タグ:並行在来線 ( 189 ) タグの人気記事

2017年 11月 19日
20171119 【地域の会】「在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会」総会
 昨日18日、在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会(略称「地域の会」)の総会がありました。

 北陸新幹線が開業して1年半余が過ぎましたが、開業前から懸念され、指摘されていたことが、いまだ解決されずに残されています。そうした諸課題が解決されるまで、「地域の会」は存続します。
 昨年の総会の直前に県知事選があり、米山県政が発足しました。早速今年2月、「地域の会」として、県知事要請を行いました。「並行在来線の現状・実情を知ってもらおう」ということからでした。大株主である県がえちごトキめき鉄道に深くかかわってもらいたいとの思いもありました。
 3月のダイヤ改正では、いくつかの改善が見られましたが、まだまだです。特に、糸魚川~新潟の快速が廃止され、糸魚川から見て県と新潟は非常に遠いものとなってしまいました。
 夕方、17:02の快速を逃すと、20時まで上越地方に来る列車がないという状況になっています。
 ほくほく線の列車にトイレがない問題も深刻です。昨今は外国人が増えています。観光の問題としても、どうしても改善が必要です。

 たくさんの意見や提案が出された総会でした。
b0013099_08292658.jpg
【左:仲田代表、右:黒木部長】


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-19 08:30 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2017年 03月 17日
20170317 【三市連絡会】県知事要請
 地域の会連絡会として、県庁まで出向き、県知事要請をして来ました。社民党の小山県議の紹介で、4人が参加しました。県側は、桐生裕子交通政策局長、齋藤光雄課長、渋谷武課長補佐が対応しました。
 要請書を手渡し、大平事務局長が概要を説明しました。
 その後、意見交換に移り、それぞれが意見・要求を話しました。全体で約一時間でしたが、有意義な要請になりました。

【桐生交通政策局長に要請書を手渡す】
b0013099_16403726.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-17 16:20 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2016年 12月 20日
20161220 【三市連絡会】幹事会にて-4
 16日の在来線を守る三市連絡会幹事会の4番目の議題は、「830億円の支援金」についてです。「830億円の支援金」というのは、並行在来線をJRから分離する際に、新潟県が国との交渉で獲得した「成果」とされ、これをもってJRからの分離に同意したのでした。従って、えちごトキめき鉄道が開業した今、並行在来線の「安定経営」のためにこの「支援」がどう具体化されているのかが、大問題なのです。
b0013099_22574134.jpg
 上の「並行在来線への投資・支援スキーム(案)」が、県から公表されたものです。
① 国が会社(えちごトキめき鉄道)に対して直接「740億円」を支援するというもので「安全輸送設備補助等」「貨物経路確保・豪雪対策支援」「貨物調整金」の3つで構成されています。
② 国は県に対して、建設費負担軽減約50億円、県が会社に補助する40億円への支援、合わせて約90億円の支援。
③ 法人事業税(県税=約9億円)、固定資産税(市税=約40億円)の減免。
④ その他にここでは「調整中」と書かれているJRからの支援。

 すでに開業して1年半が経過しているのですから、これらの支援策が実施されているはずです。しかし、今までのところ、「支援された」という話がありません。
 それでその中身を明らかにさせようということです。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-20 22:57 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 03月 24日
20150324 えちごトキめき鉄道、問題噴出
 今日24日、在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会の拡大幹事会でした。14日に北陸新幹線が開業し、並行在来線がえちごトキめき鉄道に移管されて、様々な問題が噴出しています。その対応を議論しました。

 13日付の新潟日報の記事です。開業直前になって、JR割引切符が大幅に割高になることが「やっと」報じられました。
 在来線を守る三市連絡会では以前から指摘していた問題でした。
b0013099_22520221.jpg
20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-03-24 22:52 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 30日
20150130 「えちご往復きっぷ」(4110円)→「しらゆきWきっぷ」(6080円)――これはやっぱり便乗値上げでしょ
 これはどう見ても、北陸新幹線開業にかこつけた便乗値上げでしょうね。「特急北越」が「特急しらゆき」に変わるだけで、5割近くの値上げですから。おまけに上越新幹線に乗るには、別途料金が必要です。

