<   2017年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 23日
20170623 【中学生】町内の歴史を教えて
 昨日22日夕方、授業が終わってからでしょう、6名の城北中学校の1年生が訪ねてきました。数日前に先生と生徒から「町内の歴史を聞かせてもらいたい」との電話があったものです。
b0013099_11420847.jpg 折角のことなので、資料を用意することにしました。用意したのは、2002年(平成14年)9月30日に発行した「町史 暁光 東本町五丁目」です。A4版150ページ。全7章からなっていて、当時の町内会役員が総力を挙げて作成したものです。
 次の3章から15ページほどを抜粋してコピーしました。
 第1章 高田築城と鍋屋町・稲田鍛治町の成立と変遷
 第2章 江戸時代の鍋屋町・稲田鍛治町の様子とくらし
 第3章 近代化の歩み


 生徒たちの質問はまず最初に
 「東本町5丁目ができたのはいつ頃ですか」
 「2年前に『高田開府400年』というイベントをやったのを知ってるよね。高田のお城ができた時にこの町もできたんだよ」
 「すっごい古いんですね。」
 「町内に『鍋屋町』『稲田鍛治町』という2つの標柱が建っているよね。その二つの町が合わさって東本町5丁目になったんだよ。」

 「どんな町だったんですか
 「昔の名前の通り、鍋屋さんと鍛冶屋さんがたくさん住んでいたんだね。私が中学生の頃は、お店屋さんがたくさんあったんだよ。」
 「東本町の通りは、おおしう街道といって、佐渡の金を江戸に運ぶ大切な道だったんだ。今は新しい道ができたけど、雁木通りがメインストリートだったんだよ。」

 「ぜんぜん変わっちゃってるんですね。」

 「有名なものはありますか。」
 「ウーーン、いろいろあるけど、坂口謹一郎先生のことは知ってるかな。『生誕120年』ということで、市がイベントの企画をしているけど」
 「ハイ、名前は聞いています。」
 「その坂口先生が生まれたのは、『鍋屋町』なんだよ。」
 「知らなかった。」
 「養福寺さんの裏に、製油所があって、そこで生まれたのさ。」
 「製油所があったんですか。」
 「今の牧区や清里区などに油田があって、それを精油して高田駅から出荷してたんだね。」

 「知らないことばっかで、勉強になりました。勉強したことをまとめて発表することになっています。ありがとうございました。」

 何とも爽やかな気分になりましたね。同時に、こうした自分が住んでいる町の歴史などを、若い人達に伝えていくことが大事だなあと思いました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-23 11:46 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 22日
20170622 【本】現代史とスターリン
 不破哲三氏は、その著書(雑誌「前衛」に25回にわたって連載された)「スターリン秘史ー巨悪の成立と展開」で、ソ連と「共産主義」運動の闇、国際政治とスターリンの関わりなどについて、ソ連崩壊で市場に出回った資料を駆使して解明した。
 毎回の「前衛」を、「今度はどんな事実が解明されるのかな?」と、興味深く読んだものだ。それが、全6巻になって刊行されている。
 本書「現代史とスターリン」は、刊行後に、不破氏と渡辺治氏が、「しんぶん赤旗」紙上で、対談したものを、書籍として刊行したものである。
 この対談では、『秘史』が二十世紀の世界政治の真相を明かにしたこと、そしてそのことが持つ意義を強調していた。総論として『現代史の見方が変わってくる』と強調されているが、まさにその通りだと思う。

b0013099_17522403.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-22 17:16 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2017年 06月 22日
20170622 【自然】ボケの実
 ボケの枝が茂っていたので、剪定しました。良く見たら、ピンポン玉よりも大きな実が生っていました。この木は、私がまだ若い頃からありますが、実が生ったのは、初めてです。

b0013099_12175421.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-22 12:04 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 22日
20170622 【自然】トマトのカラス避け
 畑のトマトが大きくなってきました。
 色が着いてくると、カラスに狙われます。カラス避けの網をかけました。

b0013099_12033983.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-22 11:58 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 21日
20170621 【ソフト】FireFox バージョンアップ
 FireFox が「54.0」にバージョンアップした旨の案内が来た。
b0013099_14260182.jpg
 インストールにあたって、今まで「32bit版」だったものを「64bit版」にした。Windows10 が 64bit なのだから、もっと早くにそうすべきだったのだが・・・。ちょっとだけ軽快になったように感じる。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-21 14:26 | ソフト・APP | Comments(0)
2017年 06月 18日
20170618 【本】崩れた原発「経済神話」柏崎刈羽原発から再稼働を問う
 新潟日報社の原発問題特別取材班の書籍である。帯に「執念の調査報道が明かす不都合な真実」とあるが、その通りの内容の書籍である。
b0013099_21490580.jpg
 月初めに立石雅昭先生が「購入した」と言っておられたのに触発されて、直ちに発注し、届いてすぐに読み始めた。目次を以下に掲げる。
b0013099_21495594.jpg
b0013099_21502505.jpg
b0013099_21512694.jpg

