タグ:朝日新聞 ( 37 ) タグの人気記事

2017年 11月 18日
20171118 【北朝鮮】米軍による対北朝鮮軍事攻撃は「実行可能だとは思えない」
 アメリカにも現実的な見方をする識者がいるんだなと思った。クリントン時代の国防長官ウィリアム・ペリー氏(90)が、朝日新聞のインタビューで語った記事を読んでの感想である。

 ペリー氏はインタビューで、94年のクリントン政権下で「巡航ミサイルを使った寧辺(ヨンビョン)(核施設)破壊の計画があった」と明かした。韓国への米軍増派など複数の計画も検討したが、北朝鮮の反撃による被害を分析し、「外交的解決を模索した」と振り返った。
 そのうえで、現在の米軍による先制攻撃について、「北はすでに核兵器を持っており被害ははるかに甚大だ。実行可能だとは思えない」と指摘した。


 アメリカのこうした識者含む世界の各地で心配しているのは、アメリカの先制攻撃による朝鮮戦争の勃発である。もう一つは、偶発的な出来事をきっかけとした朝鮮戦争だ。安倍首相は、「国難」といって、北朝鮮からの先制攻撃だけを問題にしているが、現実的には、上記の2つのことが想定される。韓国は、この朝鮮戦争の戦地となるのは目に見えているので、アメリカの誘いに乗らない。ソウルは通常兵器の射程内だそうだから、当然だろう。
 この朝鮮戦争が、日本に飛び火することは明らかである。先制攻撃は、日本の米軍基地から出撃した戦闘機で開始されるだろうから、その米軍基地を北朝鮮が叩くことによって、日本も戦場になる。これが真の国難だ。

対北朝鮮「対話の模索を」 ペリー元米国防長官(朝日新聞デジタル 2017年11月16日05時00分)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-11-18 09:03 | 国の政治 | Comments(0)
2016年 02月 10日
20160210 【新聞】呆れてものも言えない
 一般市民が「歯舞」読めなかったのとはわけが違う。北方領土問題を担当する沖縄北方担当相がである。大臣に就任したら、そのくらいの「勉強」はしてもらいたいものだ。勉強したけれど、それでも読めなかったのだとしたら、もう何おかいわんやである。

問われる任命責任…島尻北方相「歯舞」読めないおバカぶり(日刊ゲンダイ 2016年2月10日)
歯舞読めず「はぼ、なんだっけ」 島尻沖縄北方担当相(朝日新聞 2016年2月9日)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-02-10 18:58 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2015年 11月 23日
20151123 【新聞】「靖国神社トイレで爆発音、壁焼けた」事件
 各紙で報道されているが、朝日新聞の記事を見てみよう。

 23日午前10時ごろ、東京都千代田区九段北3丁目の靖国神社から「爆発音がして煙が出ている」と110番通報があった。警視庁が調べたところ、敷地内の男子用公衆トイレで金属パイプや発火装置の残骸のような物が見つかった。警視庁は、何者かが神社を狙って爆発物を置いたとみて調べている。

 すかさず「テロ」と反応した人もいるようだ。しかし、記事を読んでいくといくつかの疑問点が浮かんでくる。

 捜査関係者によると、トイレの個室内の天井に約30センチ四方の穴が開き、天井裏から長さ約20センチ、直径約3センチの金属パイプ4本が束ねられた状態で見つかった。リード線のようなものが付いており、公安部は爆発物の可能性があるとみて鑑定している。個室内の床には、時限式発火装置の一部とみられるタイマーのようなものや乾電池数個、焦げた電池ケースが落ちていた。

 「天井裏から長さ約20センチ、直径約3センチの金属パイプ4本が束ねられた状態で見つかった」ということだが、こんなものが天井裏に仕掛けられるのをだれも気付かなかったのだろうか。

 この日、靖国神社では新嘗祭(にいなめさい)があり、通常より人出が多かった

 天井裏に仕掛けられたのは、事件発生よりもかなり早かったのではないかといえないか。

 トイレ近くの防犯カメラには、事件発生前に紙袋を持った男とみられる不審な人物が映っていた

 犯人につながる「不審な人物」なのだろうか。予断の無い捜査が望まれる。

靖国神社トイレで爆発音、壁焼ける 時限式発火装置か(朝日新聞デジタル 2015年11月23日21時05分)
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-23 21:52 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2015年 11月 13日
20151113 【本・新聞】早く戦争してみたい安倍内閣
 dod.asahi.com が報じた週刊朝日 2015年11月20日号の記事です。

