<   2016年 01月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2016年 01月 31日
20160131 【町内会】灯の回廊の案内が
 昨日30日に配布した広報じょうえつなどと一緒に、2月27日(土)に開かれる「灯の回廊」のチラシがありました。
 「60キロ・10万本の灯」「ゆらめく・続く・いやしの灯」などの言葉が並んでしました。何度か行って見ていますが、なかなか素晴らしいものです。今年も行って見ようと思っています。
b0013099_07251232.jpg
 エリアが広く、いくつもの区にまたがっていますので、「今年はどこへ行こうかな」などと、行く前から楽しんでいます。
b0013099_07254444.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-31 07:26 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 01月 30日
20160130 【ブログ】トリクルダウン信仰の証
 小林よしのり氏がブログに「日銀、未だにトリクルダウン信仰の目が覚めず」という記事を書いている。おもしろい記事だ。

日銀のマイナス金利導入は未だにトリクルダウン信仰を継続している証しに過ぎない。

と、喝破している。そして、日銀のマイナス金利について、次のように述べているのである。

日銀はマイナス金利で、銀行が企業に貸し出しをせざるをえなくなり、企業は資金を借りて設備投資や賃上げをし、景気の好循環が実現すると、またまたトリクルダウン信仰の継続である。
そりゃあそうだろう。アベノミクスにとってトリクルダウンがないということになれば、異次元緩和をやった意味がない。


 だから見かけだけでもトリクルダウンがあったように見せたいし、奮闘努力しているのだが・・・、
 それでもアベノミクスの成果を誇示しなければならないのが、今の日銀の使命なのだ。

結局、日銀ももはや手詰まりで、追い込まれた果ての奇策なのだ。

日銀、未だにトリクルダウン信仰の目が覚めず(小林よしのり 2016.01.30)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-30 19:44 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 01月 30日
20160130 【雑誌】マイナンバー=「完璧な徴税」という官僚の野望
 「「完璧な徴税」という官僚の野望」というのは、マイナンバー制度の本質を端的に表現していると、思った。週刊現代1月31日号の記事だという。「現代ビジネス」にあった。

 住基カードの13年間に投入された血税は、1兆円近いという。

住基ネットは、ほとんどの国民にとって必要のない欠陥制度だった。それなのに、国民の血税は粛々と、この住基ネットという「ドブ」に放り込まれ続けていたのだ。いったい、なぜなのか。

 この問いに対する答えとして最初に出てくるのが、「「完璧な徴税」という官僚の野望」ということである。

ひとつ目は、「国民を番号で管理し、税金の取りっぱぐれをなくしたい」という、官僚という生き物の「本能」だ。

 住基ネットやマイナンバーの大元である『国民総背番号制』のルーツについて、詳しく述べられている。そして二つ目。

住基ネットに巨額の税金が費やされてきた、もうひとつの大きな理由は、いわゆる「IT利権」だ。

 建物や高速道路のような「ブツ」の公共事業から、住基ネットとマイナンバーが官民一体となった「IT利権」の本流になっているのだという。
 そしてマイナンバーの「利便性」ということで喧伝されているものは、住基ネットでもできたことだという。

では、なぜ国は住基ネットを再利用せず、新たにマイナンバーというシステムを作り直すことにしたのか??ここまでくれば、その答えも察しが付くだろう。ハコモノ行政が消えた今、マイナンバーこそが最大の「公共事業」ということだ。

決して政府と官僚は認めないが、住基ネットもマイナンバーも「利便性」は建前にすぎず、実際には「税金の取りっぱぐれをなくすこと」をめざした制度である。国民の税金をムダ使いした上に、さらに強力な徴税システムを作ろうとしているのだから、笑うに笑えない。


 笑っている場合ではないのだ。

そして、このままでは間違いなく、マイナンバーも住基ネットの轍を踏むことになるだろう。

 しかし、住基ネットと同じように、だれもその責任を取らないのだ。

血税1兆円をドブに捨てた「住基ネット」?元祖マイナンバー、あれはいったい何だったのか?(2016年01月28日 週刊現代)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-30 17:40 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 01月 30日
20160130 【町内会】広報じょうえつの仕分け
 2日ほど前に広報じょうえつが届いていましたが、今朝、仕分けし、組長に届けてきました。過去に、金曜日になってから届くものもあったので、それを確認してからの作業です。組長に、二度手間、三度手間にして、手を煩わせたくないですから・・・。

 今回は全戸配布分が多く、重かった。
 冊子が、広報じょうえつに加え、、じょうえつ市議会だよりがあったこと。灯の回廊という雪まつりの案内パンフと社会福祉協議会の南支所だより。それに信州上田真田丸大河ドラマ館の案内チラシ。
 ずっしりと来ましたね。

 「今回は重いですよ」「あら、ほんとだ」などと会話しながら、楽しみながら届けてきました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-30 12:26 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 01月 29日
20160129 【季節】一日中、雪だった
 早朝の雨が雪に変わり、それが一日中降り続けていました。その割にはたいして積もらず、今22時過ぎですが、10cmを少し超えた程度です。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-29 22:20 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 01月 29日
20160129 【季節】雨が雪に変わった
 今朝、『しんぶん赤旗』配達の時はまだ、雨でした。それも小雨。
 朝の立哨の時には、ミゾレから雪に変わっていました。子どもたちがその中を、元気に登校していきました。

