タグ:北陸新幹線 ( 47 ) タグの人気記事

2017年 11月 19日
20171119 【地域の会】「在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会」総会
 昨日18日、在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会(略称「地域の会」)の総会がありました。

 北陸新幹線が開業して1年半余が過ぎましたが、開業前から懸念され、指摘されていたことが、いまだ解決されずに残されています。そうした諸課題が解決されるまで、「地域の会」は存続します。
 昨年の総会の直前に県知事選があり、米山県政が発足しました。早速今年2月、「地域の会」として、県知事要請を行いました。「並行在来線の現状・実情を知ってもらおう」ということからでした。大株主である県がえちごトキめき鉄道に深くかかわってもらいたいとの思いもありました。
 3月のダイヤ改正では、いくつかの改善が見られましたが、まだまだです。特に、糸魚川~新潟の快速が廃止され、糸魚川から見て県と新潟は非常に遠いものとなってしまいました。
 夕方、17:02の快速を逃すと、20時まで上越地方に来る列車がないという状況になっています。
 ほくほく線の列車にトイレがない問題も深刻です。昨今は外国人が増えています。観光の問題としても、どうしても改善が必要です。

 たくさんの意見や提案が出された総会でした。
b0013099_08292658.jpg
【左:仲田代表、右:黒木部長】


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-19 08:30 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2017年 08月 23日
20170823 【三市連絡会】総会と懇親会と
 17日夕方から、在来線を守る三市連絡会の第12回定期総会が開かれた。

 北陸新幹線とえちごトキめき鉄道が開業して3年目になったが、この1年、三市連絡会は利用者本位の運行、サービスの充実を求めて、行政(新潟県、上越市など)や鉄道各社に要請してきた。その要請項目のいくつかが、鉄道各社の施策に反映されたことが、報告された。

 2017年3月ダイヤ改正で
 北陸新幹線とトキ鉄との接続が悪かったのが、一定程度改善された。
 ひすいラインの通勤・通学時間帯の列車の一部で増車された。


 まだまだ多くの課題が残されていることもまた、明らかになった。

 私は、方針に2つの提案を行った。
1.トキ鉄の経営問題を見ていくうえで、決算資料などの読み方を、専門家の知恵を借りて、学習する必要がある。
2.在来線存続運動のカナメとしての三市連絡会の役割が、ますます大きく重要になってきていることを確認して、活動を展開てしていく必要がある。


 正直のところ、北陸新幹線とトキ鉄の開業で「1件落着」感があったが、課題の多さと深刻さから、あらためて活動を展開していこうということになった。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-08-23 06:16 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 11月 08日
20151108 【登山】信大学士山岳会総会
 昨日7日、信大学士山岳会の総会で松本まで行ってきました。

 北陸新幹線で長野まで行き、特急で松本へ。10:25~11:50ですから、約1時間半です。早くなったものですね。ただし、料金は高くなったなあ!

 総会には会員が約40名と現役部員が20名近く参加しました。
 現役を指導している会員からの報告によると、30名近くの部員を擁している大学山岳部は信州大学しかないのではないかということでした。少し前には「部員1名」という時代があったということが信じられません。
 昨年度後半と今年度前半の「報告書」が配られました。部員が多くなったことを反映して、たくさんの個人山行が行われています。報告はこれから時間のある時にでも読んでみたいと思います。

 総会に先立って、二人の会員から興味深い講演がありました。
 一つは、学生時代に「下又白αルンゼ奥壁」を登攀した時の話。50年も前のことです。前穂東壁の下部に位置する壁です。私自身はこの地域にあまり行っていないのですが、「ウンウン」とついうなずいてしまいました。「年間180日くらい山に入っていた」には、他の猛者連も「ホーッ」と声をあげていました。
 もう一つは、数日前にネパール・エベレスト周辺を1ヶ月近く徘徊トレッキングしてきた報告です。スライドに映された山々に目を奪われました。何よりも最近開かれた3つの峠越えルートの話が新鮮でした。

 本題の総会です。
 3月に亡くなられた松尾さんの家族から「70周年事業のために」と多額の寄付が寄せられたとの報告。山と信大学士山岳会を愛する心がうれしいですね。
 70周年(2019年)に向けて、実行委員会を組織していくことが決められました。
 ネパール地震の支援金が「200万円を超えた」という報告。現地のNPOを通じて有効に活用されているとの報告もありました。
 何人かの会員から「山岳図書」を信大図書館に寄贈する話が進められていましたが、先日3000冊を超える書籍を図書館に届けました。
 信大松本キャンパスに「室内壁」を設置しようという提案があり、関係方面と調整していくことが話し合われました。
 まだまだ、書ききれないほどの話題・議題が提案され、話し合われました。

