<   2012年 12月 ( 76 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 29日
20121229 歳末防犯パトロール――2日目
 歳末防犯パトロール2日目は、参加者が増えて10人になった。5人づつ2班編成で、晴れているので南裏にも回ることにした。
 救急車が来たことが話題になった。大事になっていなければ良いが。
 今日は第1班で行く。西側の通りを北から南へ行き、それから南裏を巡回して稲田橋まで行く。いったんお寺まで入ってから、町内を東から西へと町内会館まで戻ってくるというコースである。去年は雪が多く、南裏で苦労したことなどが思い出される。うっすらと雲がかかった月が東の空にあった。晴れている分、寒さが厳しい。
 第2班5人が出て行ったきり、なかなか戻ってこない。「キャンドルに引っかかったいるんだわ」ということで、9時30分に散会した。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-29 23:31 | ●町内会 | Comments(0)
2012年 12月 29日
20121229 安倍・原発推進内閣
 昨日28日金曜日。恒例の官邸前行動が行われた。第2次安倍内閣発足後、初の行動だという。その行動に参加した日本共産党の志位和夫委員長のスピーチが『しんぶん赤旗』に掲載されていた。

原発事故の「A級戦犯」の暴走を許すな

 そのスピーチで2006年12月に日本共産党の吉井英勝議員が出した質問主意書とその答弁書を紹介している。当時の総理大臣が安倍晋三氏で、経済産業大臣をやっていたのが甘利明氏だった。今回も同じ顔ぶれである。

 質問主意書で、私たちは、「大規模地震で、送電鉄塔の倒壊などで外部電源が得られなくなり、内部電源も働かなくなったときに、原子炉はどうなっていくか。検討を行っているのか」とただしました。
 政府は、それに対する答弁書で、何と答えたか。「ご指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しております」

 この二人が今また、原発増設、再稼動の推進役を担っているのだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-29 18:33 | 国の政治 | Comments(0)
2012年 12月 28日
20121228 歳末防犯パトロール――1日目
 12月28日と29日は、当町恒例?の歳末防犯パトロールだ。町内会役員が中心になって、一応町内全体に声をかけている。

 28日は暖かくて雨。夜8時町内会館に集合。7人集結。まず、景気づけに腹の中から温める。「去年は床があったよね」などと話がはずむ。
 第1班4人が、8:15に出発。西側の通りを回ってくる組と東の方、荒川まで行って帰ってくる組に分かれて出て行った。「ひのよーーじん」「カチッカチッ」の声と音が遠ざかっていく。おおよそ20分から30分の感じだ。
 第2班は3人で全体を回った。まず西側の通りを回り、それから東へ。稲田橋の際まで行って、戻ってお寺の辻へ入る。引き返そうとすると、頭上で何かが光っている。電線でショートして火花が出ているのだ。家屋引き込み線だから100Vだろう。被覆の塩ビが劣化して、そこに雨が染み込んでショートしているのだと思う。青白い火花がきれいだ。時々煙が上がるのは、水蒸気だろうか。「大丈夫だろう」ということにして引き返す。
 会館に戻ってこのことを話すと、「会館近くの電柱付近でもある」ということだった。東北電力もこういうところまでは手が回らないようだ。
 第1班がもう一度回ってくることになった。例年2班で終わりだから、今年は特別サービスということだ。
 10時少し前に散会した。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-28 23:18 | ●町内会 | Comments(0)
2012年 12月 27日
20121227 60数年間「風が吹けば桶屋が儲かる・・・」と言い続けて
 またまた「風が吹けば桶屋が儲かる・・・」か!
 戦後60数年間ずっと言い続けてきたことを、オーム返しのように「大企業・大資産家が潤えば、国民も豊かになる」かのように、安倍自民党政権がまた言っている。
 風が吹いても(大企業と大資産家が儲かっても)桶屋(国民)は儲からなかったではないか。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-27 22:18 | 国の政治 | Comments(1)
2012年 12月 27日
20121227 Visual Stadio Express 2012 for Windows Desktop
 どうも「C++Builder5」では、今時のソフト開発には時代遅れのようだ。
 「日経ソフトウェア」の2013年1月号に「Visual Stadio Express 2012 for Windows Desktop」の記事があった。「どんなものかな?」と思い、インストールしてみた。

