<   2016年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 29日
20160729 【季節】熱っちっ! 高温注意情報が発令
 2時前に車載の温度計は、34℃になっていました。比較的風通しの良い車庫に入れておいてです。
 「【安全メール】高温注意情報が発令されています」が送られてきました。

本日の上越市高田の最高気温は32度に達する見込みです。
また、今週末も気温が高くなる予報が出ています。
暑い場所での作業やスポーツは避け、体調がすぐれないときは無理をせず、熱中症に十分注意してください。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-29 16:33 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 07月 29日
20160729 【家事】昼はそーめん
 「おとうさん、暑いし、ソーメンにしよう」ということで、今日の昼食は、ソーメンでした。
 うまい具合にキュウリが1本、食べごろになっていました。青じそも採ってきました。ミョウガの中を覗いたら、黄色い花がいくつも見えました。「祭の前にはなかったのにな」といいつつ、5個だけ採取。

 キュウリとミョウガは細く切り、青じそも細く刻みました。何とも簡単な昼食でした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-29 12:41 | 家族・家事 | Comments(0)
2016年 07月 29日
20160729 【市政】水戸の川と外堀
 橋爪法一議員がFBに昨日の「視察」の状況を書いています。そこへのコメントに「1枚、各施設の配置を示した地図が欲しいですね」というのがあったので、作ってみました。
 「」は、用水施設です。「×」が冠水した場所で「――」が水戸の川です。
b0013099_17144223.jpg
 北堀から出た水戸の川が東城町3丁目の住宅街をあちこち回って、稲田橋手前で関川本川に流入しています。
 24時間雨量で200mmを超えた豪雨が、この外堀の周辺も含めた地域に降り続けたのでした。橋爪議員がFBに書いていますが、状況から考えると、北堀から流出口があまりにも小さくて(幅が1mに満たない水路が2本)、この水量を流下させきれなかったということのようです。
 まあ、ここを広げたとしても曲がりくねった水戸の川の方の収容能力もあります。三面護岸ですから、安全性の問題も出てきます。
 異常気象が続いていますから、抜本的な対策を建てる必要があると思いました。




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-29 12:13 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2016年 07月 28日
20160728 【自然】高田城外堀=水戸の川を視察
 11時少し前から、橋爪法一議員とともに、水戸の川を視察してきました。実は、高田城の外堀全体が、水戸の川なのです。26日27日の記録的な集中豪雨で、流域に何ヶ所かで溢水が起きていたのでした。

 最初に訪れたのは、荒川(関川)左岸稲田橋の少し上流にある排水機場です。この排水機は、今回の豪雨では動いていませんでした。理由は、「荒川本川の水位が水戸の川よりも低かった」ためでした。素人目には、「排水機も動かせば、効率よく排水できたのではないか」と思ったのですが・・・。

 水戸の川を溯って、外堀の水が流れ落ちる本城町に行きました。水戸の川の水位は、通常よりもかなり多く感じました。堀からの落ち口は、あふれるような流れでした。
 この狭い落ち口で堰き止められると、北城高校の前あたりが冠水してしまうのかなと思いました。それにしてもあそこが冠水するというのは、たいへんな話です。報道によると、西堀橋の近くでも溢水していますから、1mにはならないでしょうが、50cmくらいは増水していたのではないかと思いました。
 ちょうど市職員が来たので、いろいろ話を聞くことができました。

 次は、スポーツセンターの向かいにある流入施設です。流融雪のための施設だと表示されていますが、荒川の水を汲み上げて外堀に流し込んでいる場所です。さすがに止まっていました。
 ということは、外堀からの溢水は、外堀に降った雨だけによるものだといえます。24時間雨量が200mmを超えたというのは、いかにもすさましい降り方だったということです。

 最後に向かったのは、この流入施設の取水施設がある善九郎用水の取水口です。用水組合の組合長からいろいろ話を聞くことができました。

 1995年の「7・11水害」の時にも思いましたが、こうして回ってみると、一言で「災害対策」といいますが、多くの問題が潜んでいることが分かります。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-28 21:55 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 07月 28日
20160728 【季節】ウワーーーっ、32℃だ
 3時過ぎ、『しんぶん赤旗』紙代の集金に出ました。車載の温度計が、32℃でした。
 家でごろごろしていた時は、「やけに咽喉がかわくなあ」と思っていました。こういう感覚の鈍さ=衰えが、熱中症の原因になっているのかもしれませんね。
 肝心の紙代集金は、珍しく1回で全部終わりました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-28 21:29 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 07月 27日
20160727 【自然】避難準備情報が発表されていた
 メールを整理していたら、上越市から「避難準備情報の発表について」という【安全メール】が届いていました。