 総会に引き続き、OBと現役部員とが入り混じっての懇親会でした。総会でしか会えない会員もたくさんいますし、久しぶりの人もいます。何よりも現役部員の若々しい、新鮮な話が聞けるのがうれしいですね。

 二次会は失礼して、特急と最終の新幹線で帰宅しました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-08 19:40 | ●登山 | Comments(0)
2015年 03月 24日
20150324 「在来線乗り換えには不満の声」-新潟日報
 22日付の新潟日報の記事です。

 「在来線乗り換えには不満の声」
 トキめき鉄道の普通列車に乗り換えて高田や直江津方面に向かうには待ち時間が20~40分ほどある。


 これも以前から指摘されていたことでした。トキ鉄から新幹線に乗り継ぐ場合にも同じことがいえるのです。
 こんなに待ち時間があると、トキ鉄を利用しないで自家用車で上越妙高駅に行ってしまいますね。トキ鉄は本気で自社の経営を考えているのか、と思いますね。

20150130 北陸新幹線とえちごトキめき鉄道の接続が悪い
b0013099_23513118.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-03-24 23:51 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 03月 24日
20150324 えちごトキめき鉄道、問題噴出
 今日24日、在来線の存続、地域の振興・発展をめざす地域の会連絡会の拡大幹事会でした。14日に北陸新幹線が開業し、並行在来線がえちごトキめき鉄道に移管されて、様々な問題が噴出しています。その対応を議論しました。

 13日付の新潟日報の記事です。開業直前になって、JR割引切符が大幅に割高になることが「やっと」報じられました。
 在来線を守る三市連絡会では以前から指摘していた問題でした。
b0013099_22520221.jpg
20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-03-24 22:52 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 02月 20日
20150220 「補助はしません」―――通学定期代の補助――上越市
 少し前になりますが、18日に在来線を守る三市連絡会の幹事会がありました。

 議題の一つは、「通学定期運賃に関する取り組み」についてです。
 1月26日に直江津頸城の会が行った市長要請の内容が報告されました。結論としては「バス通学生との兼ね合いもあり、特定の補償は困難」ということだったそうです。「初乗り運賃」問題は、北陸新幹線の開業でJRから分離されたために生じたもので、生徒やその親が望んでそうなったわけではありません。

高校生の生徒数    5800人
内、鉄道利用者数   2600人
内、「初乗り」該当者数 600人
一人当たりの1か月負担増 1100円


 これから計算すると、補助額は1100円×600人=66万円(1か月)ですから、1年間で約800万円です。生徒たちの将来のために、この位の補助をしても罰は当たらないと思うのですが・・・。




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-02-20 22:45 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 30日
20150130 北陸新幹線とえちごトキめき鉄道の接続が悪い
 「北陸新幹線と在来線の接続は8分」というのは、「特急しらゆき」との接続だけのようです。

 北陸新幹線の上り(長野、東京方面)の一番列車は、7:15発はくたか552号です。
 これには高田7:00発・上越妙高7:06着が接続します。が、北陸新幹線から降りたお客は、7:45まで待たないと高田へ行けません。7:23発の「特急しらゆき」がありますが、250円の特急券が必要です。
 新井からは新井6:43発・上越妙高6:52着が接続しますが、高田方面と同様降りたお客は7:44まで待たなくてはなりません。

 高田8:21発・上越妙高8:27の列車が到着すると8:27発のはくたか554号は発車してしまいます。そしてこのトキ鉄の列車は8:28に発車してしまい、北陸新幹線から降りたお客は乗れません。8:59まで待つことになります。

 9:24のはくたか556号は、着いたその時間に直江津方面行きのトキ鉄は発車してしまい、10:07まで待たなくてはなりません。新井方面も10:06までありません。このはくたかに乗るには、高田からは8:59着、新井からは8:58着の電車があります。

 北陸新幹線の下り(富山・金沢方面)の一番列車は、6:34発のはくたか591号です。
 これに乗るには、高田6:10発・上越妙高6:17があり、北陸新幹線からのお客は6:52発・高田6:58に乗れます。
 ところがこれに接続する新井方面からの列車がありません。新井・妙高高原方面に行くには、7:07発まで待つことになります。

 北陸新幹線の下りの終電は22:07に到着します。新井方面は22:14の電車がありますが、高田へ行くには22:49まで待つことになります。
 そしてこの列車に乗るには、高田からは21:07着の電車しかないのです。

