<   2016年 06月 ( 38 )   > この月の画像一覧

2016年 06月 30日
20160630 【登山】ネパール・トレッキングの打ち合わせ
 先日、旅行会社の担当者から来てもらって、参加予定者説明会を開いたのですが、その時の様子からすると、何かまだ、疑問や不安がありそうです。それで「打ち合わせ会」を開きました。私を含めて9人の参加でした。

 手続きなどを書いたレジュメを作って持っていきました。これは、大正解。しかし、話はあっちに飛んだり、こっちに戻ってきたり。約1時間半。
 次回は、8月18日に。

 解ったことは、説明会に参加したけれど、何か違うことを考えていて、ほとんど聞いていなかった人が複数いたことでした。要注意ですね。
 また、海外旅行の経験者も複数いました。これは心強いですね。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-30 22:04 | ●登山 | Comments(0)
2016年 06月 30日
20160630 【談合】談合疑惑解明-第6回公判
 参議院選挙の真っ最中ではありますが、10時から新潟地裁で、上越市ガス水道局の談合疑惑に関わる裁判の第6回公判があり、傍聴に行ってきました。
 裁判そのものは、15分程度だったと思います。終了後、弁護士を交えての意見交換を含めても30分足らずでした。内容としては、これまでに原告・被告双方から提出された資料の内容を再確認し、それぞれの側と裁判官から補充や訂正がないかを確認することでした。結果として、原告側からは8月1日までに補充書を提出し、9月28日までに被告側が反論書を提出すること、10月3日13:30から次回公判を開くことが決められました。

 朝8時に高田を出発した時は、小雨でした。高速道路から見えた日本海は、穏やかな波でした。それが長岡に近づくと土砂降りに。そんな中、何ヶ所も高速道路の補修が行われていて、精を出す作業員の姿がありました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-30 21:21 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2016年 06月 29日
20160629 【町内会】体操
 市から広報じょうえつ等と一緒に届いた何種類かのポスターを、暁光会館(町内会館)に貼りに行きました。入口の外から見える所には、上越まつりとハスまつりのポスターを貼りました。謙信公祭と直江津祇園祭のポスターは、奥の方にしました。

 会館の中に自転車が置いてあり、二階で物音がしたので上がってみました。お年寄り(私もお年寄りではありますが・・・)が数人、体操をしていたのでした。
 「会長、ちょうどいいとこに来なったわ。いっしょにやんない。」
ということで、仲間入りさせてもらいました。腕を振ったりあげたり、足を前後に動かしたり左右に振ったりと、身体が火照ってきました。

 終わって、お茶飲み会です。皆さん手際が良い。ポットにお茶持参で、マイカップに注ぎ、お茶菓子まで出てきました。
 「もう二人ばかいるんだけどさ。今日は用事があって、こんだけだわ。」
 「結構、汗かくだろね。」
 「みなさん、マイカップ持参ですか。」
 「孫が、佐渡で造ってきてくんたもんだわね。」
 「うちに帰って、自分の分だけ洗えばいいねかね。」


 いやいや、元気ですね。こっちもパワーをもらいましたね。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-29 21:48 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 06月 29日
20160629 【自然】槿(むくげ)
 あまりの蒸し暑さに、町内の裏道を散歩してきました。同じ思いの人なのでしょう、何人かの人たちが、畑に出てきていました。そんな人たちと、世間話(政治の話になってしまいますが)をしたりしていると、逆に暑さが増したりしてしまいます。
 あるお宅に槿が咲いていました。カメラはもっていかなかったので、スマートフォンの写真です。
b0013099_21321664.jpg
b0013099_21322944.jpg
b0013099_21323964.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-29 21:31 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 06月 28日
20160627 【新聞】民主主義について

b0013099_09294925.jpg

 27日の赤旗1面の記事です。民主主義について考えさせられました。

 「反対者とともに統治する」という言葉が特にいいです。
 「これを否定する自民党は、はしなくも政治の理想を『全国民があらゆる政策で一致している状態』だと考えていることを露呈させています。」

 『全国民があらゆる政策で一致している状態』というのは、全体主義、ファイズムそのものですよね。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-28 09:23 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 06月 28日
20160628 【自然】今日は3輪
b0013099_09222662.jpg