新潟⇔直江津~新井
「えちご往復きっぷ」(4110円)→「しらゆきWきっぷ」(6080円
新潟⇔糸魚川
7200円の割引切符→「しらゆき・北陸往復きっぷ」(8400円


 JR新潟支社は、この値上げの理由についていっさい触れていません。単に「新たに発売する商品」「見直しする商品」「発売を終了する商品」に、それぞれの商品を列挙しているだけです。そうそう、「Sキップ」も「発売終了」になります。

 北陸新幹線で来る関西方面からのお客から高い料金を取ろうということかもしれませんが、地域住民に何の説明もなく一片のお知らせだけで1.5倍もの値上げは許されませんよね。

20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会
◆新潟エリアの「おトクなきっぷ」新商品発売と一部見直しについて


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-30 06:56 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 27日
20150127 新潟との連絡が不便に――「北陸新幹線へのアクセス」からくる問題
 北陸新幹線の開業に伴って、県都新潟との連絡が不便になります。原因は、「特急しらゆき」が「北陸新幹線へのアクセス」に主眼を置いているためです。

 直江津駅7:17発・新潟着9:18の「快速くびき野」がなくなります。代わって7:16発の快速が運転されますが、長岡止まりです。「乗り換えて新幹線で」ということのようですが、「しらゆきWきっぷ」(6080円)では上越新幹線に乗車できません。「えちごツーデーパス」(2690円)は、土日だけですし、別途特急券が必要になります。
 直江津発7:39で「特急しらゆき」1号が運行されますが、新潟着が9:24になり、10時の会議にギリギリ間に合うということになります。この要因は、7:14上越妙高駅着の「北陸新幹線はくたか」552号から乗客を乗せるためのようです。新潟~金沢が、約30分時間短縮されることを強調していますが、上越地域と県都新潟とを結ぶという意識が希薄ですね。
 同じことが直江津発10:10・新潟着12:05の「快速くびき野」についてもいえます。

 さて午前中で用事がすんで帰るとき、新潟発13:02・直江津着14:46の「特急北越」6号が便利でした。これがなくなって新潟発13:38・直江津着15:20の「特急しらゆき」6号になります。

 夕方の列車を見てみましょう。新潟発17:04・直江津着18:59の「快速くびき野」に代わって運行されるのは、新潟発17:12・直江津着18:55の「特急しらゆき」8号と、新潟発17:28・直江津20:11の新井行き快速、新潟発17:35・直江津19:41の糸魚川行き快速になります。
 こちらは選択肢が増えます。

 最終列車はどうか。今は新潟発19:57・直江津21:53の「快速くびき野」6号があります。これに代わって新潟発20:02・直江津21:45の「特急しらゆき」10号が運行されます。

20150127 「4両のうち2両は指定席」――特急しらゆき
20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-27 10:01 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 27日
20150127 「4両のうち2両は指定席」――特急しらゆき
 北陸新幹線の開業に伴って変わるのは、運賃だけではありません。車両の編成も変わります。

 すでに発表されていますが、これまでの「特急北越」に代わって「特急しらゆき」が新潟~新井を走ります。
 ところでこの「特急しらゆき」ですが、4両編成だそうです。「特急北越」は確か6両だったと思いますし、「快速くびき野」も6両編成です。それを何で4両にするのか、理解に苦しみます。

「◇北陸新幹線へのアクセス特急「しらゆき」を運転します」

 さらにです。この「特急しらゆき」は、4両のうち2両が指定席、つまり自由席は2両しかありません。「快速くびき野」も6両のうち2両が指定席でした。直江津発7時17分の「快速くびき野」を時々利用しますが、指定席車に人が乗っているのを見ることは稀です。時には乗客0のためか、減光していることもあります。一方で自由席車両は、長岡から満杯状態です。立っている人もいる状況です。