 「Visual C#」で雑誌の記事を参考に、ソースコードを入力してみた。「ウーーーン」何ていって見ようもない。「オッ」という面と、「エッ」という面とが混在しているように思えた。慣れが必要なのだろうか。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-27 12:30 | ソフト作成 | Comments(0)
2012年 12月 27日
20121227 あまりの好天に誘われて
 昨日までの大荒れの天気が一段落して、今日は雲ひとつない好天になった。朝、妙高山が茜色に染まっていた。そんな天気に誘われて、板倉方面まで足を伸ばして写真を撮ってきた。車載の温度計は、ずっと-3℃を示していた。

 妙高山から火打山、そして焼山が、雪原の向こうに堂々としていた。
b0013099_12203185.jpg

 妙高山の山肌が、陰影でこんなにくっきりとしているのを見たのは久しぶりだ。
b0013099_1221698.jpg

 火打山は、雪煙をあげていた。晴れていても風が強いのだろう。北面の斜面がすばらしかった。
b0013099_1221211.jpg

 山とは逆の方向、北西から北東にかけては、分厚い雲が覆っていた。昨日渤海湾辺りから東に進んできた高気圧がもたらしたこの好天も、長くは続かないようだ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-27 11:19 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 12月 26日
20121226 Schedule Watcher がバージョンアップ
 スケジュール管理に重宝している「Schedule Watcher」が、5.51 にバージョンアップした。「Windows8での動作確認しました。」というのが、一番大きな変更点らしい。Windows7-64 を使っているので、どうしようかと思ったが、バグの修正もあることだろうと、ダウンロードしてインストールした。外観上は以前と変わっていない。使い勝手もそのままだ。

 「Schedule Watcher」を重宝しているのは、自分用にカスタマイズできるからである。中でも「分類設定」ができるのが良い。「町内会関係」とか「登山」とかというように、文字色と背景色を細かく変更できる。これは非常に便利で、予定表を見ただけで、どういう種類の予定が入っているかが分かるのである。これがあるから使い続けているということでもある。

 スマートフォン対応版がないのが残念である。「gsync.exe」というアドオンがあって、Google カレンダーにデータを転送することはできる。しかし逆ができない。これができるようになれば、申し分ないのだが・・・。

 ところで、Google カレンダーだが、「Schedule Watcher」のように、分類を色分けすることができないようだ。どこかに設定があるのかもしれないが、「設定」を開いても見つからない。PCではカラフルな「Schedule Watcher」を見ているので、スマートフォンやタブレットで見る Google カレンダーは、何とも色気がない。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-26 12:12 | ソフトインストール | Comments(0)
2012年 12月 26日
20121226 吹雪
 昨夜、会議が終わって帰って来る時は、強風の中でのミゾレだった。「明日の朝は積もっているかな」と思った。
 ずっと強風が、屋根やガラス戸を鳴らしていた。『しんぶん赤旗』の配達に出かける時、どんなに積もったかと心配しながら外を見たが、ほんの数cmしか積もっていなかった。強風で山の方に飛ばされたのかもしれない。しかし寒さは厳しかった。
 戻って上越タイムスを見ると、昨日安塚で-8.5℃にもなったと書かれていた。上越ではこういう寒さはめずらしい。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-26 06:24 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 12月 24日
20121224 雪が積もり始めた
 それまでの雨が、夜半から雪に変わっていた。気温が下がってきたのだろう、軽そうな雪で、風もないので、ゆっくりと下りてくる。まだ10cmになったかならないかくらいだが、積もりそうな雪だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-24 07:17 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2012年 12月 23日
20121223 「既得権」攻撃しながら自分の既得権はしっかり行使
b0013099_19224565.jpg 日本維新の会の橋下代表代行の既得権益攻撃は激しい。その一方で自らの既得権益=政党助成金はしっかりと受け取っているのである。

 維新は総選挙直前に・・・太陽の党を吸収。「太陽」は政党用件喪失を総務省に届け出ながら、今年の政党助成金の残額(12月分)2896万円の交付を受けました。維新への“持参金”となった形です。総選挙の結果、維新には来年、27億2500万円の政党助成金が支払われる見込みです。
 市民の生活や文化の担い手を“既得権益”と攻撃しながら、政党の既得権益=政党助成金はもらうという不誠実な姿勢が橋下「維新」の実態です。

 みんなの党も負けてはいない。

 「既得権益に食いつぶされてきた国民の貴重な税金を・・・国民のもとに取り戻します」 衆院選公約(アジェンダ)にそう盛り込んだみんなの党ですが、約2億8千万円の政党助成金(12月分)をしっかりと受け取りました。

 これらの政党が「既得権益」といって切り捨てようとしているのは、国民の生活・暮らしであり、営業だ。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2012-12-23 19:21 | ●本・新聞を読んで | Comments(0)