タグ:アンナプルナ ( 5 ) タグの人気記事

2015年 10月 26日
20151026 松尾武久さんを偲ぶ会
 信大学士山岳会の重鎮、松尾さんが急逝されたのは、今年の3月でした。その「松尾武久さんを偲ぶ会」が、25日、東京は両国であり、出席しました。松尾さんの人柄をあらわすように95人もの人たちが集いました。

 松尾さんとのお付き合いは、2009年の「信州大学学士山岳会60周年記念事業」の準備段階からのことでした。

 私が入学したのは1965(昭和40)年ですが、その頃、各地に散らばっている学部を一ヶ所に統合する「全学統合」という動きがあり、自治体や経済界も含めて賛否両論の運動が展開されていました。信大山岳会は、松本・伊那、長野、上田にそれぞれ山岳部がありましたが、大学の統合に先行して信大山岳会への統合の話が進められていた時期でした。そんな状況でしたから、繊維学部の上田山岳部は他の二つの山岳部とは、あまり交流がなかったのでした。(66年に教養(1年次)だけが松本に統合されたため、私の次の学年からは、最低1年間は松本で新人時代を過ごすことになりました。)
 そういう当時の状況を反映して、実は私は、他学部の山岳部員とはほとんど面識がなかったのでした。

 2009年の「信州大学学士山岳会60周年記念事業」は、そうした状況を一変させてくれました。それまで名前だけしか知らなかった松尾さんと親しく話をすることができたのも、この事業のおかげだと思っています。とりわけ私が参加した第3隊「アンナプルナ一周トレッキング」の隊長が松尾さんだったこともあって、様々な場面でいろんな話をする機会が生まれました。
 「アンナプルナ一周トレッキング」は、私を信大学士山岳会に導いてくれましたし、いろんな場面でメンバーの中に自然に溶け込ませてくれたのが、松尾さんだったと思います。

 「松尾武久さんを偲ぶ会」に参加して、いろんな人たちの松尾さんに対する思いを聞き、あらためて「すごい人だったのだな」と思いました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-10-26 18:52 | ●歩み・思い出 | Comments(0)
2013年 06月 21日
20130621 いまさら「アンナトレッキング」の記録を・・・
 19日のブログ「20130619 昨晩からズーーーッと雨が降っている」に「こういう雨の降り方を見ていると、2009年のアンナプルナトレッキングのことが思い出される。」と書いて、その記録を読み返そうと思って、開いてみた。
 何と、未完に終わっているではないか。タイムだけは入っているものの、記事が書かれていない。アリャァリャァ。やり掛けて途中でやめてしまったらしい。

 HDDの中に記事がないか探してみた。載せるつもりでまとめたものがテキストデータで残っていた。トレッキングの途中で、「ポメラ」で記録していたものと、ボイスレコーダーから起こしたものである。
 今回これらのデータで、記録を作り直した。こういうことは、その時その時でやってしまわないと、どんどん忘却の彼方に飛んでいってしまう。

20130619 昨晩からズーーーッと雨が降っている
http://tsugimoto.exblog.jp/20613074/

信大学士山岳会創立60周年記念  アンナプルナサーキットトレッキング
http://6.news-site.net/~sugimoto/mount/2000/2009/20090922-1019/20090922-1019.html

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-06-21 16:30 | ●登山 | Comments(0)
2013年 06月 19日
20130619 昨晩からズーーーッと雨が降っている
 昨晩からズーーーッと雨が降っている。まったく風がない。雨は、真っ直ぐ落ちてくる。木の葉に当たる音が、強くなったり弱くなったりしている。そんな中から、小鳥の声がしている。

 こういう雨の降り方を見ていると、2009年のアンナプルナトレッキングのことが思い出される。カリガンダキ川沿いの白壁の町マルファで、同じような降り方を経験した。弱い風で真っ直ぐに落ちてくる雨が丸一日続いて、滞在を一日延長せざるを得なかった。おかげで河口慧海記念館をゆっくりと見ることができたが、翌日はあちこちにぬかるみや土砂崩れがあり、難行苦行だった。そんなことを思い起こさせるような降り方である。

 「午前中1時間50mmを越える」雨が予想されている。1ヶ月以上続いた日照り。その後の急激な豪雨とは・・・。台風の影響があるとはいえ、異常気象そのものである。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-06-19 06:01 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2011年 07月 28日
20110728 昨夜からすごい雨が降っています
 昨日の夜の天気予報で「大雨警報」が出ていました。その時はそんなふうには見えませんでした。ところがその後に降り出したのです。なんて形容して見ようもないすごい降り方です。朝まで断続的に降っていました。

 この降り方を見ていて、一昨年のアンナプルナトレッキングで遭遇した雨を思い出しました。マルファというところで、丸一日降り続いた雨に閉じ込められたのでした。その時の降り方に煮ていると思いました。ほとんど風がなく、ほぼ真っ直ぐに雨粒が落ちてくるという降り方です。

 上空は風があるようですね。雲の動きが早い。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-07-28 07:26 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2010年 07月 11日
20100711 ネパールのデビさんから電話
 昨日夕方(日本時間 10日18時頃)、ネパールの D.B.RAI(デビ)さんから国際電話があった。昨年のアンナプルナ一周トレッキングでサーダーを務めてくれた人である。電話でも、トレッキングの時と同様に私のことを、「先生、先生」(「シェンシェイ」と訛っているが)と呼んでいた。懐かしさでいっぱいになった。

 彼の用件は、「10日くらい後に日本へ行く」「松尾隊長の電話番号を知りたい」ということだった。日本に着いたら会いたいのだという。「調べて、連絡する」というと、「明日18時頃に再度電話する。それでいいですか。ということだった。

 デビさんは、毎年雨期(トレッキングのオフシーズン)になると、八ヶ岳の赤岳鉱泉に出稼ぎに来るのだと聞いていたので、デビさんが八ヶ岳へ来たら登山計画を立てようかと思っていた。来日日程を知りたいと思っていた矢先の電話だった。何とか日程を調整して会いたいものだ。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2010-07-11 16:12 | ●登山 | Comments(0)