タグ:遊歩会 ( 125 ) タグの人気記事

2017年 08月 09日
20170809 【登山】遊歩会の定例山行で北八ヶ岳へ
 8月6日~7日に、遊歩会の定例山行で、北八ヶ岳(北横岳~縞枯山)を歩いてきました。年5回の定例会の4回目で、27名の参加でした。

 台風5号が接近し、近畿から新潟県を突き抜けていくという予報でした。「午前中は晴れていても、午後は危ないな。ひょっとすると落雷も」ということで、できるだけ早く山小屋に入りたいと思いました。
b0013099_19443060.jpg
 北横岳へは、ピラタスロープウエイで上がってくる人が多い中、あえて大河原峠から登りました。いったん大祥寺原まで下り、亀甲池からの登りです。人が少なく、静かな樹林帯の登りを楽しめます。
 北横岳の山頂は、中学生たちでいっぱいでした。地元の学校のようです。
 坪庭まで下りてきて、「もうすぐ縞枯山荘」というところで、ポツポツと当たってきましたが、大降りになる前に山荘に着くことができました。
 山荘はほぼ貸切状態。ランプの明かりの下で大宴会。外は大雨になっていました。

 激しい雨音に何度も目を覚まされました。12時前にトイレに行った人は「すごい雨だった」と、1時ごろに行った人は「すごい星空だった」と。天気が転換したようです。
 小屋の主人は朝食の時、「天気が良いので早立ちして、ぜひ展望台へ」と言ったことに従って、縞枯山の先の展望台まで足を延ばしました。まさに大正解。阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳が一望できます。残念ながら富士山は見えませんでしたが、十分堪能できました。
b0013099_19435691.jpg
 雨池の方から登ってくるツアーの一行とすれちがいました。その雨池、水が少なく「砂浜」が広がっていました。そう言えば亀甲池も七ツ池も水が少なかった。
 途中から林道に出て、双子池まで続きます。「まあ、砂利道だからいいか」
 仲良く並んだ二つの池を楽しみ、いよいよ今山行最後の登り、双子山への登りです。急斜面が終わると急に開けた広い台地に出ます。振り返ると北横岳とそれに連なる大岳がどっしりとしていました。前方に蓼科山が雲に見え隠れしていました。
b0013099_19424696.jpg
 この日も「もうすぐ大河原峠」というところで、ポツポツと当たってきました。整理体操をしてバスに乗り込み、発車すると、ワイパーを動かす程度の雨に変わりました。
 佐久平駅前の佐久平プラザ21で入浴と昼食。

 全体的にはもう少し高山植物が咲いているかと思ったのですが、種類がかなり少ないなと感じました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-08-09 19:46 | ●登山 | Comments(0)
2017年 07月 07日
20170707 【遊歩会】たより4号の発送作業
 今日7日、七夕の日ですが、遊歩会だより第4号(8月6~7日の北八ヶ岳の案内)の発送作業と三役会の日でした。
 毎回一つづつの班から応援してもらって、やっている作業です。みなさんだんだん慣れてきて、作業はスムーズに進むようになりました。今日は15分程度で終了してしまいました。素晴らしいことです。

 三役会では、先日の高ボッチ・鉢伏山ハイキングの反省です。
 下山時に一人、足をくねらせて骨折してしまうという事故がありました。回りにいた会員の素早い対応で、大事故にはならずに済んだことが、報告されました。
 山行中に、何人かの会員から「勉強したい」という声が出されたことを受けて、まず「地図を読む勉強会」を開くことを決めました。私が講師を務めます。他にも、様々な道具の使い方などを学習する必要があるということになりました。大事なことです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-07-07 21:25 | ●登山 | Comments(0)
2017年 05月 16日
20170516 【登山】信越トレイル・セクション2を歩く
 14日、遊歩会の定例山行で、信越トレイルのセクション2(以下、S2)を歩いてきました。32名の参加。暑い1日でした。
 S2は、斑尾山麓の赤池から希望湖(のぞみこ)を経て、毛無山展望台から国道292号の湧井に至る約10kmのルートです。信越トレイルは、全体的にほとんど起伏がありませんが、このセクションも同様です。ただ、毛無山から湧井までは、長く続く下りで、後半は農道になり、最後は舗装道路です。
b0013099_06062204.jpg
 今年は雪消えが遅く、もう終わっているかもしれないと思っていた沼の原湿原の水芭蕉は最盛期にかかろうとしているところでした。また、あちこちに残雪があり、トレイルが隠されていたりして、冒険も楽しむことができました。サクラとコブシが満開で、ムシカリが開花したばかりでした。
b0013099_06065466.jpg
 最後は、戸狩の暁の湯で汗を流しました。
 秋にはセクション5が予定されています。来年6月頃に、セクション1を計画しようかと思っています。


