<   2012年 08月 ( 57 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 31日
20120826 信越トレイルの植物
 26日の信越トレイル。花の端境期であまり多くはなかったが、それでもいくつかの花が咲いていた。

ジャコウソウだと思うが、頂花しか着いていない
b0013099_6542159.jpg

ホツツジは、蕾から終わったものまで見られた
b0013099_6543244.jpg

エゾアジサイは、ちょっと湿った所に多い
b0013099_6544559.jpg

b0013099_655088.jpg

ヒメカユウ。はじめて見た。小型のミズバショウというか、カーラーに近いか。
b0013099_6551036.jpg

サワヒヨドリ。フジバカマの仲間。
b0013099_6552286.jpg

クルマバハグマ。葉が車のようになっている。
b0013099_6554420.jpg

花は意外とかわいい。
b0013099_6555836.jpg

ムシカリの実。春を謳歌していたオオカメノキ(ムシカリ)の実だ。
b0013099_6561165.jpg

藪の中で「ガサガサッ」と音がした。ヤンマのツッコだった。
b0013099_6562353.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-31 06:48 | ●登山 | Comments(0)
2012年 08月 30日
20120830 消雪井戸の工事
 すぐ近所に駐車場をお借りしているのだが、その駐車場の除雪のための消雪井戸を新しく掘る工事が、2~3日前から行われている。
 今までも浅井戸があったのだが、肝心の冬になると水が出なくなってしまい、特に今冬の豪雪では、パイプの水も凍るほどで、ほとほと手を焼いたのが動機のようである。今度は、50m前後まで掘削する本格的な井戸工事だ。借りている当方としては、ありがたい話である。

 28日に掘削のためのさまざまな機械類が運び込まれた。慣れているとはいえ、狭いところに、上手に配置していく。しばらく工事中は車の出し入れができない。

 29日は、一日かかって掘削していた。かなり大きな音と振動がしていた。最初は粘土層のようだったが、しばらくすると砂の層に変わったようだ。そして午後もかなり遅くなってから、砂礫の層になった。ここで掘削は終わった。水の層に行き当たったようである。
 「当たりましたか」
 「結構出てますね」
 圧搾空気で泥水が勢い良く噴き出していた。

 今日30日はもう、掘削のための機械類の撤去が行われた。これから掘削のためのパイプ類が撤去され、替わりに塩ビパイプが入れられるらしい。そんな工事がまだ数日続く予定だそうだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-30 17:12 | いろいろ | Comments(0)
2012年 08月 30日
20120830 雨だ
 雨音で目が覚めた。朝から雨というのは何日ぶりだろうか。空気が爽やかに、そして涼しくなったような気がする。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-30 06:43 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 08月 29日
20120829 西穂独標登山の事前説明会
 9月9日に遊歩会で西穂独標に登るが、その事前説明会を行った。
 「事前説明会」といっても、コースの概要や登山の注意点を話すだけなのだが・・・。遊歩会は結構高齢者が多いので、参加者には体力的な心配をはじめ、いろいろな心配事がある。それらを解消することはなかなか難しいことだが、精神的な安心感を持ってもらえれば幸いと考え、はじめたことである。
 それに何といっても「お客様」気分がある。以前には、申し込んだがどこへ行くのか、どんな山なのかをほとんど知らずに「連れて行ってもらう」状態の人が多かった。バスに乗って「エッ、こっちの方へ行くんですか」といった笑えない話もあった。そうした状態を少しでも解消したいという思いもある。が、簡単ではない。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-29 22:25 | ●登山 | Comments(0)
2012年 08月 29日
20120829 真っ赤な朝焼けだった
 『しんぶん赤旗』の配達で、外に出ると、東の空が真っ赤になっていた。秋の雲がその紅い光を受けて、燃えているように見えた。
 それが時間とともに、青空に変化していく様子が面白かった。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2012-08-29 10:14 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 08月 28日
20120828 スマートフォンの SIM を入れ替える
 スマートフォン S41HW は、SIM フリーである。Emobil の機種だが、開通エリアが限られているので、何とかならないかと思っていた。
 「プリペイド SIM」というのがあるというので調べてみたが、価格が結構高いということが分かった。他に何かないかといろいろ探していたら、PC online に「月額945円の通信用SIMを使って通信費を安く抑える」という記事が目に入った。