上越市から避難の準備に関するお知らせをします。
大雨による正善寺川の増水に伴い、午後8時38分に、藤巻、木田新田、藤新田、木田に避難準備情報を発表しました。
藤巻、木田新田、藤新田、木田にお住まいの方で、避難に時間を要する方は、避難を開始してください。または、自宅の2階にあがるなど、身の安全を確保してください。
なお、避難所は、上越総合体育館と高志小学校を開設しました。


 あの辺りは、もともと低地で、以前にも冠水しているので心配ですね。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-27 07:22 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 07月 27日
20160727 【自然】豪雨
 昨日(26日)の昼前から降り出した雨は、今朝になってもやむどころか、強まっています。
 『しんぶん赤旗』の早朝配達でした。4時半の目覚ましが鳴る前から、激しい雨音で目が覚めてしまいました。4時前だったでしょうか。
 5時少し前に小降りになりました。

 荒川の状況が気になって、稲田橋へ行って見ました。泥水が河川敷に迫っていました。稲田の人たちが、川下りの儀式の後片付けをしていました。増水して流されては大変ですからね。

 一瞬雲が切れて、妙高山が朝陽に照らされていたのですが、6時半ころからまた、土砂降りです。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-27 07:16 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 07月 26日
20160726 【町内会】子どもたちもがんばった
 土砂降りの雨で、子供会が計画した祇園祭の行事は、大幅変更でした。

 まずは、子供神輿と引き太鼓。これは早々に「中止」と決定。町内会館に鎮座していたものを、雨が小降りになった一瞬をついて、物置に収納しました。古いものですから、濡れたら後が大変ですからね。

 堤防の上で予定していた神輿の川下りを見ながらのバーベキュー大会も、この雨では無理ですから、中止。

 灯籠行列だけは、「雁木の中を歩こう」ということでやることになりました。その時には、気持ち、雨も小降りになったように思いました。
b0013099_07021111.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-26 20:01 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 26日
20160726 【町内会】土砂降りの雨の中を神輿渡御
 11時過ぎから強い雨が降り始めました。今日(26日)は裏祇園の神輿渡御。

 「やんでほしい」の願いもむなしく、当町に神輿がやって来た時には、さらにいっそう激しくなりました。その土砂降りの雨の中、町内を巡行。随行してきた高田祇園祭の役員が心配して声をかけてきました。

 「この雨の中でも担ぎますか?」
 「ハイ、絶対担ぎますよ。みんなその気ですしね。」

 東本町4丁目の人たちは、ビショビショになりながらも、晴れやかな顔で担いできました。
 当町が神輿を引き取り、お祓いをしてもらっていると、なぜか雨は一層強くなったように感じました。

 「行いが悪いのはだれだ」
 「町内会長に決まってるねか」

 担ぎ手の顔はにこやかですが、担ぎ始めてすぐに、全身ずぶ濡れです。
 定められた時間(16:35)内に、川下りに引き渡しました。
b0013099_06514099.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-26 19:50 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 25日
20160725 【町内会】御旅所祭礼-お旅所って?
 お旅所のあるお馬出しの辻。北西の角にある「大杉屋」さんに寄ってみました。ご主人は、本町3丁目の町内会長として、そして高田祇園祭祭典委員長として、今日は一番忙しい日です。奥さんは、「お馬出しプロジェクト」などで活躍されていて、第1期の高田区地域協議会委員でもありました。
 「高田祇園 お旅所まつり」というリーフが置いてありました。25日17:00から、ここお馬出しの辻で行われるイベントの案内チラシです。話が弾んで、「御旅所祭礼」「お旅所って?」というリーフをいただきました。

 「御旅所祭礼」は、2012年に直江津地区連合青年会が発行したもので、見開き4ページのものです。高田祇園祭・直江津祇園祭のすべてが、簡潔に描かれています。祇園祭のいわれ、各行事の意味などを知る上で格好の教材です。
b0013099_13563056.jpg
 「お旅所って?」は、辻札風のものに「高田祇園祭神輿の御旅所」のいわれが、これもまた簡潔明瞭に書かれたものをメインに、下段に「神輿川下り(神輿還御)」について記したものです。
b0013099_13565258.jpg
 まつりに関わる様々なことについて、ややもすると忘れ去られてしまいがちです。子どもや孫たちに伝えていかなければならないものだと思いました。




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-25 18:17 | ●町内会 | Comments(0)