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-05-16 06:07 | ●登山 | Comments(0)
2017年 04月 19日
20170419 【登山】遊歩会だより
 遊歩会だよりの第2号を発行し、会員に発送しました。
 5月14日の信越トレイル・セクション2の案内です。
b0013099_07164079.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-19 07:16 | ●登山 | Comments(0)
2017年 04月 19日
20170419 【登山】遊歩会三役会
 昨日18日、遊歩会の三役会を開きました。
 前段は、5月に行う第2回定例登山(信越トレイル・セクション2)の案内の発送です。

 協議事項は、16日の春日山古道ハイキングの際に起きた「事件」についての反省・総括でした。
 特に「無断欠席」にどう対処するかが議論の中心です。16日は参加者確認をしていたら、「いない」ことが判明し、スタッフから電話してもらいました。「失念していた」というのです。バスや宿・食事の手配、傷害保険への加入などをしてありますから、当日無断欠席されるとスタッフの苦労は並大抵ではありません。登山やハイキングは、場合よっては命にかかわることがありますから、こういう問題は、その都度きちんとしておく必要があります。

 最低限のモラルとして、キャンセルする場合は、事前に所定の連絡をするべきです。もちろん「高齢者」ですから、体調不良や突然の葬儀などはありえます。それでも「無断は許されないだろう」というのが、一致した意見でした。
 次に、当然すでに支払われている費用・経費がありますから、「参加費は全額負担していただく」ということです。まあ、一般の旅行会社のツアーでも、当然おこわれていることではありますが・・・。当日の現地では、「倍返しだよ」という声もありましたが、そこまでは必要ないだろうということでした。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-19 07:06 | ●登山 | Comments(0)
2017年 04月 17日
20170417 【登山】春日山古道(桑取道)
 遊歩会の今年最初の行事です。春日山から城ヶ峰までの春日山古道(桑取道)を歩いてきました。カタクリのお花畑が目的だったのですが、ここのところの暑さで、カタクリはほぼ終わり。遅くまで雪が残っていたであろう、凹地や谷筋ではまだ、盛りのカタクリを見ることができました。花を見る場合、季節の変動に左右されるのは、仕方のないことです。

【もうすぐ本丸、向こうの山は南葉山】
b0013099_17223125.jpg
 集合場所は、春日山神社の階段下の駐車場です。その階段、本日の最急登です。神社にお参りして、右手から千貫門~直江屋敷を経て春日山頂へ。ギフチョウが飛んでいました。昨年夏の豪雨による地すべりで、二の丸へは行けません。大井戸から景勝屋敷へ降り、柿崎屋敷から桑取道に入ります。

【桑取道の看板】
b0013099_17230928.jpg
 古道桑取道は、上杉時代の軍用道路です。数年前のNHK大河ドラマ「天地人」では、兵糧不足に陥った上杉軍の兵糧調達のために、直江兼続がこの道を使って、桑取の長に協力要請に走ったとされる道です。現実の桑取道は、あのドラマのような行動がとれる道ではありませんが・・・。

【帝石からの「おねがい」】
b0013099_17234719.jpg
 この桑取道の下には、帝石のパイプラインが敷設(ふせつ)されています。以前、宮野尾の古老に敷設工事に関わる話を聞いたことがあります。
 当時(戦前のことです)は今のような重機が無かったため、すべて人力と牛・荷車で建設資材を運んだと言っていました。パイプを埋設するための掘削もすべて人力だったと・・・。この地域の牛は農耕牛ではあっても小型だったために、こうした作業には非力で、「魚沼から大きい牛を連れてきた」と話していました。「その大きい牛でも、つらくて大きい涙を落としていたもんだ」とも。「ベト(土=つち)んとこと砂利んとことあって、砂利には苦労させられた」「そんでも、金になった」と、笑っていました。

【かじったのはクマか?】
b0013099_17242160.jpg
 谷を挟んで海寄りにある薬師山から尾根伝いに長浜砦~城ヶ峰~花立に作業用の林道がありますが、薬師山~長浜砦は、荒れてしまっていて通過はかなり困難なようです。

【シュンラン】
b0013099_17250242.jpg
 城ヶ峰。絶好の位置にあります。北陸自動車道の名立インター方面を一望できます。そんな場所に出城を築いたとは・・・。北陸道を攻め上がってくる敵が、丸見えです。この出城、規模も大きく、馬場まで備えていたのでした。まさに要衝ですね。

【カタクリ2輪】
b0013099_17253155.jpg
 山頂付近は、カタクリに覆われているのですが、今回は次期を失していました。それでも部分的には花盛りの所もあって、楽しめました。

