タグ:祇園祭 ( 41 ) タグの人気記事

2017年 06月 13日
20170613 【祇園祭】祭典委員会総会
 12日夕方からは高田祇園祭祭典委員会の役員会と総会でした。両方の会議の議長を務めました。
 この二つの会議で、高田祇園祭の運営の全体が決められます。例年のことではありますが、替わられた町内会長もあることから、一つ一つ確認して終了しました。
 3月に高田・直江津祇園祭が、県の無形民俗文化財に指定されました。指定されたからといって何も変わらないのではありますが、そのことを大いに宣伝紙、活用しようということになりました。
 祇園祭奉賛会からの援助で2年前から「高田祇園祭の幟旗」を作成していますが、今年は「大きな幟旗」を作成して、3つの口とお旅所に掲げ、アピールしようということになりました。楽しみです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-06-13 17:12 | ●町内会 | Comments(0)
2017年 05月 25日
20170525 【町内会】高田祇園まつり奉賛会総会
 いよいよ高田・直江津の夏の風物詩、祇園祭の準備が始まりました。24日、高田祇園まつり奉賛会の総会がありました。例年は30分ほどのシャンシュン総会なのですが、今年は倍の1時間以上にも及ぶ総会になりました。

 「決算」の支出について、「通信・消耗品費の予算は8万円だったが、13万円にもなった理由は何か」という質問が出されました。「封筒を作ったので増えた」ということでした。他にも大幅増や減があるのですが、その詳しい説明がないのでした。

 「予算」でも質問が出されました。「通信・消耗品費が昨年は封筒作成というイレギュラーで高額になったのだが、それ以上の予算を計上したのはどういう理由か」というものです。当然の疑問ですね。担当者は堪えられず、しどろもどろ。国会答弁のようです。
 私は2点の質問をしました。

1.「3月に「高田・直江津祇園祭御旅所行事・屋台巡行」が県無形民俗文化財に指定されたのを受け、山車の巡行や、御旅所の表札・のぼり旗などの企画を検討中。」とのことだが、どのくらいの費用を見込んでいるのか。
2.「予算案」には、その企画の費用が明記されていない。項目をたてて記すべきではないのか。


担当: 企画の検討中でどれだけの費用が掛かるか分からない。催し物共通費を7万円余り増額したが、それを充てる。
私 : そういう場合は概算額を、「文化財関係費」として計上するとか、「予備費」に計上して、その旨明記しておけば良いことではないか。
議長: 「通信・消耗品費」の約5万円と「催し物共通費」の約7万円は予備費とするが、予算書はこのままとしてもらえないか。
私 : 決算書には新たな項目を作って報告するということで了解する。


 最後に、上越まつりについて、謙信公祭と分離するとか、文化財指定を契機に祇園祭としての独自性を出すとかする必要があるのではないかという意見が出されました。

 総会終了後の懇親会では、何人もの人から、「今日はいい議論だった」「当然の指摘だ」と、言われました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-25 09:11 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 26日
20160726 【町内会】子どもたちもがんばった
 土砂降りの雨で、子供会が計画した祇園祭の行事は、大幅変更でした。

 まずは、子供神輿と引き太鼓。これは早々に「中止」と決定。町内会館に鎮座していたものを、雨が小降りになった一瞬をついて、物置に収納しました。古いものですから、濡れたら後が大変ですからね。

 堤防の上で予定していた神輿の川下りを見ながらのバーベキュー大会も、この雨では無理ですから、中止。

 灯籠行列だけは、「雁木の中を歩こう」ということでやることになりました。その時には、気持ち、雨も小降りになったように思いました。
b0013099_07021111.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-26 20:01 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 26日
20160726 【町内会】土砂降りの雨の中を神輿渡御
 11時過ぎから強い雨が降り始めました。今日(26日)は裏祇園の神輿渡御。

 「やんでほしい」の願いもむなしく、当町に神輿がやって来た時には、さらにいっそう激しくなりました。その土砂降りの雨の中、町内を巡行。随行してきた高田祇園祭の役員が心配して声をかけてきました。

 「この雨の中でも担ぎますか?」
 「ハイ、絶対担ぎますよ。みんなその気ですしね。」

 東本町4丁目の人たちは、ビショビショになりながらも、晴れやかな顔で担いできました。
 当町が神輿を引き取り、お祓いをしてもらっていると、なぜか雨は一層強くなったように感じました。

 「行いが悪いのはだれだ」
 「町内会長に決まってるねか」

 担ぎ手の顔はにこやかですが、担ぎ始めてすぐに、全身ずぶ濡れです。
 定められた時間(16:35)内に、川下りに引き渡しました。
b0013099_06514099.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-26 19:50 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 25日
20160725 【町内会】御旅所祭礼-お旅所って?
 お旅所のあるお馬出しの辻。北西の角にある「大杉屋」さんに寄ってみました。ご主人は、本町3丁目の町内会長として、そして高田祇園祭祭典委員長として、今日は一番忙しい日です。奥さんは、「お馬出しプロジェクト」などで活躍されていて、第1期の高田区地域協議会委員でもありました。
 「高田祇園 お旅所まつり」というリーフが置いてありました。25日17:00から、ここお馬出しの辻で行われるイベントの案内チラシです。話が弾んで、「御旅所祭礼」「お旅所って?」というリーフをいただきました。