 まずは、「プロローグ」が良い。新潟県知事選挙で起きた「新潟ショック」から始まっている。そして、この書籍の発行が、単なる思い付きなどできなく、数十年にもわたる継続した取材に裏付けされているものだということが、明らかにされている。

 本文では、まず何よりも「第1章 かすんだ恩恵」が圧巻である。
 2015年10月から11月に行った「地元企業を対象に聞き取り調査を行った」
「地元100社調査」の7問への「回答」を紹介することから始まる。架空の話ではなく、「聞き取り調査」だから、推進・反対の双方に不都合な回答もそのまま載せられている。

 続いて「第2章 検証 経済神話」へと進んでいく。
 ここでは、「同じ新潟県内で1970年代に柏崎市と人口規模が近かった三条市と新発田市のデータ」が比較されているのである。主題が「経済神話」であるから経済問題が中心ではあるが、人口問題をはじめ様々な指標(新潟県や各市が公表している統計データ)が取り上げられている。こうして「神話」の一つ一つが掘り崩されていく。

 全体的な結論は、柏崎市は原発の恩恵がなかった三条市や新発田市に追いつき・追い越されたということである。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-18 21:51 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2017年 06月 18日
20170618 【自然】ジャガイモの実
 ジャガイモが花盛りですが、その中に、緑の丸い実が着いていました。ミニトマトと間違いそうです。

b0013099_17131098.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-18 17:09 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 16日
20170616 【家事】山椒の佃煮
 10日ばかり前だっただろうか、山椒を選定した。その枝を集めて、葉っぱの佃煮を作ってみた。これが、美味だった。
 伐採した所から新芽が伸びだしてきた。別の木も伐採しなくではならない。パソコントラブルの合間を縫って、それらを一気にこなし、またまた一定量の枝・葉を集めてきた。

 山椒で一番手間がかかるのは、小葉を丁寧に取り込むことである。テーブルの上に広げ、お茶をいただきながら、のんびりと、丁寧に1枚1枚取り外していく。若芽の鼻先に1mmほどの小さなアゲハチョウの卵が着いていたりする。小さく黒くうごめいているのは、1齢幼虫だ。これらは、食べるわけにはいかないので、取り去る。

 まずは水洗い。そして熱湯にくぐらせ、水冷。きつく絞ってから、食べやすくなるように1cm幅に切る。
 醤油:みりん:酒:水=1:2:1:1の割合(全量で葉の約2倍)で鍋に入れ、沸騰させる。そこに山椒の葉を投入する。3分ほどして、火を止めて、冷ます。
 50gほどのシラスを投入して、再び沸騰させる。汁をよくなじませて、3~4分したら、また火を止める。さまして汁を葉に含ませる。
 あとは、焦げ付かせないように煮詰めて出来上がり。上々。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-16 22:31 | 家族・家事 | Comments(0)
2017年 06月 16日
20170616 【自然】庭の草刈
 しばらく放置していたら、庭の草たちが伸び放題になっている。どうみてもこのままにしておくわけにはいかない。
 Windows10 のトラブルで仕事にならないので、「更新」の待ち時間を利用して、草刈りをすることにした。

 片っ端から、引き抜く、はさみで切る、鎌で刈る。
 ミツバが50cmにもなっている。みずみずしくは見えるのだが、とても食用にしようとは思わない。フキ、ミョウガも、勢いよく自由気ままに、伸び放題である。刈り取ったものが山のように積み上がっていく。かつてなら燃してしまったものだが、今はそうはいかない。わざわざ金をかけてゴミとして出すか、積み上げてたい肥とするかしかない。それにしてもすごい量である。

 びっしょりと汗をかいたので、一風呂浴びてさっぱりした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-16 22:02 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 16日
20170616 【パソコン】Windows10 で忙殺される
 イヤーーーッ、参ったなあーー。何かって、Windows10 の更新だ。

 昨日、何とか「修復」されたようなので、電源を落として就寝した。そして今朝、電源を入れた。途端にまたあの「更新プログラムの構成」「コンピュータの電源を切らないでください」である。1時間以上もそのままだっただろうか。
 そして今度もまた、「更新プログラムを構成できませんでした」「変更を元に戻しています」「コンピュータの電源を切らないでください」と来た。仕事にならない。

 午後になってから、Windows10 のインストールディスクで起動だけはさせることができた。
 それですかさず、「Windows10 更新が構成できない」で検索してみた。膨大なヒットだ。ということは、それだけ頻発しているということである。Microsoft に「対処法」が書かれていた。率直に、「そんなの書くくらいなら、そうならないように改善しろよ」と思った。

 そこに書かれていたものを、いろいろ試してみた。変わらない。
 、「更新プログラムを構成できませんでした」「変更を元に戻しています」「コンピュータの電源を切らないでください」となったので、もう、放置することにした。

 夕食が終わって、来てみると、何と、Windows10 が起動しているではないか。いったいどうなっているのだ。
 それで今、このブログを書いている次第である。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-16 21:44 | ●パソコンのこと | Comments(0)