タグ:60周年記念登山 ( 36 ) タグの人気記事

2011年 01月 02日
20110102 ネパール登山報告書
b0013099_17201325.jpg 信州大学創立60周年記念事業の一つとして行われた「2009年 ネパール登山報告書」が、年末に届きました。490頁にも及ぶ報告書は、受け取った時に「ズシリ」と重みを感じました。梱包を解いて飛び込んできたのは、素晴らしい写真でした。そして中を開けてまた、感動しました。これはただ単に「自分も参加していた」というだけではない、何ともいえない感情でした。同時に「こんなにも素晴らしい報告書を刊行してくれた実行委員会の皆さん、本当にありがとう」と思いました。

 全体総括で60周年実行委員会の松尾武久委員長が、冒頭で次のように述べています。

 信州大学創立60周年記念事業の一つとして、信州大学学士山岳会が計画した総ての事業が終わり、ほぼ初期の目的を達成できたことは誠に嬉しく、総勢64名の参加者の胸の中に、それぞれの思いが深く刻み込まれたのではないかと感じております。

 まさに「参加者の胸の中に、それぞれの思いが深く刻み込まれた」事業だったと思います。1年余が過ぎて、こうして報告書を手にして、「ああ、すごいことをやった事業の一員として参加できて良かったな!」という、あの時には感じなかった感情がフツフツと湧き上がってもきました。

 この報告書は、「刊行にあたり」で信大学士山岳会会長宮崎敏孝信州大学特任教授が述べているように、「この報告書には企画段階から共同調査・研究の連携について合意が成立していた。信州大学山岳総合研究所の高山域関連部門・分野から2編の学術論文を初掲載しています。」登山報告書でありながら、学術論文を掲載するという稀有なものにもなっているのです。
 併せてこの報告書は、ある意味「追悼誌」でもあります。

 ただ、心残りは寺田雅治さんが、関西空港へ到着後、JRの中で急逝され、ご家族の待つ自宅へ帰還がかなわなかったことであります。(松尾武久-全体総括)

 まさかあの慎重な田辺さんがと耳を疑った。9月28日10時頃、ダウラギリ峰(8167m)北東稜から発生した雪崩に5300m付近で遭遇、行方不明となったとのことであった。
 この報告書に田辺さんの遭難概況を掲載するとは思ってもいなかった(松尾武久氏)


 松尾委員長は全体総括の最後に言います。

 この事業に係わった会員はこの経験を後輩にきちんと引き継ぐ責務があり、これからの70周年に向けてエネルギーを溜めて欲しいと思います。

 自分は、「後輩に何を引き渡せるのか。70周年に向けてエネルギーを溜めて行くことができるのか。」
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2011-01-02 20:56 | ●登山 | Comments(0)
2010年 01月 13日
20100113 ネパールからの年賀状
b0013099_9204425.jpg 昨日遅く届けられたのだろうか、朝、郵便受けに封筒が一つ入っていました。外国からの郵便物でした。
 送り主は、昨年アンナプルナ一周トレッキングでサーダーをつとめてくれたD.B.RAIさんでした。裏面に「Happy New Year」と書かれたカードが一枚入っていました。右がその表面ですが、厚めのネパール和紙に、山を背景にした民家が描かれています。山はダウラギリでしょうか。
 彼はたいへん優秀なガイドでした。20人もの年寄りを1ヶ月間ガイドするとあって、最初は心配したといいます。全員無事に5416mのトロン・ラを越えられたのも、氏の影に陽にの働きがあったからです。
 年賀状を見て、楽しかったトレッキングを思い起こしました。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2010-01-13 09:19 | ●登山 | Comments(0)
2009年 12月 06日
20091206 アンナプルナ一周トレッキング
b0013099_9292031.jpg ようやく、アンナプルナ一周トレッキングの写真の整理がつきました。
 右の「花蝶山の写真」から入れます。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-12-06 22:25 | ●登山 | Comments(0)
2009年 11月 29日
20091129 信州大学学士山岳会総会
 信州大学学士山岳会の総会が松本市で開かれたので出席した。今回は総会の後に、60周年記念事業の報告会も行われた。総会はこれまで11月3日に行われていた(そのため私は参加できなかった)のだが、今年は60周年事業があって、おくれて開かれたものである。
 参加者は50名ほどだっただろうか。日曜日の開催のため、遠隔地の人で月曜日の仕事に間に合わなくなることなどで不参加となった人が多かったようだ。アンナプルナ一週トレッキングの参加者がたくさん出席しており、40日ぶりの再会だった。お礼を述べたり、その後の話に花が咲いた。「体重が戻らない」というのは私だけではなかったし、副鼻腔炎や悪化して蓄膿症になっていた人もいた。みな同じだと変に安心した。また何人かから写真をいただいた。私なんかはWebにアップしてお茶を濁しているというのに。

 総会だから諸事が報告され、次年度の方針などが提案・決定された。60周年記念事業の報告書発行が大きな事業になる。ところで今回の海外登山では、インターネットが駆使され、「臨場感あふれる」情景が「リアルタイムに」「居ながらにして」知ることができた。これは今後に生かされていくことだろうと思う。また毎夏上高地で開いているサマーテントのあり方にもいろんな意見が出た。

 60周年記念事業の報告は、第一チームから始まった。記念事業ブログにも写真が掲載されていたが、さらに多くの写真が公開された。傾斜が再現された写真には圧倒された。写真でも相当の困難と苦労が分かるが、現実はもっとすごかったのだろう。
 わが第三チームは松尾隊長が行った。帰国直後に亡くなった寺田さんの姿を中心にまとめられていた。写された寺田さんを見ていると、道中でのことがまた思い出されてきた。

