タグ:厚生産業会館 ( 88 ) タグの人気記事

2017年 02月 06日
20170206 【地域協議会】(仮称)厚生産業会館の諮問
 今日6日夜、高田区地域協議会の臨時の会議が開かれます。議題は、「(仮称)厚生産業会館の管理の在り方」についての諮問です。この諮問が議論されるのは、12月19日、1月16日に引き続いて、これで3回目になります。その資料が送られてきました。

 諮問の文章が変わっていました。
b0013099_09535413.jpg
 しかし何よりも驚いたのは、その中身でした。
b0013099_09541276.jpg
 表題は、「管理の在り方」となっていますが、中身は「当該施設の開館時間と休館日を別紙のとおり定めること」だけです。
 前回の会議でも問題になったのですが、「管理」って、「開館時間と休館日」だけなのかということです。どう考えたっておかしいですよね。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-02-06 09:54 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 01月 21日
20170121 【地域協議会】「施設の管理」とは・・・
 16日の高田区地域協議会に「(仮称)厚生産業会館の管理の在り方について」諮問され、議論されたことは、先に書きました。
 この議論の中で、X委員から「施設の管理の在り方の影響を聞いているのに、肝心の施設の管理の在り方が示されていないではないか」という質問が出されました。担当者の言い分は「参考資料を付けてある」というものでした。
 参考資料に書かれているのは、次のことでした。

3 施設の開館時間休館日
(1)開館時間
   ホール:午前9時~午後lO時
   公民館施設、ホール施設のうちホールを除く施設:午前8時30分~午後lO時
   こども施設:午前8時30分~午後5時
(2)休館日
   ①第2・第4火曜日
    ※国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときは、その翌日
   ②12月29日~翌年1月3日まで


 これが行政が考えている「管理」のすべてです。X委員でなくても、エーーーーッですよね。
 「直営」で運営するということですが、これだって重要な「管理」業務です。
 (仮称)厚生産業会館は、ホールだけではなく、公民館、子育て施設、それに女性サポートセンターが併設される複合施設です。何人の職員が、どのように配置されて、どのように管理していくのか。正規・非正規の割合と配置はどうなのか。これも重要問題です。
 利用者の安全・安心を確保することも「管理」の重要な内容ではないでしょうか。複合施設ですから、地震などが起きた場合、どう誘導して避難させるのかなど課題はたくさんあります。「駐車場の確保」などもそうした一つだと思います。

 この議論の中でたいへん気になった発言がありました。

 「議会に提案するものをそのまま諮問した」

 以前は確か、「議会は全市的な立場で審議し、地域協議会地域に密着した立場で議論する」と言っていたと思います。議会に提案するものをそのまま諮問して済む問題ではありません。地域協議会には「住民の生活に及ぼす影響」を求めているのですから、そうした審議に資する資料を提出するのは当然で、諮問者側の責任でもあるといえます。
 どうも地域協議会の諮問制度を形骸化しようとしているように見えて仕方ありません。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-21 16:38 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 01月 21日
20170121 【地域協議会】臨時の会議の案内が来た
 16日の高田区地域協議会では、「審議未了」の案件があり、2月の定例(20日)の前に、臨時に協議会を開催することになっていました。その案内が届きました。

1.日時  平成29年2月6日(月) 午後6時30分~
2.会場  高田地区公民館 第6会議室
3.内容  1 議題
      (1) 諮問事項 (仮称)厚生産業会館の管理のあり方について



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-21 09:21 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 01月 19日
20170119 【地域協議会】諮問に対してどう答申すれば良いのか
 16日の高田区地域協議会。「(仮称)厚生産業会館の管理の在り方について」諮問され、議論されました。
b0013099_06453180.jpg
 私は中身の審議に入る前に、次のような疑問を提起しました。

