タグ:健康づくり ( 4 ) タグの人気記事

2016年 12月 10日
20161210 【町内会】健康づくり推進チーム研修会
 8日、市の健康づくり推進課が中心になって進めている健康づくり推進活動チームの研修会がありました。今年2回目の研修会です。

 資料の中に「予防・健康管理(データヘルス)の視点で見た上越市の課題」というA3用紙がありました。国民健康保険加入者の状況です。
 国保加入者は4万2千人ほどですが、そのうち、65~74歳の割合が、49.8%で、全国平均37.0%よりも13ポイントも高いのが大きな特徴のようです。そのことが医療費の増嵩につながっているとの分析です。
 他方で、特定健診の受診率が49.8%で同規模市の平均34.7%より15ポイントも高いのも特徴の一つです。「健康志向が高い」といえます。

 今回の研修会でもっとも力を入れて説明があったのは、「血管内皮」についてでした。これはなかなかおもしろかったし、勉強になりました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-10 17:58 | ●町内会 | Comments(0)
2015年 06月 03日
20150603 健康づくりチーム研修会
 1日午後市民プラザで、健康づくり推進活動チーム研修会がありました。町内会長をはじめ、健康づくりリーダー、食生活改善推進員、運動普及推進員などが集まって、市の保健師・栄養士から、市の健康づくりについての施策を聞き、意見交換するというものです。

 今回の研修会では、特定健診受診率が45.8%で3位、特定保健指導実施率が57.7%で1位(いずれも同規模市40市中)であることが、報告されました。また、介護保険料が6525円/月で全国3位だったものが、167円下がって6358円/月・100位まで下がったこと、26年度の医療費が対前年比でわずかですが低下することなども示されました。
 こうした研修会などの取り組みの効果が少しでもあらわれてきているのかなと思いました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-06-03 06:08 | ●町内会 | Comments(0)
2014年 12月 06日
20141206 健康づくり推進活動チーム研修会
 5日、上越市の「健康づくり推進活動チーム研修会」がありました。今年2回目の研修会です。高田地区を2つの地域に分けて実施していて、午後は北部でした。
 各町内に「健康づくり推進員」が何人かづつ委嘱されていますが、町内会長になると自動的に推進員になります。

 最初に配られていたのは「自殺予防について考える」というチラシでした。「何で・・・」というのがみなさんの感じだったようです。私もそう思いました。
 しかし実際の研修会ではこのチラシはまったく使われず、例年のように「健診結果」に基づいて、健康管理をどう進めていくかという内容でした。

 上越市では、脳こうそくや脳血栓などで要介護になる人が多いのだそうです。それで少しでも減らして日本一高い部類の介護保険料を下げようというわけです。ある意味、涙ぐましい努力だといえますね。
 今回の研修では、「家庭血圧測定で血圧値を確認しましょう」ということが強調され、「まずは」ということで、市職員の実践が紹介されました。「なるほど」と思ったのは、「血圧値というのは、結構変動するものだな」ということです。多少の変動に一喜一憂することはないと思いました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-12-06 11:02 | ●町内会 | Comments(0)
2014年 06月 06日
20140606 健康づくり推進活動チーム研修会
 午後、健康づくり推進活動チーム研修会があり、出席しました。
 研修会は、年2回ありますが、高田地区は町内会数が多いので、午前と午後の2組に分けて行われます。

 おもしろい資料が提供されました。

        40~64歳   65~74歳   75歳~
人口      約68000人  約25000人  約30400人
要介護認定者数   約340人   約1300人  約11000人
           0.5%     5.2%      36%
内、認知症     約140人    約550人   約6300人
           0.2%     2.2%      27%

 平成24年・25年のデータだそうです。(全人口は約21万人)
 加齢とともに急速に要介護認定者数が増え、認知症も増えているのが分かります。
 問題は、この現象にどう対応するのかということです。行政としての明確な対応策が示されなかったのが、残念でした。

 最近、行政のこうした研修会で気になっていることがあります。それは「自助」と「共助」が強調される一方で、行政の取り組み・責任である「公助」が軽視というか、触れられない点です。今回の研修会資料にも「自助 個人の取り組み」と「共助 地域の取り組み」は強調されていますが、「公助」はなく控えめに「行政の取り組み」と書かれていました。「地域の健康づくり」を推進する上で、行政の果たす役割、責務がきちんと据わっていないのかなと思いました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-06-06 18:13 | 市政の諸問題 | Comments(0)