 この報告会には、「伯父が会員で、遭難死した時、まだ生まれていなかった」という長野市に住む女性が参加していた。「伯父のことが知りたい」と調べていたという。「どんな連中と山に登っていたかがわかる」と勧められ参加したのだという。信大山岳会が当該の会員だけでなく、その家族にもいろんな関わりを持っていることが分かる。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-11-29 23:39 | ●登山 | Comments(0)
2009年 11月 14日
20091114 アンナプルナ一周トレッキング
b0013099_17353069.jpg アンナプルナ一周トレッキングの写真、10月11日までをアップしました。写真にコメントをつけたのは、5日までです。
 右の「花蝶山の写真」から入れます。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-11-14 17:29 | ●登山 | Comments(0)
2009年 11月 01日
20091101 第一チーム、ネムジュン登頂成功、そして無事BCに帰還
 30日に「第1チームの隊員4人が30日午後1時半(現地時間)、ネムジュン北西壁の登頂に成功しました」という連絡があった。「後は無事に下山してもらいたい。これは皆の思い」であった。
 今日、「11月1日午前11時すぎ、第1チームの花谷泰広隊員から衛星電話で連絡がありました。『4人とも無事にベースキャンプに下山しました』と報告がありました」という報告が届いた。「4人は10月30日(31日の誤記か−筆者注)午後8時にBCに戻」ったとのこと。
 まずは「登頂おめでとう」
 「あの4人のことだから無事に降りてくるさ」と思っていても、やはり「無事下山」の報が入るまでは心配なものだ。30日の夜と31日の夜は高所でのビバークだったのだから。

 第一チームの登頂成功で、信大学士山岳会60周年記念事業も一区切りすることになる。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-11-01 17:21 | ●登山 | Comments(0)
2009年 10月 31日
20091031 マルファで出した手紙
 10月8日にマルファで出した手紙(封書)がようやく届きました。やはり20日以上かかっています。6日からの雨の中、7日の昼間ホテルの一室で書いたものです。
 封筒の国際郵便は、1通30Rsでした。マナンでは手数料を要求されましたが、ここではそれはありませんでした。
 届いたものを見ると、封筒がビニール袋に入っていました。「この郵便物は現状の状態で当支店に到着いたしました。誠に申し訳ございません。現状のままお届けいたしますので、何卒事情ご賢察の程よろしくお願い申し上げます。」という、大阪国際支店 第一国際郵便課の付箋が貼られていました。そしてビニール袋には「税関の内容点検、外装の傷み等があったため、弊社にて補修しました」と書かれていました。封筒が開けられた形跡がないので、破損して届いたのだろうと思います。
 この付箋をつけたのは、「大阪国際支店 第一国際郵便課」となっていますから、ネパールで出した手紙はいったんこの支店に入り、そこから国内各所に配達されているようです。
 ふと見ると、切手には消印がありませんでした。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-10-31 21:12 | ●登山 | Comments(0)
2009年 10月 27日
20091027 トレッキングの写真4日分をアップしました
 アンナプルナサッキットトレッキングの写真4日分(9月25日~28日)をアップしました。
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_25
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_26
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_27
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_28
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-10-27 21:24 | ●登山 | Comments(0)
2009年 10月 27日
20091027 マナンで出した葉書が届きました
 10月2日にマナンで出した手紙(葉書)が今日届きました。妻と二人の娘に出したもので、25日かかってようやく届いたということです。
 ネパールは日本とは郵便事情がだいぶ違います。驚いたのは、ポストのある所には切手を売っておらず、切手を売っている店の前にはポストがないのです。まあ、これがネパール流ですかね。その上、その切手を売っている店に行った時のことです。日本への国際郵便は葉書1枚25Rsということでした。それで後で再度出すことも考えて、10枚買おうとしたのです。250Rsのはずなのに270Rs要求するのです。20Rsは「手数料だ」というのです。公共料金の切手に手数料というのは、初めての経験でした。一緒に行った大島さんも10枚欲しいというので、合わせて20枚でいくらになるか聞きました。「540Rs」というのです。それを何とか10Rs値切って530Rsで折り合いをつけました。これがネパールという国なんですね。
 出国前に、「何度か手紙を出すだろう」と考えました。その時に、「娘の住所は?」とならないように、宛名シールを3組つくって持っていきました。これは便利だし、正解でしたね。剥がして貼るだけですから。
[PR]

by toshihiro_sugimot | 2009-10-27 20:45 | ●登山 | Comments(0)
2009年 10月 24日
20091024 アンナプルナトレッキングの記録を少しだけ載せました
 アンナプルナトレッキングの記録を少しだけ載せました。
 寺田氏の突然の死去で、落ち込んでしまいましたが、それではトレッキングの成果を生かせないと思い、整理しはじめました。
 とりあえず、9月21日から30日までのコースタイムを掲載しました。
http://6.news-site.net/~sugimoto/mount/2000/2009/20090922-1019/20090922-1019.html
 写真はまだ、9月22日から24日までです。
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_22
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_23
http://picasaweb.google.co.jp/hana.chou.yama/2009_09_24
 ご笑覧いただければ幸いです。
[PR]

by TOSHIHIRO_SUGIMOT | 2009-10-24 22:13 | ●登山 | Comments(0)