二階から見た時は、2輪しか見えなかったのですが、写真を撮りに行って見たら、3輪咲いていました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-28 09:16 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 06月 26日
20160626 【新聞】イギリスの国民投票で問われた「EUとは何か」
 イギリスがEUから離脱するかどうかを決めた23日の国民投票について、様々な議論が展開されています。『しんぶん赤旗』は、ロンドンから現地記者が記事を寄せています。
b0013099_21411469.jpg
 勝利した離脱派の主張は、大きく二つの傾向に分かれていました。
 一つは、EU各国からの移民流入に伴う雇用や賃金、財政などの悪化を懸念する立場です。
 もう一つは、EUを「非民主的な官僚機構」とみなす立場です。
 こうした離脱派の二面性は、欧州政治の現状にも重なります。


 「離脱派の主張は、大きく二つの傾向」があったということは、あまり知られていません。一方、

 残留派にとってEUは「労働者の権利の擁護者」や「経済成長の基礎」として映ります。

 残留派が、どういう理由で残留を主張していたかも、日本ではあまり報道されていませんでした。

 二分された世論の対立は、今後も尾を引きそうです。

 「対立」が早く解決されることを望むものです。
b0013099_21414588.jpg
問われた「EUとは何か」英国民投票 尾を引く世論の二分(『しんぶん赤旗』2016年6月26日)



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-26 21:41 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 06月 26日
20160626 【自然】昨日の地震の「上越地方」ってどこだ
 昨日25日の午後(13:51頃)の地震。下から「ズンッ」と、突き上げるような地震でした。余震が来るかなと身構えたのですが、それで終わって、ホッとしました。
 ところでテレビでは「震源地は新潟県上越地方」と報道しています。「上越地方」といわれると、一般的には上越市を連想しますよね。私も「上越市のどのあたりだ」と思った一人でした。

 震源地の位置を確認すると「北緯36.8度 東頸137.8度」です。カシミール3Dで「北緯36度48秒、東頸137℃48秒」にジャンプしてみました。何と山ん中です。具体的には糸魚川市の山奥、蓮華温泉の南約1kmのあたり、長野県との県境でした。
b0013099_19225810.jpg
 「ウーーーン、確かに糸魚川市も上越地方には、違いないわな」と、思ってはみたものの、やっぱり何か違和感というか、「ンンンッ」と思った次第でした。
【気象庁のWebサイトでの確認画面】
b0013099_19232793.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-26 19:24 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 06月 26日
20160626 【新聞】「首相ごまかしの有効求人倍率」
 26日付け『しんぶん赤旗』の【なるほど!論戦ポイント】は「首相ごまかしの有効求人倍率」についてです。

 安倍晋三首相は、アベノミクスの成果として「有効求人倍率が1倍以上を47の都道府県で達成した。これは高度経済成長期、あるいはバブル期にも達成できなかった」と繰り返しています。ここには大きなごまかしがあります。高度成長期やバブル期には安倍首相が挙げた統計そのものがなかったからです。

 一国の首相が、このようなウソとごまかしを振り撒くようでは、困ったものです。事実を突きつけて批判されるとムキになるというのも、「大人げない」を通り越していますね。
b0013099_18532144.jpg
【なるほど!論戦ポイント】首相ごまかしの有効求人倍率 算出異なる統計で比較(『しんぶん赤旗』2016年6月26日)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-26 18:53 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2016年 06月 26日
20160626 【新聞】「税収増21兆円」の中身
 安倍首相が、アベノミクスの成果として自慢している「税収増21兆円」の中身について、『しんぶん赤旗』の「なるほど 論戦ポイント」でグラフを使って批判的に解説しています。

 ポイントの一つは、2012年と比較していることです。2012年というのは、08年のリーマン・ショックと11年の東日本大震災という異常事態によって税収が大幅に減った時期だということです。その異常時期と2016年度当初予算の見込み額とを比較して「21兆円」といっているわけです。
 比較するなら異常事態の前が当然でしょう。ということで、『しんぶん赤旗』記事ではリーマン前の2007年と比較しています。
b0013099_18304467.jpg
 07年度と比べると、税収は全体で4兆円しか増えていない上、消費税の増収9兆円を差し引けば5兆円ものマイナスです。つまり、消費税増税分を除けば「リーマン以前よりも増えた」どころか、大幅に減ったままなのです。

 この記事は「破たんした『税収果実』論に今後もなお固執するなら、無分別の極みというものです。」と、締めくくっていますが、安倍首相だけではなく、公明党までもがこれにしがみついています。

なるほど!論戦ポイント 「税収増21兆円」の中身“果実”どころかマイナス(『しんぶん赤旗』2016年6月25日)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-26 18:33 | ●マスコミ・本 | Comments(0)