 自衛官にとっての「危機」は、すぐそこに迫っている。自衛隊が南スーダンで実施している国連平和維持活動(PKO)の任務に、来年11月の派遣部隊の交代時から、今回の法改正によって合法とされた「駆けつけ警護」を加えることが検討されているのだ。

 『警護』といっても、実態は戦闘にほかなりません。2ケタ単位、最悪3ケタの死者が出ることもあり得る。

 創設60年を超える自衛隊に、初めて「戦死者」が出る事態が、いよいよ現実味を帯びてきているのだ。

 その瞬間を迎えたとき、どうなるのか――。2003年から行われた自衛隊のイラク派遣の際、
 「日本武道館を借り切って、総理大臣出席の壮大な国葬を行うことが検討されていたそうです。今後、戦死者が出た場合も、このプランが踏襲される可能性は十分にある。もちろん慰霊の意味もあるでしょうが、戦死者を美化して国威を発揚する側面もあるでしょう。政府は『戦死』をテコに『今の体制が不十分だから戦死者が出た。やはり憲法9条を改正して、国防軍を創設するべきだ』などという宣伝を始めるのではないか」


 南スーダンの前に、南シナ海でアメリカと中国が衝突して、戦争状態になるとどうなるか。「待ってました」とばかり、集団的自衛権を発揮して米軍とともに戦うのでしょう。
 安保法制という戦争法の面目躍如ですね。

「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機(週刊朝日 2015年11月20日号より抜粋)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-13 23:31 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2014年 12月 24日
20141224 天皇、誕生日を前に記者会見――「多くの国々と支え合えるよう」
 元外務省情報局長の孫崎亨氏が、ブログで「天皇陛下の言葉・・・」という記事を書いています。

 天皇陛下は今日、平和に関し、最も積極的に発言されています。
 ・・・
 NHKの動向を見ていましたが、「NEWS WEB」に於いては全文を掲載しています。


 孫崎氏によれば、NHKが全文を掲載するのは珍しいことのようです。会見内容をNHKと朝日新聞で見てみました。


天皇陛下の言葉:朝日新聞等は平和守る義務と責任、近隣等との友好という部分は報じません。(孫崎享のつぶやき 2014-12-24 08:34)

天皇陛下 81歳の誕生日(NHK NEWS WEB 12月23日 8時00分)
天皇陛下81歳の誕生日 会見全文(NHK NEWS WEB 12月23日 7時36分)

天皇陛下、81歳に 「多くの国々と支え合えるよう」(朝日新聞デジタル 2014年12月23日05時00分)
大雨・噴火・雪…災害に心痛める 天皇陛下の会見全文(朝日新聞デジタル 2014年12月23日05時00分)



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-12-24 10:24 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2014年 09月 18日
20140918 マスコミの「誤報」の本質-「ウラを取らない」
 元外交官で評論家?の孫崎享氏がブログ(孫崎享のつぶやき)に「朝日新聞の報道についてー各社共通の、「裏をとらない報道姿勢」にこと本質がある」という記事を書いていた。その中で

それは特定の記事に対する報道が、当事者や関係者の発言を一方的にほうずるだけで、その検証を行うという事がほとんどなされていない。従ってかかる間違いは起こるし、一方的な発言をそのまま報じるという点では、ほぼ毎日起こっていることである。


と述べ、9月12日付けYAHOOニュースに掲載されたジャーナリストの田中良紹氏の「ウラを取らない日本のメディア体質」を紹介している。
 田中氏はその中で、自らの経験から

 ウラを取らずに記事を書く新聞社は朝日だけではない。ほとんど全社がウラも取らずに記事を書いている。それは日本のメディアに特有の体質だと言って良い。
 日本のメディアは「足で歩いて」取材し問題を追及するよりも、権威ある組織の発表を先を争って報道する傾向がある。


と述べている。
 この記事を読んでいて、フムフムと思った。
 というのは、かなり前のことで、どんな記事だったかも忘れてしまったが、公表されることになっている事柄を公表の前日に、あたかも「スクープ」だといわんばかりの掲載をした記事を見たことがあるからである。
 確か前回の県知事選挙で起きたことだったと思うが、まったく違う人を候補者だとして報道した記事もあった。
 朝日新聞にだけ特有の問題ではないという指摘は、ストンと胸に落ちた。

