タグ:植物 ( 401 ) タグの人気記事

2017年 06月 22日
20170622 【自然】ボケの実
 ボケの枝が茂っていたので、剪定しました。良く見たら、ピンポン玉よりも大きな実が生っていました。この木は、私がまだ若い頃からありますが、実が生ったのは、初めてです。

b0013099_12175421.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-22 12:04 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 08日
20170608 【自然】白花のジャガイモ
 ジャガイモの花の写真を撮っていたら、中に何本かの白い花が咲いているのに気がつきました。種類が違うのかなと思います。

b0013099_19180547.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-08 19:13 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 08日
20170608 【自然】ジャガイモの花
 ジャガイモが花盛りです。今年も豊作になることを願っています。

b0013099_19110300.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-08 19:08 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 06月 08日
20170608 【自然】夕方のヒルガオ
 防犯協会の総会が終わって、通りかかった道端に、夕方だというのに、まだヒルガオが開いていました。

b0013099_19022357.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-08 18:58 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 05月 31日
20170531 【自然】スイカズラ
 今朝、「しんぶん赤旗」を配っていると、良い香りが漂っていました。スイカズラです。ちょっと甘ったるい感じのこの香り、好きですね。

b0013099_05290848.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-31 05:20 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 05月 09日
20170509 【自然】カキドウシ
 つい先日までは、「伸びてきたな」と思っていただけでした。暖かい日が続いたら、それがもう、花を咲かせていました。かわいい花です。

b0013099_14490873.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-09 14:43 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 05月 09日
20170509 【自然】カタバミ
 町内の南側の裏道を歩いていて、小さい鮮やかな黄色の花が、目に止まりました。カタバミです。

b0013099_14371276.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-09 14:32 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 05月 09日
20170509 【自然】鈴蘭
 庭の片隅にある鈴蘭が、ようやく花を開きました。

b0013099_14300329.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-09 14:27 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)
2017年 04月 24日
20170424 【登山】放山
 23日、能生谷の最奥、シャルマン火打スキー場から火打山へと続く稜線の末端にある放山へ行って来ました。このスキー場は、5月連休の終わりまで、今年は5月7日まで営業しています。駐車場は最後の滑りを楽しむスキーヤーやボーダーの車でいっぱいでした。
 天気予報では、真っ赤な太陽マークだったのですが、夜半に雨。午前中はずっと厚い雲に覆われる天気でした。午後になって少しづつ青空が広がり、温泉で汗を流して外に出ると、真っ青な空に変わっていました。最近は、天気予報が当たらないことが多くなってきました。
 リフト降車場で、指導員のお姉さんに呼び止められました。入山者の確認をしているのでした。5パーティほど計画が出ているようです。空沢山まで行く人たちもいました。雪量計は3mを指していましたが、少なめに感じました。

 すっかり雪に埋まっている大池を北側から回り込み、その先で稜線に戻ります。晴れていれば、北側に権現岳・鉾ヶ岳が、南側には火打山と焼山が見えるはずなのですが、今日はすぐ近くの大毛無山や不動山まで雲に隠れています。12本爪のアイゼンの真新しい足跡が二つ、続いています。空沢山まで行くという人たちのものでしょうか。しかし、この残雪(凍っているわけでもない)にアイゼンとは・・・。われわれが持ってきたカンジキは、最初から最後までザックに括りつけられたままでした。
b0013099_17075734.jpg
 急坂が続き、登りきると緩やかな斜面に変わります。目の前にポッコリとした山が出てきました。南北に500mほどもある放山の北端です。左手の雪庇はもうほとんど落ちていて、急な雪壁になっています。あまり近寄らないように気を付けて、ちょっと細くなった稜を登ると、放山の三角点があるところに出ます。その三角点はまだ、分厚い雪の下に埋もれていて見えません。
b0013099_17060746.jpg
 風が冷たいので、えぐれた雪面の影に陣取りました。コッフェルに、ネギとキノコ、それにミソ漬けの豚肉を入れて、豪華な昼飯。その間にも何組かが登ってきました。ほとんどはボーダーたち。一組だけ、われわれと同じ「徒歩」組がいました。そういう人を見ると、なぜかうれしくなりますね。
b0013099_17052201.jpg
 食後の腹ごなしに、南の鼻先にある1200mの最高点まで行って見ることにしました。左手は落ち切れなかった雪庇の残骸が、ズタズタになって大きな口を開けていて、西飛山ダムに注ぐクロ沢まで一気に落ちています。クロ沢の対岸、丸倉谷までの間は、広大な、そして緩やかな斜面です。「これで天気よかったら、最高だのになあ」と。
 最高点は稜線をそのまま進めず、右手をトラバース気味に迂回しなければ行けないようなので、断念して戻ることにしました。
 
b0013099_17065636.jpg
b0013099_17072753.jpg
 直下の細井急斜面は避けて左手の斜面を下り、広い平坦地に出ました。そこを横切り登路に合流し、小さな凹地の所から大池の右手を通る稜線を行くことにしました。大池の手前辺りから稜線の雪はすでに消えていて、踏跡が見えます。そして陽あたりの良い所にはイワウチワが咲き乱れていました。ピンクと純白が咲き分けています。ピンクは濃い色と淡い色があって、眼を楽しませてくれました。

b0013099_17113830.jpg
b0013099_17123805.jpg
b0013099_17120817.jpg
 リフトの頂上駅舎脇にある指導員詰め所に顔を出して、下山報告。「下りはスキー場内は危険なので、リフトで下って下さい」ということで、無料。爽やかな風が気持ちよかった。
b0013099_17130853.jpg
 権現荘への途中で山菜ゲット。フキ味噌のフキノトウを採りに入ったはずが、コゴメとユリワサビもと、大収穫でした。
 権現荘で汗を流し、外に出てみると雲一つない快晴でした。
b0013099_17133891.jpg
b0013099_17140822.jpg
 「明日、神楽がある」という能生の白山神社にお参りをして、帰宅しました。
b0013099_17143919.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-24 17:20 | ●登山 | Comments(0)
2017年 04月 18日
20170418 【自然】ボケ
 わが家の裏庭のボケの花が咲きました。

b0013099_17391744.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-18 17:37 | ●季節の変化・自然 | Comments(0)