 あくまでも「北陸新幹線へのアクセス特急」という位置づけなのですね。

20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-27 08:12 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 23日
20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会
 21日夜、在来線を守る三市連絡会の幹事会でした。北陸新幹線開業に伴って、在来線、えちごトキめき鉄道の運賃などがどうなるのかが、議論になりました。
 2014年12月22日にJR新潟支社が「新潟エリアの『おトクなきっぷ』の新商品発売と一部見直しについて」記者発表をしています。それによると・・・

1.新潟⇔直江津~新井の割安切符「えちご往復きっぷ」(4110円)が廃止され、「しらゆきWきっぷ」(6080円)が発売されます。
 約1.5倍の値上げです。その上、上越新幹線に乗るには別途料金が必要です。これはひどい。
2.新潟⇔糸魚川に「しらゆき・北陸往復きっぷ」(8400円)が発売されます。
 現在、新潟⇔糸魚川には、7200円の割引切符があります。1200円の値上げです。この切符も上越新幹線に乗るには、別途料金が必要になります。
3.「えちごツーデーパス」が、2570円から2690円に値上げになります。
 えちごトキめき鉄道区間が全線含まれるため、これまでJR西のために利用できなかった糸魚川方面にも利用できます。これは大きな改善です。が、北陸新幹線の上越妙高駅⇔糸魚川は、除外されているようです。

 北陸新幹線開業に隠れて、ドサクサまぎれに北陸新幹線に関わらない路線で、大幅な料金アップをしています。浮かれてばかりはいられませんね。

◆新潟エリアの「おトクなきっぷ」新商品発売と一部見直しについて



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-23 19:24 | ●三市連絡会 | Comments(1)
2014年 07月 25日
20140722 新幹線開業後の並行在来線の諸問題を提起
 22日の高田区地域協議会で、報告・議題・連絡等が終わった後で、先般「在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会」がまとめた「開業を間近にひかえた並行在来線の諸問題--われわれの要求」を配布してもらい、その上で新幹線開業後の並行在来線の諸問題を提起した。

 あと8ヶ月ほどで北陸新幹線が開業しますが、経営分離される並行在来線=えちごトキめき鉄道にかかわる諸問題の多くが解決していません。それらをまとめた資料を配布していただきました。高田区にかかわる問題を「自主審議事項」として審議していただきたいと思っています。
 若干の説明をさせていただきます。
 一つは、トキ鉄の高田駅などで、JRの切符、たとえば新潟行きの切符が買えなくなる恐れがあります。えちご往復きっぷやツーデーパスなどが直江津駅まで行かないと買えなということになると、たいへん不便です。
 もう一つは、特急北越が廃止されます。代替が検討されているようですが、直江津止まりの公算が強いのです。快速くびき野も直江津止まりになる可能性が大きい。そうなると高田から新潟方面への交通アクセスが非常に悪くなります。
 いずれも高田区のまちづくりに大きな影響を及ぼす問題ですが、これらの解決に株主であり役員を派遣している上越市として、充分に対応しているとは思えません。行政にその役割を果たしてもらうためにも、意見書を提出していただきたいと思っています。

 今回は問題提起だけで、次回協議会以降、自主審議事項にするかも含めて協議することになる。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-07-25 23:11 | ●地域協議会 | Comments(0)
2014年 03月 02日
20140302 「並行在来線の課題と要求」改訂版
 昨年(2013年)11月20日に、在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会(「地域の会連絡会」)で議論して「開業を1年半後にひかえた並行在来線の課題――われわれの要求――」を作成・発表しました。その後の情勢の発展等を踏まえ、2月21日、改訂版「開業を間近にひかえた並行在来線の課題――われわれの要求――」を作成しました。
 3月1日の「職場づくり学習交流会」で報告したのは、この改訂版の内容についてでした。

開業を間近にひかえた並行在来線の課題――われわれの要求――(改訂版)
開業を1年半後にひかえた並行在来線の課題――われわれの要求――
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-03-02 08:53 | ●三市連絡会 | Comments(0)