 ちなみに孫崎享氏は10月18日に上越市で講演が予定されている。
20140912 「集団的自衛権にNO!戦争はイヤッ!!」

朝日新聞の報道についてー各社共通の、「裏をとらない報道姿勢」にこと本質がある(2014-09-13 09:05)

ウラを取らない日本のメディア体質



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-09-18 12:14 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2014年 04月 30日
20140430 「STOP秘密保護法上越市民の会」の記事が・・・
 昨日(29日)付け朝日新聞の新潟県版、「ウォッチ特定秘密法」に、4月17日の「STOP秘密保護法上越市民の会」の第2回学習会のことが載りました。
b0013099_22535172.jpg

 私は「秘密保護法と私たちのくらし」ということで報告したのですが、ここで強調したかったのは、「私たちのくらし」の場面から、「秘密保護法を考えることの大切さ」ということだったのですが、記事にはそのことが一言も書かれていません。記者に伝わらなかったとすれば、参加者の皆さんにも伝わらなかったということでもあり、話の仕方に問題があったのかな、と思ったりしています。
 思いを伝えるというのは、難しいことですね。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-04-30 22:53 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2014年 02月 23日
20140223 皇太子「憲法基礎に平和と繁栄」と
 今日23日は、皇太子の54歳の誕生日で、宮内庁記者会との会見で、「憲法基礎に平和と繁栄」との考えを示したそうです。

 皇太子さまは23日、54歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち宮内記者会との会見で「今日の日本は戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受している」と述べ、天皇陛下と同様、現行憲法が戦後の日本に果たしてきた役割を高く評価。その上で「今後とも憲法を順守する立場に立ち、事に当たっていく」との考えを示した。(47News 共同 2014/02/23 05:00)

 天皇誕生日での天皇の発言といい、至極まともな考えの表明であると思いました。
 各紙がこのことを素直に報じているのに引き換え、やはり産経新聞はこのことにまったく触れていません。というか、触れたくなかったのでしょう。その点で異常だと思いました。

皇太子さま54歳に 「憲法基礎に平和と繁栄」(47News 共同 2014/02/23 05:00)
皇太子さま 誕生日の記者会見(前半)(NHK NewsWEB 2月23日 13時39分)
皇太子さま 誕生日の記者会見(後半)(NHK NewsWEB 2月23日 13時39分)
皇太子さま54歳 「今後とも憲法順守」(朝日新聞 2014年2月23日05時08分)
皇太子さま54歳 五輪「日本の健闘たたえたい」(産経ニュース2014.2.23 05:07)


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2014-02-23 23:06 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2013年 11月 28日
20131128 「追認だけなら参院は不要」-朝日新聞
 朝日新聞の「担当記者はこう見た」という欄に「追認だけなら参院は不要」という記事が掲載されていました。秘密保護法に関連してのものです。

 ところでマスコミはつい数ヶ月前(7月の参院選前)までこぞって、「衆院と参院のネジレ解消」というのキャンペーンを大々的にやっていなかったでしょうか。
 「衆院と参院のネジレ解消」即ち、与党が衆参両議院で多数を占めれば、参院が衆院の「追認だけ」になることは、誰が見ても明らかなことではないでしょうか。そうした当たり前のことを忘れたかのような給付事業だと思いました。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-11-28 21:28 | ●マスコミ・本 | Comments(0)
2013年 11月 14日
20131114 ごみ焼却場建て替えの交付金が足りない
 朝日新聞デジタルの2013年11月11日付けの記事、見出しは「ごみ焼却場建て替え急増、交付金足りない 自治体困惑」です。

 全国で急増するごみ焼却場の建て替えに国の予算が追いつかない。ダイオキシン対策などで1990年代に新設された施設が一挙に寿命を迎えているからだ。国が今年度確保した交付金は地方の要望額の3分の2。来年度の概算要求では半分しか確保できていない。

 人ごとではありません。上越市もクリーンセンターの建て替えを検討しています。いろいろな問題を抱えた建て替えですが、財政的には、国に「負んぶに抱っこ」でしょう。この記事にあるように、国からの交付金が予定したように入ってこないとしたら、建て替えそののが「頓挫」してしまうことも有り得ます。

ごみ焼却場建て替え急増、交付金足りない 自治体困惑 2013年11月11日07時16分
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-11-14 19:32 | ●マスコミ・本 | Comments(0)