 北陸新幹線の上りの終電は、22:38です。新井方面へは22:49の電車がありますが、高田方面は23:40まで、実に1時間以上も待たなければなりません。

 ざっと始発と終電を見てみましたが、どう見ても北陸新幹線とえちごトキめき鉄道の接続が良いとは言えないのではないかと思います。
 ということは、北陸新幹線の利用客はえちごトキめき鉄道を利用しないということになります。
 高田の人は、上越妙高駅まで車で行くでしょうし、直江津の人なんかは北越北線を利用することになるのでしょうね。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-30 08:25 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 30日
20150130 「えちご往復きっぷ」(4110円)→「しらゆきWきっぷ」(6080円)――これはやっぱり便乗値上げでしょ
 これはどう見ても、北陸新幹線開業にかこつけた便乗値上げでしょうね。「特急北越」が「特急しらゆき」に変わるだけで、5割近くの値上げですから。おまけに上越新幹線に乗るには、別途料金が必要です。

新潟⇔直江津~新井
「えちご往復きっぷ」(4110円)→「しらゆきWきっぷ」(6080円
新潟⇔糸魚川
7200円の割引切符→「しらゆき・北陸往復きっぷ」(8400円


 JR新潟支社は、この値上げの理由についていっさい触れていません。単に「新たに発売する商品」「見直しする商品」「発売を終了する商品」に、それぞれの商品を列挙しているだけです。そうそう、「Sキップ」も「発売終了」になります。

 北陸新幹線で来る関西方面からのお客から高い料金を取ろうということかもしれませんが、地域住民に何の説明もなく一片のお知らせだけで1.5倍もの値上げは許されませんよね。

20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会
◆新潟エリアの「おトクなきっぷ」新商品発売と一部見直しについて


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-30 06:56 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 27日
20150127 新潟との連絡が不便に――「北陸新幹線へのアクセス」からくる問題
 北陸新幹線の開業に伴って、県都新潟との連絡が不便になります。原因は、「特急しらゆき」が「北陸新幹線へのアクセス」に主眼を置いているためです。

 直江津駅7:17発・新潟着9:18の「快速くびき野」がなくなります。代わって7:16発の快速が運転されますが、長岡止まりです。「乗り換えて新幹線で」ということのようですが、「しらゆきWきっぷ」(6080円)では上越新幹線に乗車できません。「えちごツーデーパス」(2690円)は、土日だけですし、別途特急券が必要になります。
 直江津発7:39で「特急しらゆき」1号が運行されますが、新潟着が9:24になり、10時の会議にギリギリ間に合うということになります。この要因は、7:14上越妙高駅着の「北陸新幹線はくたか」552号から乗客を乗せるためのようです。新潟~金沢が、約30分時間短縮されることを強調していますが、上越地域と県都新潟とを結ぶという意識が希薄ですね。
 同じことが直江津発10:10・新潟着12:05の「快速くびき野」についてもいえます。

 さて午前中で用事がすんで帰るとき、新潟発13:02・直江津着14:46の「特急北越」6号が便利でした。これがなくなって新潟発13:38・直江津着15:20の「特急しらゆき」6号になります。

 夕方の列車を見てみましょう。新潟発17:04・直江津着18:59の「快速くびき野」に代わって運行されるのは、新潟発17:12・直江津着18:55の「特急しらゆき」8号と、新潟発17:28・直江津20:11の新井行き快速、新潟発17:35・直江津19:41の糸魚川行き快速になります。
 こちらは選択肢が増えます。

 最終列車はどうか。今は新潟発19:57・直江津21:53の「快速くびき野」6号があります。これに代わって新潟発20:02・直江津21:45の「特急しらゆき」10号が運行されます。

20150127 「4両のうち2両は指定席」――特急しらゆき
20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-27 10:01 | ●三市連絡会 | Comments(0)
2015年 01月 27日
20150127 「4両のうち2両は指定席」――特急しらゆき
 北陸新幹線の開業に伴って変わるのは、運賃だけではありません。車両の編成も変わります。

 すでに発表されていますが、これまでの「特急北越」に代わって「特急しらゆき」が新潟~新井を走ります。
 ところでこの「特急しらゆき」ですが、4両編成だそうです。「特急北越」は確か6両だったと思いますし、「快速くびき野」も6両編成です。それを何で4両にするのか、理解に苦しみます。

「◇北陸新幹線へのアクセス特急「しらゆき」を運転します」

 さらにです。この「特急しらゆき」は、4両のうち2両が指定席、つまり自由席は2両しかありません。「快速くびき野」も6両のうち2両が指定席でした。直江津発7時17分の「快速くびき野」を時々利用しますが、指定席車に人が乗っているのを見ることは稀です。時には乗客0のためか、減光していることもあります。一方で自由席車両は、長岡から満杯状態です。立っている人もいる状況です。

 あくまでも「北陸新幹線へのアクセス特急」という位置づけなのですね。

20150123 JR「おトクなきっぷ」見直し-在来線を守る三市連絡会幹事会



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-01-27 08:12 | ●三市連絡会 | Comments(0)