 今回の諮問は、「(仮称)厚生産業会館の管理の在り方について」ですが、その「諮問理由」を見ますと、「当該施設の管理の在り方、また、女性サポートセンターの機能を移転することに関し、高田区の住民の生活に及ぼす影響について、地域協議会の意見を求める」となっています。この文言をそのまま読むと、「適当」「不適当」の判断をしてほしいということにはなっていません。「高田区の住民の生活に及ぼす影響についての意見」を求められていだけです。それで良いんですね。
 それに「高田区の住民の生活に及ぼす影響」ということになると、基本構想の答申に対して言われた「意見を一つにまとめて」というようなことにはなりません。「影響」はたくさんありますから・・・。羅列ということになりますが、それで良いのですね。


 市当局は、面食らったようです。そして、「ことは、諮問の根幹に関わる問題」だととらえたようです。休憩になりました。
 「すべての地域協議会に、同じように諮問しているので、28区全体に関わる。変えるとなると、全体に諮り、周知しなければならない。」

 休憩後、担当職員は、「今回は、この文言で、可否を決めてほしい」と言ってきました。しかし何人かの委員から「この諮問書からは、どう読んでも可否を決めてくれとは読めない」との意見が続きました。

 実は、諮問書の文言は、(仮称)厚生産業会館の基本構想諮問で、おおもめしたことからその後大きく変わっていたのでした。その点では私もうかつでした。「諮問だから可否を決めて答申するもの」と、思い込んでいたのでした。この間、あらためて諮問書を読み直して「???」となったのでした。
b0013099_06435643.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-19 06:41 | ●地域協議会 | Comments(0)
2017年 01月 18日
20170118 【地域協議会】(仮称)厚生産業会館の駐車場問題
 16日の夕方から第12回高田区地域協議会がありました。
 「報告」が2件、「議題」が3件でしたが、議題の(1)の審議が長引き、議題1件の審議が手つかずで次回に回しました。

3 報告
(1)諮問事項 北本町保育園の移転について(答申)
(2)諮問事項 上越市営住宅六ノ辻住宅の廃止について(答申)
4 議題
(1)諮問事項 (仮称)厚生産業会館の管理の在り方について
(2)地域活動支援事業の募集要項、審査・採択の基本的なルールについて
(3)地域活動支援事業の実績報告の検証について


 「(1)諮問事項 (仮称)厚生産業会館の管理の在り方について」の審議には、10人近くの職員がズラーーーッと並んで説明にあたりました。

 本題に入る前に、前回12月の会議で出された諸問題の内、「高田公園内の駐車場状況」についての見解が示されました。

 「徒歩5分圏内に、現在550台分あり、今後400台分整備するので問題ない」
b0013099_09332775.jpg
 これでは、提起されている疑問に何も答えていません。
 一つは、観桜会の時にはこれら高田公園内の駐車場はすべて使えなくなるのだが、どう対応するのか。
 二つ目は、陸上競技場、野球場、(仮称)厚生産業会館でのイベントが重なった場合、どう対応するのか。
 3つ目は、(仮称)厚生産業会館のホール(600人収容)でイベントがあり、200台の駐車場が満杯になった場合、後から来た子ども施設の利用者(子連れの母親など)は、どこへ車を停めるのか。博物館や図書館に停めた場合、小さな子どもの手を引いて会館まで歩くというのは大変なことだ。雨や雪の時などはどんな対応をするのか。


 これらの問題は、「基本構想」の審議の際(2012年)に提起されていて、高田公園内は不適当という理由の一つでもありました。
 それから5年。何も解決せずに突っ走って来たわけです。

【2017.01.19 追加】
 上の図は、提示された「駐車場状況」図です。よくよく見ると、おかしいですね。
 (仮称)厚生産業会館の入口は、南西(「厚」の字の辺り)にありますが、同心円の中心は北東の端になっています。「厚」の字の辺りを中心にして円を描くと、状況が変わってきますよね。図書館辺りの駐車場は「3分圏内」から外れますし、スポーツセンターや総合博物館の駐車場が「5分圏内」から外れてしまいそうです。
 それにこの図では、同心円になっていますが、実際に人が歩く場合には「空中ワープ」するわけではありません。積雪期は陸上競技場の北側を通って、図書館やスポーツセンターの駐車場へ行くことになりますね。そうすると実際には10分とか15分掛かるということになり、子連れのお母さん方には使えないということになります。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-18 12:29 | ●地域協議会 | Comments(0)
2016年 12月 22日
20161221 【地域協議会】(仮称)厚生産業会館の管理のあり方
 19日の高田区地域協議会。「(仮称)厚生産業会館の管理のあり方について」報告がありました。

