<   2017年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 28日
20170628 【本】糸魚川大火、新保議員が論文
 日本共産党が発行している『議会と自治体』7月号に、「糸魚川大火 被災者に寄り添った復旧・復興を」という新保峰孝糸魚川市議の報告が、掲載されていました。
 詳細な経過が載せられています。あまり報道されていない、共産党の活動・取り組みも、詳しく報告されています。

b0013099_08073350.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-28 07:53 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2017年 06月 28日
20170628 【自然】今どきのテツセン
 春にいっぱい花を咲かせたテッセン。今また、たった一輪ですが、咲きました。でも、貧弱ですね。

b0013099_07522746.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-28 07:48 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 27日
20170637 【自然】カラスウリ
 近所の松の木に、カラスウリが絡みついて、たくさん花をつけていました。
b0013099_15080053.jpg


b0013099_15080225.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-27 15:02 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 24日
20170624 【選挙】オッ、動き出したな!
 郵便ポストに、封筒が入っていた。「分権社会政策研究所」とある。開ける前から、宮越馨からのものだと分かる。未だに、この名前を使っているのだ。選挙が近づいてくると、送って来る。

b0013099_15464537.jpgb0013099_15464846.jpg
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-24 15:35 | 選挙 | Comments(0)
2017年 06月 24日
20170624 【畑】カラス避け
 先日、トマトにカラス避けのネットを張りました。その時は「キュウリはまた後で」ということにしたのでした。
 今朝見たら、キュウリのカケラが散らばっているではありませんか。「しまった、やられた」と思いましたが、後の祭りですね。
 じっと我慢して、これ以上食べられないように、ネットを張り巡らせました。

b0013099_13235171.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-24 13:15 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 24日
20170624 【野菜】オヤッ、このキュウリ?
 昼のおかずにと思って、キュウリを一本採ってきました。
 さて、と良く見たら、切り口に、小さなのがくっついていました。

b0013099_13150288.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-24 13:02 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 24日
20170624 【家事】味噌の仕込み
 例年お願いしている北本町1丁目の高野味噌醤油店さんから、今年も味噌を仕込んでもらいました。

 県産大豆   1斗
 県産白米   0.85斗


 昨年も一昨年も大豆7升でしたが、娘たちに送ってやったりしていると、新しいものが熟成する前に前年のものが無くなってしまうので、今年は1斗に増やしました。去年仕込んだものは、今年のものが熟成する前に無くなりますが、しばらくはスーパーなどから購入することになります。来年は大丈夫でしょう。

 この仕込みに合わせて、10日ほど前に味噌樽を洗って乾燥させておきました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-24 12:04 | 家族・家事 | Comments(0)
2017年 06月 24日
20170624 【町内会】三町三役情報交換会
 昨日の夕方から、三町(東本町3丁目、東本町4丁目、東本町5丁目)の三役9人が集まっての情報交換会でした。年に3回、各町内持ち回りでやっているものです。

 私の方は、秋の「坂口謹一郎博士生誕120周年記念講演会」の概要について、報告しました。

 直江八幡宮の「負担金」について、議論が沸騰しました。祇園祭の負担金や他の神社の負担金のあり方なども参考にして、改善していく必要があるということで一致しました。
 祭は地域の大切な文化行事の一つではありますが、「信教の自由」とのかかわりがありますから、住民の納得が得られるようなやり方にしていかないと、存続することさえ難しくなるといえます。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-24 11:51 | Comments(0)
2017年 06月 23日
20170623 【中学生】町内の歴史を教えて
 昨日22日夕方、授業が終わってからでしょう、6名の城北中学校の1年生が訪ねてきました。数日前に先生と生徒から「町内の歴史を聞かせてもらいたい」との電話があったものです。
b0013099_11420847.jpg 折角のことなので、資料を用意することにしました。用意したのは、2002年(平成14年)9月30日に発行した「町史 暁光 東本町五丁目」です。A4版150ページ。全7章からなっていて、当時の町内会役員が総力を挙げて作成したものです。
 次の3章から15ページほどを抜粋してコピーしました。
 第1章 高田築城と鍋屋町・稲田鍛治町の成立と変遷
 第2章 江戸時代の鍋屋町・稲田鍛治町の様子とくらし
 第3章 近代化の歩み


 生徒たちの質問はまず最初に
 「東本町5丁目ができたのはいつ頃ですか」
 「2年前に『高田開府400年』というイベントをやったのを知ってるよね。高田のお城ができた時にこの町もできたんだよ」
 「すっごい古いんですね。」
 「町内に『鍋屋町』『稲田鍛治町』という2つの標柱が建っているよね。その二つの町が合わさって東本町5丁目になったんだよ。」

 「どんな町だったんですか
 「昔の名前の通り、鍋屋さんと鍛冶屋さんがたくさん住んでいたんだね。私が中学生の頃は、お店屋さんがたくさんあったんだよ。」
 「東本町の通りは、おおしう街道といって、佐渡の金を江戸に運ぶ大切な道だったんだ。今は新しい道ができたけど、雁木通りがメインストリートだったんだよ。」

 「ぜんぜん変わっちゃってるんですね。」

 「有名なものはありますか。」
 「ウーーン、いろいろあるけど、坂口謹一郎先生のことは知ってるかな。『生誕120年』ということで、市がイベントの企画をしているけど」
 「ハイ、名前は聞いています。」
 「その坂口先生が生まれたのは、『鍋屋町』なんだよ。」
 「知らなかった。」
 「養福寺さんの裏に、製油所があって、そこで生まれたのさ。」
 「製油所があったんですか。」
 「今の牧区や清里区などに油田があって、それを精油して高田駅から出荷してたんだね。」

 「知らないことばっかで、勉強になりました。勉強したことをまとめて発表することになっています。ありがとうございました。」

 何とも爽やかな気分になりましたね。同時に、こうした自分が住んでいる町の歴史などを、若い人達に伝えていくことが大事だなあと思いました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-23 11:46 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 06月 22日
20170622 【本】現代史とスターリン
 不破哲三氏は、その著書(雑誌「前衛」に25回にわたって連載された)「スターリン秘史ー巨悪の成立と展開」で、ソ連と「共産主義」運動の闇、国際政治とスターリンの関わりなどについて、ソ連崩壊で市場に出回った資料を駆使して解明した。
 毎回の「前衛」を、「今度はどんな事実が解明されるのかな?」と、興味深く読んだものだ。それが、全6巻になって刊行されている。
 本書「現代史とスターリン」は、刊行後に、不破氏と渡辺治氏が、「しんぶん赤旗」紙上で、対談したものを、書籍として刊行したものである。
 この対談では、『秘史』が二十世紀の世界政治の真相を明かにしたこと、そしてそのことが持つ意義を強調していた。総論として『現代史の見方が変わってくる』と強調されているが、まさにその通りだと思う。

b0013099_17522403.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-22 17:16 | ●マスコミ・本 | Comments(0)