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する「IIJmio高速モバイル/Dサービス」の「ミニマムスタート128プラン」があります。月額945円で最大128kbpsのデータ通信を利用できます。525円/100MBのクーポンを別途購入することで、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの通信速度も利用できます。

 128kbps だが、月額950円でNTTの回線が使えるというのである。どの程度使えるか調べることも含めて、購入してみることにした。8月16日に発注し、初期費用 3150円と当月分945円、計4095円を指定口座に振り込んだ。20日に「21日から使える」という案内があり、実際21日に SIM が届いた。
 早速、Emobil の SIM を取り出し、届いた SIM に入れ替えた。電源を入れると Android が立ち上がった。GMail の設定で、Google のパスワードを入力すると、あっさりと繋がった。「案ずるよりも生むが易し」である。
 「090」ナンバーがついてきたが、この番号では電話の送受信ができないことがわかった。

 128kbps というのは、どの位遅いのか。メールの閲覧には、さほど支障を感じない。ブログの更新もマアマアだ。App のダウンロードは、確かに時間がかかっている。これは時間がある時にやればよい。こうしてみると「あまり不自由はないのかな?」というのが実感である。いざとなれば、「525円/100MBのクーポンを別途購入することで、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの通信速度も利用できます。」を利用すればよい。

 このSIMでは電話が使えない。電話をかけるということはそんなにない。かかってくることもそんなに多くはない。そんな使い方にピッタシのものがあった。「050plus」である。月額315円で、通話料はその都度かかるが、めったにかけないのだから不都合はない。050plus をインストールした。電話番号が Emobil のものとは変わってしまうが、これで電話も使える。ただし電話する時には、無線とネットワークで機内モードを解除しておく必要があるようだ。

 しばらく使って、様子を見てみようと思う。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-28 21:07 | スマートフォン | Comments(0)
2012年 08月 27日
20120827 信越トレイル(伏野峠~天水山)を歩いてきた
 雪だるま財団が6月から「信越トレイルを歩こう!」というイベントを行っている。全区間を6区間に分け、各月2区間づつ歩いて、3ヶ月で踏破しようという企画である。8月26日は伏野峠~天水山という最終コースであった。前日には関田峠~伏野峠が行われており、1泊2日という参加者が何人もいた。この日で「全線踏破」という人もいた。そんな人たちと歩いた。
b0013099_18205756.jpg

 出発地が安塚区の「伏野峠」にもかかわらず、集合地は牧区の「牧湯の里深山荘」である。深山荘で受付し、マイクロバスで伏野峠まで移動した。2班に分かれて出発。天水山登山口まで約14.5kmの道程である。伏野峠が約1020m、今日のコースの最高地点が三方岳で1039mで、その間を登ったり下ったりしている。その登り下りが結構急なのだが、せいぜい50m程度である。
 夏の花と秋の花との端境期なのだろうか、花らしい花はほとんど見れなかった。時期を変えて登ってみたくなった。ブナの美林が何ヶ所も見られる。秋の紅葉がいいだろう。
 時折吹く風が心地よかったが、全体的には蒸し暑い一日だった。天水山登山口で迎えに来てくれたマイクロバスに乗り込んで深山荘に戻り、風呂で汗を流した。信越トレイルは交通の便が悪いのが玉に傷だ。今回のように登山口まで送り下山口に迎えに来てくれる企画は、貴重である。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-27 18:20 | ●登山 | Comments(0)
2012年 08月 25日
20120825 「肥薩おれんじ鉄道・古木社長に聞く」-北日本新聞を読む
 7月19日付の北日本新聞に「肥薩おれんじ鉄道・古木社長に聞く」という記事が掲載された。記事の見出しは「三セク 責任の所在明確に」というものである。このインタビューで古木(「こぎ」と読む)圭介社長が語っていることの大部分・中心点はこのことにあるようだが、インタビューアーの関心は少しずれているように見える。肥薩おれんじ鉄道㈱の嶋津忠裕前社長が、えちごトキめき鉄道㈱の社長に就任している新潟県との事情の違いだろう。