 この雪、九州の西から進んできている低気圧によるもののようです。昨日はまだ小さな低気圧でしたが、南岸低気圧に発達していくのか、心配ですね。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-29 11:00 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 01月 29日
20160129 【新聞】がんばってるな泉田知事――核のごみでも
 東京新聞が「全国四十七都道府県の知事に、原発から出る使用済み核燃料の中間貯蔵施設の受け入れについてアンケートした」結果である。受け入れ「拒否」が9府県で「どちらでもない」が16道県、「無回答」が22都府県もあったと報じている。「受け入れを「前向きに検討する」とした知事はなく」というのは、当然といえば当然だと思う。
 この中間貯蔵施設の受け入れを拒否した9府県に、新潟県も含まれているのである。「福島事故の検証が先」と主張している泉田県知事の現在の姿勢からすれば、当然の結論だとは思うが・・・。

 原発はよく「トイレ無きマンション」といわれるが、核のゴミである「使用済み核燃料の貯蔵プールが七~八年で満杯になる見通し」だそうだ。そういう状況の下で、政府と電力会社か「再稼働」に前のめりになっているのである。

核のごみ 行き場見えず 9府県の知事、中間貯蔵施設受け入れ「拒否」(東京新聞Web 2016年1月28日)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-29 10:54 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 01月 27日
20160127 【登山】戸隠奥社へ行って来た
 25日までの吹雪がやんで、26日は青空が拡がり、今日27日も晴天の予報でしたので、戸隠奥社まで参拝に行って来ました。

 出発時、上越地方では若干の雲があったものの、長野県に入るとまったくの青空でした。鳥居川沿いの県道36号線は、若干凍結していたものの、きれいに除雪されていました。
 確か一昨年だったと思いますが、1月に同じこの道を通った時、右手の山地から道路に飛び降りてきたリスが、左手の谷に降りようとして、雪の壁を登ろうとしてもなかなか登れず、やっとの思いで登って逃げていった時の光景を思い出しました。
b0013099_11244095.jpg
b0013099_11251729.jpg
 さすがにこの時期、奥社入口の駐車場はガラガラと空いていました。停まっている車を見ると「湘南」とか、結構遠い所から来ているようでした。
 隣に停まった車の人に「どちらまで行かれますか?」と聞くと、耳に手を当て、それから手を左右に振るのです。こちらも「了解」の合図をし、お互いに笑顔を交わしました。
b0013099_11253327.jpg
 奥社参道には、真っ直ぐに細い一本の道が伸びていました。この道を辿ります。スノーシューの跡が、何本か左右の雪原に伸びていました。
b0013099_11261239.jpg
 大きなミズナラの木が倒れていました。雪が降る前に倒れたようです。
b0013099_11264316.jpg
 随神門前の大きな狛犬。頭に大きな雪の帽子をかぶっていました。
b0013099_11270326.jpg
 随神門から始まる杉の木立。凛としたたたずまいです。修験者がここを道場としたのは、分かる気がします。
b0013099_11274405.jpg
 杉並木が終わると、明るい陽が当たり始め、奥社への登りが始まります。無人の社務所の横を通って、九頭竜社、奥社の前に出ました。
 奥社横から見上げる戸隠山はすごいですね。そそり立つ岸壁と雪、水墨画の世界です。
b0013099_11281838.jpg
 社務所の横に踏跡があったので行って見ました。すぐに途切れていました。この時期、登る人がいないようですね。おもしろい所なんだけどなあ。
b0013099_11283914.jpg
 帰路は、何組かの人たちとすれ違いました。雪の中の細い一本道です。こんなところでのすれ違いなんて未経験なんでしょうね。20人ほどのグループが、雪の広場で何か勉強をしていました。

 奥社入口の鳥居まで戻り、時間に余裕があるので、森林植物園の方に行って見ることにしました。広く除雪してあるのは、この時期に木道を整備しているためでした。その工事現場近くまで行って戻ってきました。

 中社のいつもの店でそばを食べようと行って見たのですが、「休み」でした。ほとんどのお店が閉まっていましたので、「水曜日は休み」なのかなと思います。それでもう一度奥社入口まで戻り、そこの蕎麦屋に入りました。

 大橋の駐車場には朝と同じ車が一台だけポツンと停まっていました。今日黒姫山に向かっているのは、この車の人だけのようです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-27 17:28 | ●登山 | Comments(0)
2016年 01月 26日
20160126 【季節】青空拡がる
 昨日までの吹雪がやんで、今日は青空が拡がっています。
 夜明けとともに妙高山も浮かび上がってきました。うっすらと赤みがかかっていました。
b0013099_08493993.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-26 08:49 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 01月 25日
20160125 【季節】ツララ
 「今冬第一級の寒波」というだけのことはある。軒先のツララが大きく長くなってきた。
b0013099_16030711.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-01-25 16:03 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)