 「管理のあり方」なのですが、なぜか、施設概要の報告のようでした。申し訳程度に、開館時間・休館日などの報告がありました。
 委員のみなさんの関心はやはり、「駐車場」のようです。陸上競技場・野球場との「取り合い」になるんじゃあないかという心配です。当然ですね。たくさんの意見が出されました。
 私は、次のような発言をしました。

 私も駐車場が大問題だと思います。駐車場は、3年前の諮問の議論の時にも大問題になりました。
 まず「花見」の時です。花見の時、(仮称)厚生産業会館を利用する人は、とのように入ってくるのですか。花見客の車は入れないのでしょうから、「選別」しなければなりませんよね。どこでどうやって「選別」するのですか。「選別」できないでしょうね。
 「花見」の時は、総合博物館の駐車場も図書館の駐車場も、公園内の駐車場はほとんど使えません。そうするとホールでイベントを催す時、どこに車を停めてくればいいんですか。
 次に、ホールでイベントが開催されると、それで200台の駐車場はほぼいっぱいになってしまいますよね。「子育て施設」を利用するお母さん(当然子連れ)がやって来て「止められない」となると、離れた所の駐車場に停めるしかありません。雨の日なんかどうしますか。雨の中、傘をさして子どもの手を引いて・・・。
 こういう問題は、3年前にすでに指摘されていて、「こういう問題があるから、この場所は不適格だ」と言ったわけです。それを皆さんは「ごり押し」して、突っ走った。当然、解決策をお持ちなんでしょうね。その解決策を示していただきたい。まさか、解決策なしに突っ走ってきたという事ではないでしょうね。


 1月の地域協議会で「諮問」する予定だったのですが、「解決策なしに諮問なんて考えられない」ということになり、「1月の地域協議会で解決策を提示し、諮問はその後」ということになりました。当然のことだと思います。

 今年の改選で新たに委員になった人たちも、この駐車場問題には関心があったようで、「市は何考えてるんかね」と話していました。

 そうそう、議論の中で行政側から「あの時、不適当の理由を一つにまとめてと・・・」という発言がありました。高田区地域協議会の答申には、たくさんの「不適当だ」という理由が列記されていました。それは駐車場問題をはじめ、「心配事」がたくさんあったからでした。行政は当時、そうした心配事を「一つにまとめよ」と要求したのでした。いかに理不尽な言い分であったか、未だに意味が解っていないことを、図らずも露呈した発言でしたね。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-22 07:27 | ●地域協議会 | Comments(0)
2016年 06月 20日
20160620 【地域協議会】第4回高田区地域協議会
 今日20日、高田区地域協議会でした。主な内容は2つ。
①(報告) 高田公園陸上競技場改修工事について
②(議題) 地域活動支援事業について


 「①(報告) 高田公園陸上競技場改修工事について」は、前々回の会議の際、机上に置かれていた資料について、説明を求めたものです。

 ある委員から次のような質問が出されました。
 「この案件については、今後高田区地域協議会に諮問されるのかどうか」
 「諮問する予定はない」
 「要項からすると諮問すべき案件だが・・・」
 「諮問はしない」
 「・・・」

 私は次のような質問をしました。
 「今回は、スタンドを東側に拡張するということである。(仮称)厚生産業会館の議論の際、南側に広げるなどの改修について、関係者に了解を得ているのかと質問したことがある。その答弁は、『予定はない』ということだった。本当にそのような回答をしたのか」
 「今、資料を持ち合わせていないので、後日、事務局を通じて回答する」
b0013099_21372799.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-20 21:37 | ●地域協議会 | Comments(0)
2015年 11月 18日
20151118 【地域協議会】厚生産業会館の実施計画を聞く
 16日の高田区地域協議会。もう一つの議論は、「(仮称)厚生産業会館の実施計画について」です。