 古木社長が就任の経緯を語っている。
 「肥薩おれんじ鉄道の経営がうまくいっていないということで地元の県から打診を受け、短期間であればと思い就任することになった。」
 簡潔にいえば、嶋津前社長ではダメなので社長交替したということである。

 同社長は次のようにも語っている。
 「JR九州との協定で開業後10年間は技術者を出向してもらえることになっていたが、その後どうするのか私が就任するまで全く手が打たれていなかったので、プロパー社員の採用を始めた。」
 「それから驚くことに、私が来るまで営業の部署がなかったので、すぐに営業部をつくり、8人のチームで営業に力を注いだ。」

 端的にいって、前任者にはまったく経営ノウハウがなかったことをいっているとしか思えない。その前任者がえちごトキめき鉄道㈱の社長に就任しているのである。

 こうした経験からだろう、次のように強調している。
 「大切なのは、最初の段階できちっと議論し、激論を交わしてでも責任の所在をうやむやにしてスタートしないことだ。」
 「三セクの一番悪いところは、ややもすると責任の所在が失われてしまうことだ。」

 古木圭介社長がもっとも言いたかったことは、このことではないだろうか。えちごトキめき鉄道㈱の責任者は、嶋津忠裕社長なのか、泉田裕彦県知事なのか。はたまたその下の社員なのか。

 赤字補填のための「基金」について、次のように述べている。
 「基金は利息を使って赤字を補填できるくらいの規模があればいい。」
 「線路や枕木、信号機などの施設は加速度的に老朽化し、金がかかる。計算できることは全て計算して基金を用意しておかなければならない。」

 ここで一番問題になるのは、JR資産の譲渡問題であろう。JR各社は、旧国鉄から資産を無償で引き継いだと思うのだが、それを今度は三セクには有償譲渡しようとしている。これはおかしいではないか。

 このインタビュー記事を読んでいると、在来線を守る三市連絡会や在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会がこれまで、新潟県や新潟県並行在来線㈱(現・えちごトキめき鉄道㈱)に提案し、求めてきたことと大筋で一致していることが分かる。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-25 18:49 | ●本・新聞を読んで | Comments(1)
2012年 08月 25日
20120825 JPG画像に線や文字を書き入れる
 登山計画書を作成する時、地図にルートを書き入れたい時など、画像に線や文字を書き入れたいことがある。
 もっとも簡便な方法は、Windows をインストールすると一緒にインストールされる「ペイント」を使う方法であろう。マウスで自由に線を引くのはなかなか苦労する。

 JPGファイルを「ペイント」で開く。「ホーム」にいろんなツールが並んでいる。
b0013099_11215668.jpg

1.まず自由な線を書き入れてみる。
 「鉛筆」ツールをクリックする。
b0013099_1124239.jpg

 「線の幅」を一番太い線にする。
b0013099_11252813.jpg

 「色1」が線の色。標準は「黒」だが、必要に応じて右のパレットからクリックして選択する。「鉛筆」で線を描く。一気に長い線を引かず、少しづつ引く。この時、前の線との間を少し空ける。「Ctrl+Z」で直前に描いた部分を取り消せる。「Ctrl+S」で逐次保存する。終わったら「鉛筆」ツールを再度クリックして選択を解除する。

2.次に直線を書き入れる方法。
 「図形」ボックスの左上にある「斜めの直線」をクリックして「直線」を選択する。
b0013099_1126433.jpg

 直線の始点をクリックし、終点までドラッグする。「Ctrl+S」で保存する。

3.文字を書き入れる。
 ツールの「A」をクリックする。
b0013099_11274661.jpg

 カーソルの形状が変わる。文字を書きたいところでクリックしドラッグすると、文字列挿入枠ができ、「テキスト」というタブができる。挿入枠に文字を書き入れる。
b0013099_11281749.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-08-25 11:19 | ソフトインストール | Comments(0)
2012年 08月 23日
20120823 カマキリ博士の講演
 快適な「雪の高田」を創る会の定期総会で、カマキリ博士こと酒井與喜夫氏の講演「自然災害に備えた未来観測」を聞いた。おもしろい話だった。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2012-08-23 16:01 | ●町内会 | Comments(1)