タグ:花谷泰広 ( 4 ) タグの人気記事

2015年 11月 14日
20151114 【登山】花谷・蒲澤の2名がランシャールに登頂
 FIRST ASCENT のブログで、「ランシャール登頂」と報じられていました。

ネパール時間10時30分に、花谷・蒲澤の2名が、ロールワリン側からランシャールに登頂しました。

 先日のランダック登頂に続くものです。素晴らしい成果ですね。

ランシャール登頂
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-14 23:00 | ●登山 | Comments(0)
2015年 11月 08日
20151108 【登山】「ランダック登頂」の報が
 信大学士山岳会の花谷泰広会員が主宰する「ヒマラヤキャンプ」。その最初の取組であるランダックに登頂したという報が、氏のブログに掲載されました。

 本日11月8日ネパール時間12時15分に、花谷、蒲澤、塩谷3人が無事、ランダック(6220m)に登頂しました。10月にシェルパ3人が初登頂した山であり、彼らが第2登と考えられます。

 ヒマラヤキャンプの目的は、次のように書かれています。

ヒマラヤキャンプへの思い
 ヒマラヤキャンプの目的は、ヒマラヤ登山の間口を広げることにあります。
 現在のヒマラヤ登山は二極化しています。いわゆるガイド登山隊やトレッキングツアーを始めとする商業登山隊か、エキスパートの登山。一昔前まで大学山岳部や社会人山岳会がやっていたような、経験を積む場としての受け皿が本当に少なくなってしまいました。
 僕の初めてのヒマラヤ登山は20歳の時でした。しかも幸運なことに、7035mの未踏峰に初登頂できたのです。当時の僕は体力には自信がありましたが、決して優れた登山者ではありませんでした。ただ先輩方が与えてくれたチャンスに飛びついたのです。でもその時の経験がなかったら、今の僕はありませんでした。今度は僕がそのチャンスを、単発ではなく継続的に作りたいと思います。


 このプロジェクトが成功するようにと注視していましたが、まずは初年度、素晴らしいスタートが切れたようです。
 今後の展開をさらに注視していきたいと思っています。

ランダック登頂
ヒマラヤキャンプとは


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2015-11-08 22:02 | ●登山 | Comments(0)
2013年 12月 27日
20131227 The Real Climbing 日本のアルパインクライミングがここにある
 信大学士山岳会の花谷泰広氏のブログでThe Real Climbing 日本のアルパインクライミングがここにあるが紹介されたのは、11月だっただろうか。今日、週刊ヤマケイ特別号が送信されてきましたが、それは「The Real Climbing ・・・」の紹介記事でした。

 日本人初の14サミッター・竹内洋岳がプロデュースする、既存のメディアを離れた新しいスタイルの発信基地です。

 実際に「The Real Climbing 」の映像を見てみると、すごい迫力です。岸壁が迫ってきて、クライマーの息遣いがそのまま聞こえてきます。こんな映像は、初めてですね。
 ここには花谷氏がクライマーとして登場しているだけでなく、裏方に2人の信大山岳会員が参加していることも特筆すべきでしょう。信大学士山岳会に籍を置くものとして、誇らしく思いました。

週刊ヤマケイ特別号
The Real Climbing
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-12-27 12:38 | ●登山 | Comments(0)
2013年 11月 16日
20131116 花谷泰広氏ら「ピオレドールアジア受賞」
 花谷泰広氏のブログに15日、「ピオレドールアジア受賞!」との記事が載りました。韓国からアップした記事です。

先日より参加していたピオレドールアジアの発表が昨夜あり、第8回ピオレドールアジアは、キャシャールと山野井+野田ペアのアンデスの日本隊2隊がダブル受賞となりました。

 先の、ピオレドール受賞に続く受賞です。信州大学学士山岳会会員の重ねての快挙、おめでとうございます。

First Ascent クライマーで山岳ガイド 花谷泰広のウェブサイト
記事 ピオレドールアジア受賞!
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2013-11-16 15:14 | ●登山 | Comments(0)