 前回の定例会である委員が、資料として実施計画の概要図を配布しました。それで「話を聞こう」となったものです。
 「基本構想」の段階であれだけ喧々諤々の議論がたたかわされた(仮称)厚生産業会館問題ですから、「基本設計」ができた時とか、「実施計画」が策定された段階で、行政の側から自発的に説明があってい刈るべきだとおもいますが、地域協議会側から要請しない限り、何もしないというのが行政の態度です。
 地域協議会のあり方の見直しが進められていますが、「諮問」一つを見ても、権限が縮小されようとしているように見えて仕方がありません。「基本構想」での建設予定額が、「基本設計」で2倍近くにまで増えましたが、このような場合には再度諮問するべきではないかと思います。安い金額を提示して地域協議会のOKを取ってしまえば、あとは好き勝手にやってしまうというのは、行政のあるべき姿ではないと思うのです。


 それはさておき、高田区地域協議会で行政からの説明に対して、たくさんの意見が出されましたが、中心は「進入経路」と「駐車場問題」だったと思います。
 これは「基本構想」の時から、指摘されてきたことです。「解決していない」というのが、みなさんの認識だと思いました。

 話は替わりますが、先日上越妙高駅に行きました。西口も東口も駅前には「広大な空き地」が広がっています。「ここに厚生産業会館を造ればいいのに」と、率直に思いました。駅前開発の起爆剤になるかもしれませんね。
 「実施計画」が公表され、工事が進みつつある中では、望むべくもありませんが。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-18 12:44 | ●地域協議会 | Comments(0)
2015年 03月 19日
20150319 (仮称)厚生産業会館の市民投票、委員会否決
 上越市議会の総務常任委員会で、日本共産党上越市議員団が提出していた(仮称)厚生産業会館建設の是非を問う住民投票議案が、賛成2反対5で、否決されました。
 否決の理由は「反対・見直しの声は全く届いていない」ということのようですが、反対した議員のみなさんには、高田区地域協議会での議論や答申、意見書に示された「声」はまったく届かなかったようです。また、日本共産党議員団が行ったアンケートに示された「声」も聞こえなかったのでしょうか。

厚生産業会館建設の是非問う市民投票 市議会総務委で否決(上越タウンジャーナル 3月18日 2015年)
20141108 厚生産業会館アンケート開封結果
20141021 高田区地域協議会、厚生産業会館で意見書


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-03-19 17:00 | 市政の諸問題 | Comments(0)
2015年 02月 21日
20150221 日本共産党議員団、厚生産業会館の住民投票実施を提案
 昨日20日、日本共産党上越市議員団が、(仮称)厚生産業会館建設について、市民投票実施の発議案を議長に提出しました。

 現在の基本設計に基づく(仮称)厚生産業会館の建設の是非について市民意見が二分されていて、市民に直接その賛成又は反対の意思を問う必要があるとして、市民投票を行うという案です。この発議案の取り扱いについては、23日の議会運営委員会で決まります。(ホーセの見てある記2 2015年02月21日 07:59)

 (仮称)厚生産業会館については、高田区地域協議会で「基本構想では不適当」の答申をしていました。また、昨年10月に日本共産党議員団が行った市民アンケートでも67.6%が「いったん白紙に戻す」と回答していました。にもかかわらず、上越市は強硬姿勢で推進しています。
 先日公表された新水族博物館についての市のやり方は、(仮称)厚生産業会館の場合とまったく同じです。市民の声を聴く市政への転換につながればと思います。

市民投票実施の発議案を議長に提出(ホーセの見てある記2 2015年02月21日 07:59)




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-02-21 17:48 | 日本共産党 | Comments(0)