タグ:妙高山 ( 162 ) タグの人気記事

2017年 04月 04日
20170404 【登山】妙高山の前山へ行って来た
 2日、5人で妙高山の前山に登ってきました。妙高山の切れた東面に、デーーーンと立ちはだかる、まさに「前山」です。赤倉観光リゾートのゴンドラ(スカイケーブル)で上がり、かんじきでの往復です。

 高田では夜半、雨が降りました。天気予報ではカンカラカンの上天気だったので、少し心配しましたが、赤倉観光リゾートの駐車場に着いた時には、真っ青な青空に妙高山がどっしりと座っていました。

 チケット売り場で、お姉さんが思案顔しています。「個別に買うよりも、1日券の方が安いのですが・・・」ということで、往復するだけなのですが、1日券を購入しました。
 ゴンドラの乗り場にはもう、スキーヤーやボーダーがたくさん並んでいました。待つこと10分。軽快に青空に向かって滑り出していきました。
 ゴンドラを降りると、そこはパウダースノーでした。スキーヤーやボーダーが勢いよく滑ってくるので、端の方によけて、少し離れた第5リフトの乗り場へ。ブナの梢が白くなっています。この辺りは雪だったのでしょう。第5リフトを降りると、そこからは別世界です。ここでカンジキを着けました。
b0013099_19163814.jpg
 先行者がいて助かりました。しっかりしたトレースが残っていたからです。ブナの樹林帯を右に、左にとジグザグに登っています。ダケカンバの樹林に変わるころから、傾斜が強まります。そしてそれが疎林になると、一気に急傾斜に変わるのでした。
 問題は、帰路、この急傾斜帯をどう下るかです。右手のダケカンバの林に逃げ込んで、傾斜の緩い所でトラバースするのが良さそうです。

 頂上直下で二人の人が降りてきました。しっかりしたトレースを残してくれたことにお礼を言って別れました。
 誰もいない頂上で、さっそく昼食の準備。目の前のコブを二つ越えた所が天狗堂。その手前から派生する支稜の先に大谷ヒュッテが頭を出していました。この時期だと、妙高山頂付近の入り組んだ稜線が一目瞭然です。そうこうしているうちにスキーヤーが次々と上がってきます。20人近くにまでなったでしょうか。ほとんど初対面の人たちですが、話に花が咲きました。

 さて下山です。例の急斜面に来ました。左手の支稜(燕温泉に向かっている)を50mほど下り、雪庇が出ていない所から数m右にトラバース気味に降りて、スノーボードの跡をシリセード。そこから緩やかな斜面をトラバースしながら下り、元のトレースに合流しました。そこからは傾斜も緩くなり、もう安心です。

 第5リフトは、「下りは乗せない」ということなので、右手のスキーコースまで行き、そのコースの縁を下りました。リフトでわずか数分で登った所を20分近くもかかってしまいました。まだ14時前だというのに、日陰ではもう、クラストし始めています。
 ゴンドラに乗って下る人はほとんどいません。当然といえば当然ですが・・・。人がのって下って行くゴンドラには、目印を付けるんですね。「知恵だな」と思いました。

 駐車場まで降りてくると、別世界です。雪はザクザク。春の陽気です。前山山頂とは1200mも違うのですから。
 池の平のランドマークで汗を流し、帰宅しました。好天に恵まれた素晴らしい一日でした。「病みつきになりそうだな」の声が。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-04 19:16 | ●登山 | Comments(0)
2017年 03月 15日
20170315 【自然】青空に妙高山
 晴れの日が続いています。山麓に雲をまとった妙高山が、輝いています。
 しかしあの山麓で、日米共同訓練が行われているかと思うと、あまり良い気分ではないですね。

b0013099_09034899.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-15 08:55 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 02月 17日
20170217 【自然】朝陽のちゃっかり
 「朝陽のちゃっかり」とはよく言ったものです。素晴らしい夜明けでした。妙高山がピンクに染まっていました。春を思わせるような暖かい風も吹いていました。
 それが今はどうでしょう。まだ気温が高いこともあって、吹雪にはなっていませんが、強風雨が吹き荒れています。
b0013099_15035550.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-02-17 15:04 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 01月 26日
20170126 【自然】晴れた
 吹雪や寒い日が続いていると、青空が広がった日があると、すごく久しぶりだなあという感じになります。今日はそんな日です。
 朝から雲一つない上天気。妙高山が朝陽でピンクに染まっていました。道路はガリガリです。
b0013099_10363783.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-26 07:35 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 01月 18日
20170118 【自然】久しぶりの妙高山
 しばらく荒れた日が続いていましたが、今日は、素晴らしい天気になりました。妙高山も久しぶりに顔を見せてくれました。白さが際立っていますね。
b0013099_10523314.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-01-18 06:51 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 12月 22日
20161222 【自然】朝焼けの妙高山
 冬至が過ぎても日の出が7時頃という遅い夜明けです。その朝陽に照らされて、妙高山が紅く染まっていました。
b0013099_13280281.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-22 13:28 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 12月 21日
20161221 【自然】星
 今日21日は、冬至だそうです。昼間が一番短い日。青空が広がり、暖かい日でした。
 夕暮れ時、南天に星一つ。それもほぼ妙高山の真上に。わが家からは、隣家の屋根がちょっと邪魔していますが・・・。
b0013099_06294601.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-21 18:28 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 12月 21日
20161221 【自然】あの雲はどこへ・・・
 あれだけ厚く空を覆っていた黒雲。今はどこにも見当たりません。年末の貴重な青空が広がっています。
b0013099_09410076.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-21 09:41 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 12月 21日
20161221 【自然】妙高方面は晴れているようだ
 わが家のあたりは、厚い黒雲に覆われているが、眼を南に転じると、妙高高原から長野県方面は明るい。妙高山の頂上部分は雲に隠れて見えないが、山麓は朝陽に赤く染まっていた。
b0013099_07135849.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-21 07:14 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2016年 12月 04日
20161204 【自然】光ヶ原
 3日、朝から素晴らしい青空が広がっていました。家の周りの外仕事も一段落したので、ドライブすることにしました。
 行き先は、光ヶ原。雪が1000m以下まで下りて来ていますので、ぎりぎりの所です。

【上関田の集落を抜けた所から見た妙高山と火打山】
b0013099_06120957.jpg
【光ヶ原から見た、頚城連山の大パノラマ】
b0013099_06125122.jpg
【妙高山】
b0013099_06131604.jpg
【火打山】
b0013099_06133165.jpg

[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-12-04 06:17 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)