【ヤブツバキかユキツバキか】
b0013099_17261170.jpg
 ここからは林道をひたすら下ります。女しょは(細い)ゼンマイ採り。

【新しい標識】
b0013099_17270789.jpg
 花立トンネルの真上で左折し、中桑取から桑取川を渡って、迎えのバスが待つ高住のバス停へ。約10kmの行程でした。
b0013099_17212380.jpg
 くわどりゆったり村まで上って汗を流しました。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-04-17 17:27 | ●登山 | Comments(0)
2017年 03月 18日
20170318 【遊歩会】三役会
 昨日17日、夕方からは遊歩会の三役会でした。3月5日の総会で選出された三役の初めての集まりです。

 最初は、4月16日の「春日山~城ヶ峰」ハイキングの案内を載せた「遊歩会だより」の発送作業です。新たに編成された1班の皆さんから手伝っていただきました。
 その後に、本題の会議です。メインは、諸活動の「日程調整」です。すでに登山計画は決まっていますから、それを実行するための諸準備の日程調整ということになります。
 これは、登山日→申込〆切日→案内発送日というように、後ろから遡って決めていくのですが、初めての人はそれが良く呑み込めないらしく、説明しているこちらもイライラするほどでした。しかしここは堪忍堪忍。これは製造会社の「工程管理」の手法をちょっとだけまねたものですが、製造現場に携わったことのない人達に戸惑いがあるのはしょうがないことだと思います。
 最終的には、何とか1年間の日程が決まりました。後はこの日程と見比べながら、遅れないように処理していくことと、「進捗管理」が大事になります。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-18 15:50 | ●登山 | Comments(0)
2017年 03月 15日
20170315 【登山】遊歩会だより
 5日に総会を開いてから最初の「遊歩会だより」の発行です。総会で、三役のほとんどが変わりました。庶務幹事にとっては、最初の大仕事です。幸い、前任者が良く面倒を見てくれていて、ここまでのところ、トラブルもなく経過してきました。このまま順調に進んでほしいと思っています。

 今回の「遊歩会だより」第1号は、4月16日の定例ハイキング=春日山~城ヶ峰の案内です。今年の登山・ハイキングは、近隣の山や高低差があまりない山を選択しました。このルートも起伏が少ない所です。
 「たより」にも書かれていますが、かの大河ドラマで、直江兼続が食料調達のために桑取谷へと走った道でもあります。
 カタクリが美しい道ですが、今年の暖冬少雪からすると、16日というのは微妙な所です。
b0013099_10051005.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-15 10:05 | ●登山 | Comments(0)
2017年 03月 07日
20170307 【登山】遊歩会20周年記念誌
 遊歩会が設立されたのは、1995年(平成7年)でした。夏に尾瀬ヶ原ハイクに行った人たちが集まって、「会をつくろう」ということになったのでした。
 2015年が「創立20周年」の年でしたが、2016年に「尾瀬ヶ原ハイク」と「ヒマラヤ・トレッキング」の二つの20周年記念行事を行いました。その過程で、「記念誌をつくろう」ということになり、ヒマラヤ・トレッキングの報告をメインにして作成することになりました。
 それが、総会の前日=3月4日に届いて、総会の参加者にはその場で届けることができました。綱渡りのタイミングでした。
 受け取った会員の皆さんからは、「凄い」「まとまったものができて良かった」などの声が出されました。編集責任者としては、そういう声が一番うれしいものです。
 これから「25周年」「30周年」に向けて、登山を続けていこうと誓い合いました。
b0013099_21334438.jpg


[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-07 21:33 | ●登山 | Comments(0)
2017年 03月 06日
20170306 【登山】遊歩会総会
 5日午後、遊歩会の総会でした。
 会長あいさつで次のような話をしました。

 昨年は、創立20周年記念ということで、尾瀬ヶ原ハイクとヒマラヤ・トレッキングに取り組みました。皆さんのご協力で、成功裡に終わることができました。ありがとうございました。その成果は、「20周年記念誌」にまとめました。
 記念誌をまとめる中で、遊歩会の20年の活動を振り返って見ました。
 20周年ということは、20年経ったということ、20歳年を取ったということです。会創立の頃、私はまだ40代後半でした。初代会長の嶋田五郎さんや米山謙三さんは60台の半ばを過ぎたばかりの働き盛りでした。今の私よりも若かったのです。当時、40代、50代だった人たちも60代、70代になってきています。
 この間にたくさんの元会員の方が亡くなられましたし、足腰が弱って「とても登山なんか」という方々もたくさんおられます。

 こうしたことを考えると、遊歩会の在り方、とりわけ登山やハイキングで登る山の選定や時間配分などを、見直していかなければならないと思うのです。
 後で今年の計画が審議されますが、(忘年会などで出された意見をもとにしたものですが)今までよりも少し緩やかな場所になっています。「まだまだ元気だ」という人には、物足りないかもしれません。今年はこれでやってみようということです。



[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2017-03-06 14:48 | ●登山 | Comments(0)