総額が180万円ほどであるが、「こんなの市の予算で何とかならないものか」とも思った。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-28 22:05 | ●町内会 | Comments(0)
2012年 05月 28日
20120528 プロ登山家の竹内洋岳さん、8000m峰14座登頂成功
 プロ登山家の竹内洋岳さんが、8000m峰14座の登頂に成功した。日本人ではじめての快挙。世界でも20数人しかいないという。すばらしいことだ。
 『しんぶん赤旗』は「苦難乗り越え快挙」との見出しで、次のように報じている。

 標高世界第5位のマカルー(8463m)登頂から17年。竹内洋岳(たけうち・ひろたか)さん(41)は、・・・日本人初の14座制覇者として歴史に名を刻みました。
 ・・・
 日本では山田昇さん、名塚秀二さん、田辺治さんといった優れた登山家が10座の壁を破れずに命を落としてきました。しかし、長年の登山界の夢を、竹内さんがついにかなえました。


 8000m峰は1座登るだけでもすごいことだ。それを全14座登頂したというのだから、本当にすごいことだと思う。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-28 12:52 | ●登山 | Comments(0)
2012年 05月 28日
20120528 雨なのに妙高山が見えている
 朝から風があり、雨が降っている。それなのに、妙高山が見えている。不思議な天気だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-28 12:17 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 05月 28日
20120527 直江八幡宮春季例大祭
 まつりは神輿渡御で盛り上げるが、「祭」そのもの、五穀豊穣を祝う神事は、本殿に御霊が戻された27日に、しめやかに執り行われる。この神事には10数年間参列している。当初は市議会議員として。そして東本町5丁目の祭典部長として参列し、今度は町内会長としてである。それぞれ参列する立場が違うので、役割も違う。

 いつも思うことだが、直江八幡宮の祭りには、近郷近在、広い範囲からたくさんの人たちが集まってくる。新道や津有の集落はもとより、五智とか三田とかの旧直江津地域をはじめ、頸城区の上三分一とか牧区の棚広新田などからも参列する。東本町3町の鎮守であるだけではないことが分かる。
 春と秋、二回の祭りはそうした人たちとの出会いと語らいの場でもある。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-05-28 07:10 | ●町内会 | Comments(0)