 「御旅所祭礼」は、2012年に直江津地区連合青年会が発行したもので、見開き4ページのものです。高田祇園祭・直江津祇園祭のすべてが、簡潔に描かれています。祇園祭のいわれ、各行事の意味などを知る上で格好の教材です。
b0013099_13563056.jpg
 「お旅所って?」は、辻札風のものに「高田祇園祭神輿の御旅所」のいわれが、これもまた簡潔明瞭に書かれたものをメインに、下段に「神輿川下り(神輿還御)」について記したものです。
b0013099_13565258.jpg
 まつりに関わる様々なことについて、ややもすると忘れ去られてしまいがちです。子どもや孫たちに伝えていかなければならないものだと思いました。




[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-25 18:17 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 25日
20160725 【町内会】高田祇園祭の中日祭
 25日11時から高田祇園祭の中日祭(なかびさい)が、馬出しの辻の仮宮で行われました。中日祭は、祇園祭の神事が執り行われます。神輿が渡御する町内の町内会長が参集しました。
 神事は、神輿の御霊にご供物が献上され、市民生活の安寧や交通安全を願う、神主の長い詔の奏上があり、そして玉串奉天へと進みます。

 直会の後、時間はたっぷりあるので、仮宮に戻ってみました。お参りに来られる方が結構おられます。同年代か、若干年上の方が多いようですが、家族連れの方もいます。

 「昔はここに、1週間も神輿がいて、毎日お参りに来たもんですよ」
 「そうですか、今はたった1日ですもんね」
 「七夕の日からの宵宮が、それこそ賑やかでしたね」

 そんな会話が楽しめた、仮宮前でした。
b0013099_11011374.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-25 17:59 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 25日
20160725 【町内会】Big Wave ダンスコンテスト
 中日祭の直会が終わって街に出てみると、本町通りは歩行者天国になっていて、「Big Wave ダンスコンテスト」の真っ最中でした。すごい熱気です。
b0013099_14101158.jpg
 「上越にも、こんなに若者がいるんかい」
 「凄いよな」
 「これ、祇園祭の一日だけてけなく、何とかならんのかねえ」
 「このしょがたのパワー、大事にしないとね」
b0013099_14102602.jpg
 年寄り(町内会長)たちの会話でした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-25 17:09 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 07月 24日
20160724 【町内会】高田祇園祭始まる
 昨日23日から、高田祇園祭が始まりました。

 24日 表祇園
 25日 中日祭
 26日 裏祇園

 我が東本町5丁目は、裏祇園の締めを担っています。
b0013099_19290160.jpg
 今日は、祇園祭の「奉仕人」ということで、8時前から午前中、神輿について各町内を巡幸しました。
b0013099_19293230.jpg
 担ぐ町内と台車で移動する町内とおおよそ半々でした。
b0013099_19294977.jpg



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-07-24 19:30 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 06月 01日
20160601 【町内会】高田祇園まつり奉賛会総会
 昨日31日夜、高田祇園まつり奉賛会の総会がありました。総会は30分、懇親会1時間半という集まりです。

 以前から感じていたのですが、違和感のある総会でした。
 何かといいますと、「高田祇園まつり奉賛会」ですから、高田の祇園まつりをどうするのかという会議でなければならないと思うのですが、どうもそうではないように感じられるのです。
 高田祇園まつりは、八坂神社の神輿が加賀街道を登ってきて、高田の市中を渡御し、馬出しの辻で神事が行われ、荒川を下って直江津に還御する一連の行事です。当然、これが中心に座っていて、合わせて様々なイベントが取り組まれるべきではないかというのが、私の感覚です。しかし、実態はまったく逆。各種イベントが中心で、神輿の渡御などは付け足しという状況です。

 会長はあいさつで、高田祇園祭の400年の歴史の一端を話していました。私には、あたかも「祇園祭とは、こういう祭なんだよ」と、今のあり方に警鐘を鳴らしているように聞こえました。

 まつりも時代に合わせて変わっていく必要があります。しかし、基本、おおもとのところはきちんと押さえておくことが必要ではないかと思いました。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-06-01 07:05 | ●町内会 | Comments(0)
2016年 05月 19日
20160518 【町内会】理事会
 18日、今年度第3回の町内会理事会を開きました。

 1番目の議題は、「前回会議以降の活動・事業報告」です。
 直江八幡宮の春まつりに関連して、負担金のあり方を考える必要があるということに議論が集中しました。
 避難所開設打ち合わせ会が北城高校でありましたが、当町では、地震は北城高校、水害は町内会館裏の広場、大規模火災は稲田小としています。その点を再確認し、行政にも徹底していく必要があると強調されました。

 2番目の議題は、「当面の諸事業計画等」です。
 各種会合の出席者を確認しました。
 直江八幡宮の春まつりについては、先日の各団体役員合同会議で議論したことを再確認しました。
 祇園祭にかかわる集まりが連続して開かれますが、そこで何を発言したらよいか、いろいろな意見が出されました。

 次回会議の日程を決めて、終了しました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2016-05-19 07:37 | ●町内会 | Comments(0)